【明日、私は誰かのカノジョ】102話ネタバレ!俊介がクズすぎる!

明日、私は誰かのカノジョ102話ネタバレ 明日、私は誰かのカノジョ

明日、私は誰かのカノジョ前話では、ゆあが高校生時代にどんな暮らしをしていたのかが描かれていましたね。

102話ではゆあと俊介の関係性について描かれています。

ということで、明日、私は誰かのカノジョ102話のネタバレをご紹介していきます!

スポンサーリンク

【明日、私は誰かのカノジョ】102話ネタバレ!

それでは早速102話のポイントを一つづつご紹介していきます。

パパからの電話はなし

ゆあは暗くなった頃、電話をしながら歩いていました。

相手は父親。

どうやらゆあのパパは結局休みの日について電話をしてくることはなく、ゆあがおばあちゃんを病院に連れて行ったようです。

しかも電話している際に父親は麻雀。

ゆあは嫌気がさして「これから友達と会うから」と電話を切りました。

パパ最悪すぎますよね…。

俊介がゆあに会いに田舎まで…

俊介は田舎に住んでいるゆあに車で会いに来ていました。

俊介の車は軽。

ゆあが住んでいる田舎に「駅前にコンビニすらない」とか、ゆあに「ゆあも東京に上京して来れば良いじゃん」などと俊介は言います。

上京してくればとの言葉にゆあは嬉しそうに、「そしたらいつでも会えるね!」と言いますが、俊介は話をそらし

「やっぱリアル制服ってすごい背徳感…
遠路はるばる来た甲斐があるわ…」

とそういうことしか考えていない様子。

これにはゆあも真顔で黙ってしまいました。

ゆあと俊介では気持ちに差がありそうな感じがしますね。

俊介がクソすぎる

2人が向かった先はホテル。

ゆあは初めてだったようで、俊介は「大丈夫?痛くなかった…?」と聞きます。

真顔で「ちょっとだけ…」と答えるゆあに、俊介はお茶を淹れました。

お茶を受け取ったゆあは顔を赤らめて本当に嬉しそうに「…ありがとう」と言ったのでした。

この感じがなんとも切ないですよね…。

そんなゆあの様子にも気づいていないのか、俊介はとあるものを取り出します。

それはなんと

一万円札

だったのです。

困惑するゆあを見て、俊介は

いやなんか悪いじゃん?俺とのことは親とか友達に言わないでね!ゆあまだ高校生じゃんほんと色々まずいから

と汗をかきながら話します。

これを聞いたゆあは呆然としていたのでした。

ゆあがみぽつに電話

ゆあは帰宅後、おばあちゃんがちゃんと布団で眠っているのを確認し、自室のベッドで一万円札を眺めていました。

ゆあが気にしていたことは、俊介が一回も好きって言ってくれなかったこと

俊介が自分に気がないのを勘付いていてもショックを受けてしまったのでしょう。

そしてゆあはみぽつに電話をかけ、「ゆあさっき初エッチしてきた…」と告白。

みぽつは顔を赤らめながらはしゃいで明日うち来ない?と誘いました。

明日みぽつの家に行くことを約束して電話を切ったゆあは、再び一万円札を眺めて

「……てか一万円てなんだよ…」

とつぶやきました。

【明日、私は誰かのカノジョ】102話ネタバレ!俊介がクズすぎる!:まとめ

俊介もうほんとお前…って感じですよね。

よくないことしてるって思ってるからってお金渡すのは最悪すぎます。

これ以上ゆあてゃのこと傷つけないでくれ…という気持ちでいっぱいです。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

100話101話103話104話
スポンサーリンク