『出ていけ、と言われたので出ていきます』12話の内容や感想やネタバレ紹介!メロディナの正体

出ていけ、と言われたので出ていきます12巻

本記事は、Tugikuru Corp. にて出版されている「出ていけ、と言われたので出ていきます」12話の内容を紹介する記事となっております!

  • 「出ていけ、と言われたので出ていきます」が広告に表示されて気になっている
  • 「出ていけ、と言われたので出ていきます」を購入しようか迷ってる
  • 内容やネタバレを見てから購入したい

そんな方にオススメの記事となっておりますので、是非ご覧になってください。

それでは「出ていけ、と言われたので出ていきます」12

話の内容と感想、ネタバレをご紹介していきます!

前巻はこちら 次巻はこちら

※当サイトは完全な紹介サイトではありません。
購入のきっかけになるような記事作りを心がけておりますので、ご理解ください。

『出ていけ、と言われたので出ていきます』ネタバレまとめに戻る

目次

『出ていけ、と言われたので出ていきます』12話:内容

乱入してきた少女は、メロディナと名乗る組合長の妹だった。

メロディナがイヴェッタに対抗心を燃やす中、彼女の召使いたちがメロディナを制止しようと入って来る。

「天罰がくだるわよ!!」

「天罰…。まあ!」

メロディナは召使い達に構わず、イヴェッタに敵意をむき出しにしていた。

その話を聞いていたサフィールが口を挟んだ。

「陰険メガネ!」

メロディナはサフィールに対しても敵意をむき出しにした。

「あなたが聖女だという話は聞きましたが…。」

サフィールは彼女が権力を持っていることを理解しているが、聖女だということは疑っていた。

そして、イヴェッタを利用し、時期領主の夫人となる女の後見人になるという思惑を張り巡らすのだった。

__________

自室に戻ったテオ王達は、イヴェッタの話をしていた。

その後、事件の起きたお茶会の話になる。

ウィリアムは、当時目撃した現場のことと、公子が言っていたことをテオ王に話した。

「可愛い?お前はイヴェッタのことを覚えているか?」

(なんだ、これは思い出せない!?)

ウィリアムはイヴェッタのことを思い出せなくなっていた。

※ここで「出ていけ、と言われたので出ていきます」12話は終了です!

『出ていけ、と言われたので出ていきます』12話:感想

「出ていけ、と言われたので出ていきます」12話の感想を書いていきます!!

クレメンスの婚約者と名乗る少女が現れて、図らずも三角関係に巻き込まれてしまったイヴェッタ笑

サフィールの思惑もあり、今後もさらに大変な展開になりそうですね…。

そして、イヴェッタを追放したことを聞いて、国が終わったと思ったテオ王。

ウィリアムは顔も思い出せなくなっているようでしたが、イヴェッタにはどんな力が隠されているのか、ますます続きが気になるところです…。

12話ではどんな展開が待っているのかドキドキですね!

『出ていけ、と言われたので出ていきます』12話を無料で読む方法

出ていけ、と言われたので出ていきます表紙
画像引用:コミックシーモア

現在「出ていけ、と言われたので出ていきます」12話は…

コミックシーモアで70%OFFクーポンあり

となっていますので無料で読む方法はございません。

「出ていけ、と言われたので出ていきます」はpdfや漫画rawで無料読みできる?対策も紹介!

「出ていけ、と言われたので出ていきます」12話の内容と感想をご紹介:まとめ

今回は「出ていけ、と言われたので出ていきます」12話の内容・感想をご紹介させていただきました!

内容を軽くまとめますと…

  • クレメンスの婚約者と名乗るメロディナが乱入してくる
  • サフィールは、メロディナの対抗馬としてイヴェッタを利用しようとしていた
  • テオ王達は、イヴェッタについて話し合う
  • ウィリアムは、イヴェッタのことを思い出せなくなっていることに気付く

となります!

省いている内容がございますので、ご興味がありましたら購入してお楽しみください!!

  • メロディナが乱入した時の描写
  • メロディナとイヴェッタのやり取り
  • サフィールの思惑
  • テオ王とウィリアムの会話

を省いております!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!!

70%OFFクーポンあり

前巻はこちら 次巻はこちら

『出ていけ、と言われたので出ていきます』ネタバレまとめに戻る

目次