ENNEAD(エネアド)13巻の内容や感想やネタバレ紹介!ハトホルの鏡に不吉な予感

ENNEAD(エネアド)13巻ネタバレアイキャッチ画像

本記事は、 リブレにて出版されている「ENNEAD(エネアド)」13巻の内容を紹介する記事となっております!

  • 「ENNEAD(エネアド)」が広告に表示されて気になっている
  • 「ENNEAD(エネアド)」を購入しようか迷ってる
  • 内容やネタバレを見てから購入したい

そんな方にオススメの記事となっておりますので、是非ご覧になってください。

それでは「ENNEAD(エネアド)」13巻の内容と感想、ネタバレをご紹介していきます!

前巻はこちら 次巻はこちら

※当サイトは完全な紹介サイトではありません。
購入のきっかけになるような記事作りを心がけておりますので、ご理解ください。

ネタバレまとめに戻る

目次

ENNEAD(エネアド)13巻:内容

川の中に消えたセトとホルス。

イシスはホルスの無事を願うハトホルを見て、先日のホルスとの会話を思い出していた。

__________

「ハトホルから祝福の宿った銅鏡を頂いたのですが、何か不吉な予感がして・・・」

「それはどういうこと?呪いってこと?」

「分かりません。ただ鏡は何も映さないように細工されているみたいでした。」

「そう・・・ハトホルは太陽神ラーの娘だから、気になるわね。」

「ただ、この鏡は昔トトが言っていた”最も必要なモノ”かと思ったんです。」

「そうなのね。でも、その鏡にあまり執着しないほうがいいわ。」

__________

そんなホルスとの会話思い出していたイシスは、”鏡”というものに既視感を覚えた。

そこへ、母のヌトが話しかけてきた。

「不安だわ・・」

「なぜですかお母様?ホルスは大気の神シューの加護を受けていますし・・・」

「この試合、息を止めるというルール以外は何もないのよ。」

「で・・・でも!お母様の力があるじゃないですか!この空の下ならセトも・・・」

「イシス。水中まで空の力は及ばないわ。」

それを知ってイシスは顔面蒼白となった・・・

※ここでENNEAD(エネアド)13巻は終了です!

ENNEAD(エネアド)13巻:感想

ENNEAD(エネアド)の13巻の感想を書いていきます!!

いよいよ始まった水中息止め対決!

ただ長く水中にいた方が勝ちなのかと思いきや、他のルールは決まっていないというまさかの展開!!

また、ハトホルからもらった銅鏡も何かしら不吉に感じますし、ホルスの身が心配です・・・

ENNEAD(エネアド)13巻ではどのような展開を迎えるのか楽しみですね!

ENNEAD(エネアド)13巻を無料で読む方法

ENNEADポスター
画像引用:コミックシーモア

現在ENNEAD(エネアド)13巻は…

コミックシーモアで11/30まで無料読みできる

となっています。

↓コミックシーモアで11/30まで↓
無料で読めるのでお早めに!

エネアドはpdfや漫画rawで無料読みできる?対策も紹介!

ENNEAD(エネアド)13巻の内容と感想をご紹介:まとめ

今回はENNEAD(エネアド)第13巻の内容・感想をご紹介させていただきました!

内容を軽くまとめますと…

  • ハトホルはホルスを心配をしている
  • ホルスとイシスはハトホルからもらった銅鏡に違和感を覚える
  • ヌトから水中には力が及ばないと言われ、イシスは不安になる

となります!

省いている内容がございますので、ご興味がありましたら購入してお楽しみください!!

  • ハトホルからもらった銅鏡について(祝福やどんな加工・呪いがあるのか)
  • 銅鏡に関するイシスとホルスの会話(なぜ銅鏡をもらったのか、影響力など)
  • ホルスが太陽神・ラーから貰ったものについて
  • ホルスを心配するイシスとヌトの会話
  • 水中のホルスの様子

を省いております!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!!

前巻はこちら 次巻はこちら

ネタバレまとめに戻る

目次