ENNEAD(エネアド)6巻の内容や感想やネタバレ紹介!オシリス法廷に現る

ENNEAD(エネアド)6巻ネタバレアイキャッチ画像

本記事は、 リブレにて出版されている「ENNEAD(エネアド)」6巻の内容を紹介する記事となっております!

  • 「ENNEAD(エネアド)」が広告に表示されて気になっている
  • 「ENNEAD(エネアド)」を購入しようか迷ってる
  • 内容やネタバレを見てから購入したい

そんな方にオススメの記事となっておりますので、是非ご覧になってください。

それでは「ENNEAD(エネアド)」6巻の内容と感想、ネタバレをご紹介していきます!

前巻はこちら 次巻はこちら

※当サイトは完全な紹介サイトではありません。
購入のきっかけになるような記事作りを心がけておりますので、ご理解ください。

ネタバレまとめに戻る

目次

ENNEAD(エネアド)6巻:内容

セトがエネアド法廷にやってきた。

「高貴な神々が揃ってこのセトに会いに来てくれるなんてな!!はは!」

「静かにしなさい、これより裁判を開始する。」

マアトが裁判を開始した。

まずはホルスが話し始める。

「セトのこれまでの不正は大きな罪である。私はエジプト王のオシリスの息子として・・・」

「は?おい、調子にのってんじゃねえよ。死んだオシリスの息子だと?冗談きついな!」

「冗談ではありません。」

「何言ってんだか!イシス!お前の旦那はここにいる誰かなんだろ~!?ははは!!」

あまりの言いぐさにイシスが立ち上がり言った。

「私がナイル川からオシリスを蘇らせたのだ!」

「冗談もほどほどにしねーと飽きちまうぜ?

「いい加減にしなさい!セト!」

マアトがセトを制するようにそう言っていると誰かがセトの腕を掴んだ。

なんと、そこにはオシリスの姿があったのだ。

「セト、俺が話に応じようじゃないか。」

※ここでENNEAD(エネアド)6巻は終了です!

ENNEAD(エネアド)6巻:感想

ENNEAD(エネアド)の6巻の感想を書いていきます!!

セトは自分が手にかけたオシリスとイシスが子供を作ったなんて話は当然信じられずに法廷で大暴れ!

確かに普通に考えるとあり得ない話ですもんね。

しかし、イシスは魔法の神でオシリスの体が捨てられたのはナイル川。

この話が本当だというかのように、その場にオシリスが現れて・・・?!

続きのENNEAD(エネアド)7巻が気になりますね!! 

ENNEAD(エネアド)6巻を無料で読む方法

ENNEADポスター
画像引用:コミックシーモア

現在ENNEAD(エネアド)6巻は…

コミックシーモアで11/30まで無料読みできる

となっています。

↓コミックシーモアで11/30まで↓
無料で読めるのでお早めに!

エネアドはpdfや漫画rawで無料読みできる?対策も紹介!

ENNEAD(エネアド)6巻の内容と感想をご紹介:まとめ

今回はENNEAD(エネアド)第6巻の内容・感想をご紹介させていただきました!

内容を軽くまとめますと…

  • ホルスはオシリスの権利を取り戻すために法廷に立つ
  • セトはホルスがオシリスの息子という話を信じない
  • オシリスが法廷に現れる

となります!

省いている内容がございますので、ご興味がありましたら購入してお楽しみください!!

  • ホルスが法廷で述べた詳しい内容
  • セトの法廷での言動
  • セトとイシスのやり取りの様子

を省いております!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!!

前巻はこちら 次巻はこちら

ネタバレまとめに戻る

目次