ハムスターは懐く?懐いた時のサインと懐きやすい種類をご紹介!!

ハムスター

小さくて可愛いハムスターを飼ってみるからには懐いてほしい!と思いますよね!

可愛い動物を触りたいと思うのは誰でも同じではないでしょうか?
一緒に生活していく上で少しも触れないと寂しい気もします。

ということで、ハムスターは懐くのかや懐いた時のサイン、懐きやすい種類をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ハムスターって懐くの?

それではまず、ハムスターは懐くのかについてご紹介していきます!

ハムスターは懐く?

結果からお伝えすると

個体による

確かに種類によって懐きやすかったり懐きにくかったりとありますが、結局は性格です。

私もジャンガリアンハムスターとキンクマを飼っていますが、みんな性格が違うので同じ種類でも懐いている子と慣れてきた程度の子がいます

性別での差としては、メスの方が環境に慣れやすいので、懐きやすい傾向にあります。

懐きやすいハムスターの種類

ここからは懐きやすいハムスターの種類をご紹介していきます!

ジャンガリアン

手乗りにしたいならジャンガリアンかゴールデンと言われています!

ジャンガリアンは警戒心が少なめなので比較的すぐに慣れてくれます。

手乗りになるのも早いと思います。

ゴールデン

おっとりとした性格の子が多いのがゴールデンハムスターです!

小さい頃から慣れればかなり仲良くなれる種類です。

だいたいペットショップでお迎えできるのはこの2種類ですので、あとはお好みで選んでみるといいと思います!

ゴールデンハムスターは少し大きいので、手乗りにしたい方はゴールデンよりもジャンガリアンの方がお勧めです!

ハムスターが懐いてくれた時のサインについて知ろう!

ハムスターは言葉は話せませんが、行動に示している時があります。

気づいてあげられるのは飼い主であるあなただけ!ということで、そのサインについてご紹介していきます!

懐いた時のサイン

ハムスターが懐いてくれた時のサインは以下の4つです!

  • 手の上でくつろいでくれる
  • 手の上で寝る
  • 手の上でも食事をしてくれる
  • お腹を見せて寝る

ハムスターはお腹が急所なので、お腹を隠さずにいてくれるということはかなり信頼関係が築けていると言えます!

手の上で寝てくれたらとても嬉しいですよね!

ハムスターを飼っている方からしたら、1つの夢ではないでしょうか?

私が飼っている子は警戒心が強くてなかなかお腹は見せてくれないので、手の上で寝てくれるなんて夢のまた夢です…。

皆さんはハムスターの信頼を得て仲良くなってくださいね!

ハムスターに懐いてもらうためにはどうしたらいい?

ではハムスターに懐いてもらうためには、何を気をつければいいのかについてご紹介していきます!

ポイントはこちらです

  • お迎えしていきなり触らない
  • 触る前に声を掛ける
  • ハムスターが来てくれるのを待つ
  • おやつを手渡しであげる

こんな感じです!

まずは、危険じゃないということを伝えるのが大切です。
ゆっくり慣れてくれるのを待ちましょう。

手を差し出すとハムスターも興味を示してくれますので、手に乗ってきてくれるまでは無理に触らないようにしましょう。

おやつを手渡しであげることで、近寄ればいいことがあると覚えてもらうことができます。

慣れていない時のサイン

逆に慣れてすらいない時のサインはこちらです!

  • 鳴く
  • 噛まれる
  • 飼い主が近づくと逃げ惑う
  • 飼い主が近づくと巣箱に隠れる

この場合はとても懐かれてるとは言えない状態です。

むやみに触るのはやめて、少しづつ慣れてもらえるまで待ちましょう。

一度嫌われてしまったら…?

もしもハムスターに嫌われてしまった…という場合には

  • 気長に慣れてくれるのを待つ
  • むやみやたらと接触しない
  • お世話を続けて危険ではないことを伝える

以上のことに気をつけましょう。

もともと警戒心の強い生き物ですので、なかなか心を開いてくれないかもしれません。

ですが、焦ったりせずに気長に待ちましょう。

無理な接触や焦りは、かえって関係を悪化させてしまいます。
嫌われてしまったら最後というわけではありませんので、ゆっくり見守ってあげてください。

ハムスターは懐く?サインと懐きやすい種類:まとめ

いかがでしたでしょうか?

まとめると

  • 懐くかどうかは個体差が大きい
  • 手でもくつろいでくれる、食事をしてくれる、お腹を見せてくれるのが懐いているサイン
  • 鳴いたり、飼い主を見て逃げ惑っている場合は全く懐いていない
  • お勧めはジャンガリアンとゴールデン
  • いきなり触らず、慣れてくれるのを待つ

です!

ペットショップでお迎えするハムスターを決めるときに、しっかり観察して懐きやすいかを見極めましょう!

手をケースに入れたときに逃げ惑ったり噛もうとする子は警戒心が強い子なので、そのような傾向が見られない子を選ぶことがコツです!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク