明日カノのホスト編は何話・何巻のどこ?萌の最後をネタバレ!

明日カノホスト編何話からどこ萌ネタバレ

明日カノの中でも特に盛り上がっているホスト編ですが、一体何話のどこのあたりから始まっているのでしょうか?

巻数でいうとどこなのかも気になりますよね!
そして萌は最後どうなったのでしょうか?

ということで、明日カノのホスト編は何話のどこからなのか、巻数でいうとどこなのかや萌が最後どうなったのかについてについてネタバレしていきます。

スポンサーリンク
目次

明日カノのホスト編は何話のどこから?巻数でいうと?

ホスト編の一番最初、萌が登場するのは第58話の「Knockin’on Heaven’s Door prologue」からです。

ゆあの初登場は第59話

本格的にホストが出てくるのは第63話から!

ちょうど萌がゆあにホストに連れられていくところですね。

ホスト編は

99話

で完結しています。

もえたゃが最後どうなったのかチェックしてみてくださいね!

巻数でいうと?

巻数でいうと

5巻〜8巻

です!

8巻でホスト編は完結しており、もえたゃが最後どうなったのかやゆあてゃの過去について収録されています。

明日カノの萌は最後どうなったのかネタバレ!

ホスト編の主人公で、ホストの楓にどっぷりとはまってしまった萌ですが、最後どうなったのかについてネタバレしていきます!

未読の方は読まないことをおすすめします。

萌は担当を切った?

ゆあに連れられていったホストクラブで楓に出会い、その後どっぷりとはまってしまった萌でしたが最終的には

楓とはお別れし、ホストクラブには通わなくなった

担当を切りました。

理由としては、バースデーのために必死にお金を貯めたのに、忙しかった当日に楓が萌の名前を間違えてしまったからでした。

今まで恋人ごっこをしてくれていた楓は本当の楓じゃないとずっとわかっていたけど目をそらしていたのに、急に突きつけられてしまい、受け入れるのが辛かったみたいです。

そんな時、みっこから連絡が来て「キンタマキラキラ金曜日!!」と女装をしているみっこ達のわけのわからない写真とともに萌を待っているとの旨のメッセージが来ます。

これに胸を打たれた萌は楓のもとはなく、みっこのもとに向かいました

その後

その後萌は一旦実家に帰省。

そして

美容師になるために学校に通いはじめた

ようです。

ホスト編の結末

このように

萌はホストを卒業
ゆあとは縁を切ったような状態になった

わけです。

ちなみにゆあははるぴと大げんかし、担当を切っています。

萌は夢に向かって進むこととなりましたが、ゆあは幸せになれたかというとそうではないですよね…。

ゆあてゃにも幸せになってほしいな…。

明日カノで自分の知らなかった世界を覗き見ませんか?

明日カノは自分の知らなかったリアルな世界を見せてくれますよね。

登場人物たちが一体どうなっていくのか。

その行先が気になって、どんどん読み進めてしまいます。

当サイトでは、文章でお話をお伝えすることはできますが、絵はお見せできません。

登場人物たちの様々な表情や、リアルすぎる客のきもおじたちを皆さんもぜひ漫画で見てみてください!

明日、私は誰かのカノジョを読むなら、コミック.jpの有料コースが圧倒的におすすめ!

というのも

  • 30日間のお試し期間(通常1,100円のコースが0円に)あり
  • お試し期間中に1,200円相当のポイントがもらえる!
  • お試し期間終了後も実質会員費無料(毎月1,350円分のポイント付与)
  • つまり、明日カノが2冊無料で読める

からです。

明日、私は誰かのカノジョ
を読むならコミック.jpが一番お得!
❤︎30日間のお試し期間で2冊無料❤︎

上記でもお伝えしたように、コミック.jpでは明日カノ2冊も無料で読めちゃいます!

ポイント制ではないため、無駄に高く課金してポイントを買わなくていいのもいいところですよね!

自分の気になる巻を購入することができるので、好きなキャラクターが出ている巻を購入していつでも読める贅沢をしませんか?

待てば完全無料なのはサイコミ

明日カノは「サイコミ」で毎週金曜日に更新されています。

気になる2巻を購入した後で、サイコミの更新を読むのもいいですよね!

明日カノのホスト編は何話・何巻のどこ?萌の最後をネタバレ!:まとめ

まとめると

  • 萌の初登場は58話でゆあの初登場は59話
  • 本格的にホストが登場するのは63話から99話で完結
  • 萌はホストを卒業し美容師になった
  • ゆあと萌は縁を切ったような状態に

こんな感じです!

明日カノらしいホスト編だったなと思います。

とても面白かったので、まだ読んでいない方はぜひ読んでみてください!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
目次