【花子くん】67話ネタバレ!ついにあの子の正体が判明!

花子くん83話ネタバレ 地縛少年花子くん

前話でかなり進展のあった花子くんですが、67話ではついにあの子の正体が判明しました!

花寧々要素もかなり強かったですよね…。
心臓がもたないww

ということで花子くんの67話ネタバレをご紹介していきます!

スポンサーリンク

【花子くん】67話ネタバレ!

前話では新キャラであるスミレが登場しましたね。

依代なのではとの疑惑を残したまま終了でしたが、67話でついにその正体が判明!

それでは早速、67話の内容をひとつずつ分けてご紹介していきます!

スミレは依代?

現在寧々と花子くんがいる場所は6番の境界ですよね。

そこで出会ったスミレでしたが、その首筋には黒字に赤の「封」のお札が。

みなさん御察しの通り

スミレは6番の依代

だったのです!

スミレは寧々が巫であることを知っており、自分を壊せる存在であるとわかっていました。

そのため交渉に出ます。

スミレは

寧々が剥がしたいなら、札を剥がしてもいい。

でも結婚式がしたいから1日だけ待って欲しいし、花子くんにはこのことは内緒にしておいてほしい。

と言いました。

この時点でスミレは花子くんは容赦無いが、寧々は情で動きやすく騙されやすいとわかっていたようです。

かなりのやり手ですね。

そしてスミレは寧々にお守りとして自分もつけている鈴のブレスレットを渡しました。

翌朝寧々におきたこと

翌朝、寧々が目を覚ますとそこにはお面をつけた人たちがいました。

お面をつけている人たちはどうやら寧々をスミレだと勘違いしているようで、結婚式のための準備をさせられてしまいます。

人違いですといいますが、誰も信じてくれず、寧々は運ばれてしまったのです。

そしてそんな寧々を影から見ながらスミレは

「ごめんなさいね。二人とも。」

と謝りました。

その側には戦ったが負けてしまったらしい花子くんが横たわっていました。

巫の役目

6番の境界は、過去の6番の見てきた世界観で出来上がっていました。

そのため、その村の風習が語られていきます。

その村では

巫を生贄にして村の平穏を保とうとしていた

のです。

寧々は抵抗しましたが、霊薬を飲まされ意識が朦朧としてしまいます。

そんな寧々はスミレの過去を垣間見ました。

寧々が見た幻想

意識が朦朧とする中お面の人たちに引き連れられて寧々は歩きます。

そこで寧々が見たものはスミレの過去の出来事でした。

一人ぼっちで泣いているスミレのそばには世話役である、死神がいました。

その村では何人もの巫を生贄にして平穏を保とうとしてきました。

スミレもその一人になろうとしていたのです。

死神はえらく正直で、スミレのために嘘をつけるような人ではありませんでした。

それでもスミレは死神を慕い、二人は仲良く日々を過ごしていました。

ついにスミレが生贄に捧げられる日、死神はいつものような顔でスミレを見つめています。

その後スミレは崖から落ちていきました。

寧々も同じ道をたどる

まさに今寧々もその幻想と同じ道を辿っているところでした。

本来であれば死神はここで葵に生贄になってもらう予定だったのでしょう。

しかし、先に落ちてしまったのが寧々だったからなのか、スミレの策略なのか寧々が崖にたちます。

崖にある鳥居でスミレにもらった鈴のブレスレットが反応し、寧々ははじかれることに。

ここにきて寧々は意識を取り戻し、村の人々は「さてはお前偽物か!」と気づいたのです。

さらに誰でもいいからとにかく放り込めと口々に言い始めます。

「赤根の子が拒否されることはかつてなかった」との発言から

スミレは葵と同じく赤根家の子供だった

とわかりました。

そして寧々が窮地に追いやられたところで「やだ…花子くん!!」と叫ぶと「はーあーいー」と言いながら寧々を助けにきます。

「遅くなってゴメンね」といいながら花子くんは優しく寧々を抱きしめ、自分の助手を嫁がせるわけにはいかないと言ったのでした。

【花子くん】67話ネタバレ!ついにあの子の正体が判明!:まとめ

早く葵とスミレの関係が知りたいところですね!

なんだか複雑な関係の予感…。

次回が待ち遠しいですね。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

66話前話← →後話68話
スポンサーリンク