ハムスターの飼い方は?初心者でかかる費用と維持費用をご紹介!

ハムスター

小さくて可愛いハムスターを飼いたい!!!
そうなると気になるのは初期費用と維持費用ですよね。

ハムスター用品もたくさんの種類があって使ってみないとわからないなんてことになってしまっては大変です。

ということで、ハムスターをお迎えする前に押さえておくべきポイントをご紹介していきます!

スポンサーリンク

ジャンガリアンハムスターを初心者で飼う場合の初期費用

それではまずは購入すべきものをご紹介していきます!

ここではジャンガリアンハムスターを飼う場合の初期費用を計算していきます!

初期費用合計

ジャンガリアンハムスターの飼育環境を作るためにかかる初期費用の合計は

最大でも1万円

となります!

ジャンガリアンハムスター自体は種類によりますが、1,000円〜2,000円しないくらいでお迎えできます。

それでは、揃えなければいけないものを詳しくご紹介していきます!

ハムスター用のゲージ

4,000円〜5,000円


色々なタイプがありますが、金網型のものは噛んでしまって怪我をしかねないのでやめておきましょう。
ガラス製の透明なものだとゲージの中がよく見えるのでお勧めです。

トイレ

トイレ砂+トイレで1,000円

ハムスターは砂浴びをして体の汚れを落とします。
なので、必ず砂浴び用のトイレを用意しましょう。

個体差がありますが、しっかりトイレを覚えてくれる子もいます。
トイレを覚えてくれる子の場合は砂浴び用とトイレ用で2つ用意することをお勧めします。

フード入れ

1,000円以下

こちらも必須ですね!

お水を入れる給水ボトルは、たいていの場合ゲージとセットになっていますが、お皿は別売りの場合もあります。
ハムスターの体よりも大きいものを選んでしまうと、お皿に入って食べ子もいるため、お皿が汚れやすいので小さいものをお勧めします。

巣箱

1,000円前後

ゲージの中にさらにハムスターが入れるスペースがあることでリラックスさせてあげることができるので、用意しましょう。

素焼きのものや木製のものがありますが、木製だと匂いがつきやすいのでトイレが覚えられない子は素焼きのものをお勧めします。

床材

1,000円程度

こちらも必須です。
必ず入れてください。

回し車

ハムスターといえばこれですよね!!
こちらもゲージについてきますので、購入の必要はないと思います。

ごはん

1,000円〜

購入の際に店員さんにお勧めされるごはんがあるかと思いますが、タネだけのものを与えると栄養が偏ってしまうので、ペレットを中心にあげてください。

最低限必要なものはこちらになります!
あとはフルーツやハムスター用のおやつなどもありますので、時々あげてもいいかもしれません!

キンクマ・ゴールデンハムスターを初心者で飼う場合の初期費用

ここからはキンクマハムスターやゴールデンハムスターを飼う場合の初期費用についてご紹介していきます!

初期費用合計

キンクマ・ゴールデンハムスターを飼育する環境を作るのにかかる初期費用の合計は

20,000円

だいたいこのくらいになります!

キンクマ・ゴールデン自体は1,000円〜2,000円でお迎えできます!

では、ジャンガリアンハムスターと違う点だけかいつまんでご紹介していきます!

ハムスター用のゲージ

15,000円〜

キンクマやゴールデンのゲージはジャンガリアンと比べるとかなり大きいものになります。

ペットショップで購入するのもいいですが、ある程度重量もあるので大きい荷物を持つのは大変だなと思う方は、ネットショップで購入してもいいかもしれません!

巣箱

1,500円程度

巣箱は一番大きいサイズを購入してください。

経験上大きいサイズだと木製のものが多いですが、トイレを覚えない子は陶器のものを使用することをお勧めします!

トイレ

1,000円程度

ゆったりした大きさのものを選びましょう!

ハムスターを初心者で飼う場合の初期費用

ハムスターを飼うということはもちろん維持費がかかってきますよね。

まず、維持費としてかかってくるものをご紹介していきます!

生涯(平均寿命2年半で計算)
ごはん1,000円15,000円
床材1,000円15,000円
トイレ砂300円4,500円
巣箱1,500円
トイレ1,000円
電気代家庭による家庭による
医療費病気による
合計2,300円〜37,000円〜

キンクマなどの大きい個体になるともう少しかかってくるかと思います。

ごはんなどはだいたい2ヶ月ほど持つので、2ヶ月に1回購入で計算しています。

高いご飯は少量だったりするので、もう少しかかってくるかと思います。

トイレや巣箱も消耗品と考えた方がいいと思います。
汚しやすい子はすぐに汚しますし、木製のものは噛まれます。

暑さ対策や寒さ対策で電気代もかかります。

家庭環境によって異なってくると思うので、かかるよということだけ覚えておいてもらえればなと思います。

ハムスターの飼い方

それでは、ハムスターの飼育の仕方についてご説明していきます!

個人的な意見ですが、ハムスターを迎えすることが決まったらハムスターの飼い方について書かれている本を購入することをお勧めします。

ハムスターにも注意すべき病気が多くありますし、飼育する際の注意点もあります。

ネットでひとつひとつ調べるよりも正確な情報がたくさん載っていますし、何より大切な家族になるわけですからハムスターについてしっかり知っておくことが重要なので、1冊持っておいても損はないと思います。

ということで注意点についてご紹介していきます!

ハムスターの飼い方:飼ううえでの注意点

  • ストレスに弱い
  • 温度の調節をしっかりする
  • 多頭飼いはしない
  • 夜行性
  • ゲージの中は清潔に保つ

です!

ハムスターはストレスに弱い生き物なので、極力ストレスをかけないようにしましょう。
そのためにも、お迎えしてすぐにたくさん触ったりしないように気を付けてください。

また、多頭飼いには向いていない生き物なので、2匹以上を同じゲージで飼育するのはやめましょう。

ハムスターは夜行性なので、昼間にゲージの掃除をしたり起こすようなことはしないようにしてください。

何より温度調節が重要です。
18度〜25度の環境で飼育するようにしましょう!

擬似冬眠についての記事はこちらから
擬似冬眠に注意!!

【ハムスター飼い方】初心者でかかる費用:まとめ

いかがでしたでしょうか?

まとめると

・ジャンガリアンの初期費用は1万円程度
・キンクマ、ゴールデンの初期費用は2万円程度
・ハムスター自体は千円〜3千円程度
・維持費は月に2500円程度
・お迎えすることが決まったら育て方の本の購入がお勧め
・極力ストレスをかけない
・多頭飼いは禁止
・昼間に起こさない
・18度〜24度の環境で飼育

こんな感じです!!

他の生き物と比べても初期費用はかなり安いなと感じますが、実際に飼育していくとなると病気になった時の医療費がかかったりもします。

小さいから飼育が簡単なのはいい点でもありますが、放っておいていいというわけではないので、子供を育てるという心構えで飼育していただけたらいいなと思います!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク