【花子くん】アニメ8話ネタバレ感想!ミツバと光が切なすぎ

地縛少年花子くん

花子くん激似の少年の詳細が明かされ、ミツバの正体や過去も丁寧に描かれていましたね!

今回は光がミツバのことを思い出し、徐々に友達になっていく感動の回でしたね!
ミツバがあんなことになるとは…。

ということで、花子くんのアニメ8話ネタバレ感想についてご紹介していきます!

スポンサーリンク

7話ネタバレ感想はこちらから

地縛少年花子くんアニメ8話のネタバレ

輝とは違う形で怪異たちと関わろうと決意を固めた光。
中等部の昇降口に出る幽霊・ミツバの未練を晴らすため、生前やり残したという写真撮影に協力する。
だが来る日も来る日も光はミツバにからかわれ翻弄されるばかりで…。

光とミツバ花子くんつかさの関係が明かされた回でしたね!

8話ネタバレのチェックポイント

それではチェックポイントについて詳しくご紹介していきます!

8話チェックポイント①ミツバの過去

ミツバは光に「生前に撮り残した写真」があることを明かします。

急に未練と言われてもわからないというのが本音のようでしたが、とりあえず写真を撮ることに決めました。

光とミツバは放課後に写真を撮っていました。
光がミツバのカメラを持っていることに気づいた光の友達が、ミツバの過去について教えてくれたのでした。

その内容が

・ミツバは冬あたりに事故で死んでしまった
・1年の頃光と同じクラスだった

ということでした。

このことを聞いて光は、ミツバが入学式の日に話しかけてくれた男の子だったということに気づきます。

さらにミツバが言うのには

・怪異になってから友達だと思っていた人に片っ端から話しかけたが、誰もミツバであると気づかなかった
・小学校の頃いじめられていたため、中学からはうまくやろうと思ったが上手くいかず、存在感の薄い地味なやつになってしまい友達ができなかった

そうです。

8話チェックポイント②光とミツバ

そんなミツバの話を聞いて光は、「死んでたって友達になってもいいんじゃねぇの?」と言いました。

この言葉にミツバは救われたようで、「僕にとって価値のあるもの」と言い、最後に光の写真を撮ります。

明日現像まで付き合ってくれたら、きっともう大丈夫とミツバが光に伝えます。

つまりミツバの生前に撮り残した写真とは友達の写真だったと言うことですね。

光と友達になり、その光の写真を撮ることのできたミツバは無事に成仏できるはずでした。

8話チェックポイント③つかさとの契約

また明日昇降口で会う約束をしながら、屋上から校内に入った2人でしたが、そこにはつかさが待っていました。

ミツバはつかさと契約を交わしていたのです。

そのため光が願いを引き出したミツバは、未練や願いが強ければ完全な怪異になれると、つかさとによって噂を変えられ化け物のような姿にされてしまいます。

その噂が「昇降口の首折りさん
中等部の昇降口に出る首の折れた幽霊。
とても寂しがりやの幽霊で、あなたに話しかけるかもしれません。
「ねえ、僕のこと忘れちゃった?」
もしも彼の名前を答えられなかったら、首を折られて彼と同じ姿にされてしまうかもしれません。

という内容のものです。

さらにつかさに代償として、「理性」を取られてしまいます

「ミツバと同じにすれば光と一緒に居られる」とつかさに言われたミツバは、光に襲い掛かります。

間一髪のところで花子くんが登場し、その場はなんとかしのぎました。

8話チェックポイント④つかさの詳細

つかさは花子くんとは対になっています。

花子くんが生きている者の願いを叶えるのに対し、つかさは死者の願い事を叶える怪異です。

そして花子くんと同じように、願いを叶えた代償として大切なものをひとつ奪います。

そしてつかさの企みについてですが

・「七不思議は人と怪異の関係を正しく保つと言うけれど、そんなのは必要ない。
人も怪異も望むようにあればいいのさ。
それで壊れちゃうような世界なら壊れちゃえばいい」

・「我慢するのをやめた人の顔が好き」

このような発言からただ単に楽しんでいるもしくは、怪異を暴走させて何かしらを支配しようとしているのではないかと思います。

8話チェックポイント⑤ミツバのその後

生きていた頃の願いは叶えられないと言う世界の仕組に逆らい、このような姿になってしまったミツバは、元に戻すことはできない

と花子くんに断言されてしまい、結局花子くんが消しました

地縛少年花子くん8話ネタバレの感想

まずはネットの反応からご紹介していきます!

ネットの反応

視聴した感想

今回はかなりシリアスに攻めてきた回でしたね。

光くんは他の方法があったはずだと言いましたが、私はあれ以上にいい方法はなかったと思います。
光くんは最終的にミツバのことを思い出したし、友達になることもできました。

少なくとも光がミツバのことを覚えていることは、消えてしまったミツバにとっても救いなのではないかなと思います。

寧々ちゃんが出てこないとこんなにも淡々とシリアスに進むんだと実感しましたねw
なんだか寂しかったですw

つかさくんについても情報が出ましたが、皆さんはつかさについてどう思いましたか?

私はなぜかつかさくんが憎いと言う感情は浮かばないのですが、皆さんから見たらミツバをあんな目に合わせたつかさは憎いのでしょうか?

あれはきっと誰も手に負えない性格なのでしょうからあまり憎まないでやってください(誰目線?)

ネタバレを文字だけで読んでも、なかなか情景や表情が想像できないところもあるかと思います。
声も楽しむ要因の一つですし。

アニメを無料で見る方法はないのかな?
とお探しでしたらこちらの記事をご覧ください!

地縛少年花子くんを無料で視聴する方法

【花子くん】アニメ8話ネタバレ感想!ミツバと光が切なすぎ:まとめ

いかがでしたでしょうか?

まとめると

  • ミツバと光は写真撮影を始め、ミツバの過去が明らかになる
  • ミツバは一年の頃光と同じクラスで、友達だと思っていた人に声をかけたが誰一人ミツバだと気づく人はいなかったらしい
  • ミツバと光は友達になり、無事成仏かと思われたが、つかさと契約していたことが仇となりミツバは怪物のような姿にされてしまう
  • さらに理性さえ奪われ結局花子くんによって消された
  • つかさは花子くんの対で死者の願いを叶え代償を得る怪異だった

こんな感じです!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

9話のネタバレ感想はこちら

・花子くんグッズを取り扱っている場所一覧はこちらから
・花子くんの作画崩壊についてはこちらから
・花子くんのセリフに関してはこちらから

スポンサーリンク