ENNEAD(エネアド)1巻の内容や感想やネタバレ紹介!セトの暴政が始まる

ENNEAD(エネアド)1巻ネタバレアイキャッチ画像

本記事は、 リブレにて出版されている「ENNEAD(エネアド)」1巻の内容を紹介する記事となっております!

  • 「ENNEAD(エネアド)」が広告に表示されて気になっている
  • 「ENNEAD(エネアド)」を購入しようか迷ってる
  • 内容やネタバレを見てから購入したい

そんな方にオススメの記事となっておりますので、是非ご覧になってください。

それでは「ENNEAD(エネアド)」1巻の内容と感想、ネタバレをご紹介していきます!

次巻はこちら

※当サイトは完全な紹介サイトではありません。
購入のきっかけになるような記事作りを心がけておりますので、ご理解ください。

→ネタバレまとめに戻る

目次

ENNEAD(エネアド)1巻:内容

混沌とした川から誕生した太陽神のラー。

太陽神ラーは、

・大気の神シュー
・湿気の神テフヌト
・豊穣と多産の神バステト
・愛と美の神ハトホル
・真理と正義の神マアト
・厄災の神セクメト

を生み出す。

そして、湿気の神テフヌトと大気の神シューは愛し合い、

・天空の女神ヌト
・大地の神ゲブ

を生み出した。

ヌトとゲブは愛し合い子供を欲したが、その子供がエジプトの支配者になる予言を聞いた太陽神ラーはヌトに対して出産しないように告げた。

そのことに嘆いたヌトは知識と知恵の神トトに助けを求め、4日間の自由を手に入れた。

その結果、ヌトとゲブの間には、

・生命の神オシリス
・魔法の神イシス
・調和の神ネフティス
・戦争と砂漠の神セト

という4人の神が誕生した。

この4人の子、その親のヌトとゲブ、そして湿気の神テフヌトと大気の神シュー、太陽神ラーの9人の神を”エネアド”と人々は呼んだ。

その後、生命の神オシリスと魔法の神イシスによってエジプトに繁栄がもたらされ、やがてオシリスが王座に就くこととなる。

しかし厄災の神セクメトがセトに嫉妬を吹き込み、セトは嫉妬の末に王座に就いた実の兄オシリスの体をバラバラにしナイル川に捨てたのだ。

必死の想いで魔法の神イシスはその体を集め、オシリスを蘇らせた。

オシリスとイシスは限りある時間で愛し合い、のちにエジプトの王”太陽神ホルス”を授かる。

その一方でセトの暴政でエジプトは荒れに荒れていた。

しかし、他の神はそのセトの強い力になす術もなく沈黙していた。

セトはこう呟く。

「神様ってのはくそったれだな!俺に何も言えねえし見てみぬふりばっかりだ。」

※ここでENNEAD(エネアド)1巻は終了です!

ENNEAD(エネアド)1巻:感想

エネアドの1巻の感想を書いていきます!!

エジプト神話が好きな方には、知っている神様の名前が次々に出てきてワクワクしそうな内容でしたね!

ただエジプト神話を全く知らない人にとっては、多数の名前が出てきて少し混乱してしまうかもしれませんw

そんな人でもちゃんと分かりやすい相関図がページの最後にあるので、安心して下さい。

個人的には神話自体が好きなので、その時代の背景など想像して読んでいてワクワクしました!

2巻ではどんな展開を迎えるのか楽しみですね!

エネアド1巻相関図
画像引用:コミックシーモア

ENNEAD(エネアド)1巻を無料で読む方法

ENNEADポスター
画像引用:コミックシーモア

現在ENNEAD(エネアド)1巻は…

コミックシーモアで11/30まで無料読みできる

となっています。

↓コミックシーモアで11/30まで↓
無料で読めるのでお早めに!

ENNEAD(エネアド)はpdfや漫画rawで無料読みできる?対策も紹介!

ENNEAD(エネアド)1巻の内容と感想をご紹介:まとめ

今回はENNEAD(エネアド)第1巻の内容・感想をご紹介させていただきました!

内容を軽くまとめますと…

  • 太陽神ラーを始めとし、12人の神が誕生
  • そのうちの9人が”エネアド”と呼ばれている
  • セトの暴政によってエジプトが荒れる

となります!

省いている内容がございますので、ご興味がありましたら購入してお楽しみください!!

  • ヌトとラーの勝負の様子
  • オシリスとイシスの再会と別れ
  • セトの暴政の様子

を省いております!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!!

↓コミックシーモアで11/30まで↓
無料で読めるのでお早めに!

次巻はこちら

→ネタバレまとめに戻る

目次