【明日、私は誰かのカノジョ】101話ネタバレ!ゆあの捨てられないもの

明日私は誰かのカノジョ101話 明日、私は誰かのカノジョ

明日、私は誰かのカノジョ前話では、高校生の頃のゆあの気持ちや状況について描かれていましたね。

101話ではさらに深掘りされ、ゆあがどのような暮らしを送っていたのか明らかになりました!

ということで、明日、私は誰かのカノジョ101話のネタバレをご紹介していきます!

スポンサーリンク

【明日、私は誰かのカノジョ】101話ネタバレ!

それでは早速101話のポイントを一つづつご紹介していきます。

高校でのエピソード

ある日休み時間に太宰治の「人間失格」を読んでいたゆあは、「高橋さーんちょっとー」と呼び出されます。

ゆあのことが前からいいなと思っていた男子から、告白されることになったのです。

「友達からでいいんで付き合ってください!」と言われ、返答しようとしたその時、告白してきた男の子の友達から無断で携帯で動画を撮られていることに気づきます。

ゆあは「ちょっと何撮ってんの!?やめてよ!」と嫌がりますが、男子は聞く耳持たずの状態

「ティックトックにあげよ!後でラインで送るわー!」と告白した男の子に向かって言い、動画を撮った友達は去って行きます。

告白した男子も、「おい!」と口では言いますが、消させたりせずにみているだけです。

男の子は「ごめん高橋さん!怒んないで!!付き合って欲しいのはほんとだし遠藤が勝手に…!」と大慌てで言いましたが、ゆあは

「あり得ないから

同い年とかないから

とバッサリと切り捨てました。

これは酷すぎますよね…。

男の子もなんで全力で止めようとしないの?と漫画の出来事ですがイライラしてしまいますw

みぽつとの電話

その夜、ゆあはみぽつとの電話で告白された時に動画を撮られたことを話していました。

ゆあがベッドで他には何もせずに話をしているのに対して、みぽつは机で勉強しながら話しています。

みぽつは大学受験に向けて勉強をしていたのです。

ゆあがクラスの男子なんて大嫌い!と言っているのに対して、みぽつはだからってあの社会人はやめときなよと止めます。

それでもゆあは頑なに「クラスの男子に比べたら俊介の方が百倍ましだもん!」と譲りません。

「大体高校生に手出そうとする25歳なんてヤバイって!絶対ヤリ捨てポイされるよ」とのみぽつの言葉を聞き、ゆあは黙ってしまいます。

その後みぽつは、「話変わるけど、優愛のおばあちゃん元気?」と尋ねます。

おばあちゃんは入院していたようで、遊ぶときはいつもみぽつの家
おばあちゃんが退院してからもあっていないからとみぽつは気にかけていたそうです。

するとゆあは「体は大丈夫みたいだけど…退院してからあんまり元気はないかもよくボーッとしてる…」と答えます。

それを聞いたみぽつは「えー心配。今度久々に優愛の家に遊びに行きたいな」と言いました。

漫画の中で描写されていたみぽつの部屋はシックで大人っぽい本棚や机が並んでおり、ゆあの部屋は和風な扉に小さい折りたたみの机

電気は紐を引いて消すタイプでした。

ここでもなんだか格差を感じてしまいますね…。

ゆあが男子について思うこと

電話を終えて布団に潜り込みながら、

こんな田舎の何も知らない男子より…
東京に住んでて働いてる
休みに東京から車で会いにきてくれる大人の方がずっといい…
私の体目当てだったとしても

とゆあは考えていました。

ゆあの住んでいる田舎にわざわざ休日に車で来るってちょっとヤバさを醸し出していますが、高校生のゆあが考えていることと思うと悲しいですよね。

確かに高校生の頃って大人の男性が素敵に見えてしまうものかもしれません。

おばあちゃんの病気

朝ゆあが起きて台所に行くとおばあちゃんはもう起きていて、朝ごはんを用意してくれていました。

ゆあはおばあちゃんとおはようと挨拶をしてからご飯を食べ始めます。

一口食べたゆあは驚き、洗面台に駆け寄り吐いてしまいました。

その後、冷蔵庫を確認すると悪臭が。

なんと冷蔵庫の中身が腐っていたのです。

ゆあは「おばーちゃん!冷蔵庫のもの腐ってない?」と聞きますが、おばあちゃんはキョトンとしているだけ

ゆあは急いでおばあちゃんの持っているおかずを「食べちゃダメ!」ととって薬を確認しに行きました。

薬の棚を見ると中は空の袋のみになっていたのでした。

おばあちゃんとゆあの会話

空になった棚を見たゆあはおばあちゃんに色々と聞きに行きます。

ゆあ「おばーちゃん先月病院行った?」

おばあちゃん「行ったよ?」

ゆあ「でも…薬が…」
「パパに連絡するから車出して病院連れてってもらお」

おばあちゃん「和弘はホラ今大阪で建設の仕事やってっから…」

ゆあ「それもう5年前の職場だよ!今はもう市内に居るよ!?」

この会話を見る限り、ゆあは現在認知症のおばあちゃんと2人暮らし
父親は市内にいるが、おばあちゃんのことはゆあに任せっきり

ゆあに母親がいるのかは不明ですが、おばあちゃんと性格の問題上合わないのか頼ることはできない状況のようです。

ゆあが父に電話

ゆあは制服に着替えた後で父親に電話をします。

ゆあと父親の会話はひどいものでした。

ゆあ「パパ!次いつ休みなの?おばーちゃんの糖尿のなくなっちゃってて病院も行ってないみたいだし…とにかく一回こっちの家に来て!」

父「わかった来週休めるか聞いてみるから」

ゆあ「日にち決まったら連絡してよ!」

父「ハイハイ」

ゆあ「今日中にね!?」

父「わかったよー!可愛い優愛のために頑張って休み取るからね〜!」

その日、父親からゆあに連絡が来ることはありませんでした。

ゆあが暮らしていた環境って酷すぎますよね…。

こんなにも誰にも頼れない状況に高校生で置かれるのって相当辛いと思います。

過去のゆあもはるぴの姫であるゆあも辛そうにしていますが、いつか幸せになってほしいなと思います。

【明日、私は誰かのカノジョ】101話ネタバレ!ゆあの捨てられないもの:まとめ

来週が楽しみなような怖いような…。

おばあちゃんやみぽつがどうなるのかヒヤヒヤしますね。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

100話102話103話104話
スポンサーリンク