『変な家』5話前編のネタバレや感想を紹介!地下室の存在

本記事は、一迅社にて出版されている変な家5話前編のネタバレや感想を紹介する記事となっております!

  • 『変な家』が広告に表示されて気になっている
  • 『変な家』を購入しようか迷ってる
  • 内容を見てから購入したい

そんな方にオススメの記事となっておりますので、是非ご覧になってください。

それでは『変な家』5巻前編のネタバレや感想をご紹介していきます!

70%OFFクーポンあり

前話はこちら 次話はこちら

※当サイトは完全な紹介サイトではありません。
購入のきっかけになるような記事作りを心がけておりますので、ご理解ください。

『変な家』ネタバレまとめに戻る

目次

『変な家』5巻前編:内容

「この家でもし殺人が行われていたら死体を運び出すには車が必要なはずです。けれど、この家には車庫がないんですよね。…だったら、家には死体を隠すスペースがあったんだと思います」

「だから地下室…」

「えぇ、だからこの家には地下室があるんじゃないかと思えるんですよ」

柚希が見つけてきた埼玉の物件について、そんな風に考えを述べる建築設計士の栗原。

最初は冗談だと思っていた殺人事件についても…段々と本当の話のように思えてしまう。

「…ということはもしや、この家の地下には死体が眠っているということですか?」

「いえ、この家を手放す時点で死体は処理してしまっている可能性が高いです。多分、ここにはもうないでしょう」

__________

埼玉の物件についての話が一段落した頃、主人公はずっと悩んでいたことを口にする。

「実は、今度、この怪しい空間のある東京の家を見に行こうと思うんです。家の中に入ればきっと、殺人の手掛かりが見つかるんじゃないか?と思えて」

けれど、そう話した主人公に、栗原は冷静に「証拠は見つからないはずだ」と返答する。

そもそも、物件は売りに出す前に不動産屋が確認しているはずで、そんな家から簡単に殺人の証拠が見つかるとは思えなかったからだ。

「でも、間取り図から分かることはまだあるはずですよ。例えばほら、この2件の物件には違いがあるんです!」

そういって、栗原は2件分の家の見取り図を手に取って…?

『変な家』5巻前編:感想

前回のラストに話題となった地下室についてが今回のお話のメインでしたが…もうめちゃくちゃ読み進めるのが楽しい作品ですよね!!

地下室には元々、死体が置かれていたんじゃないか?

そんな栗原の考察も面白過ぎます!!

今後は主人公が東京の家を実際に内見に行くみたいで…こちらも楽しみですね!

殺人事件が行われていたんじゃないか?というのは主人公と栗原の中で考えている妄想に近いものですが…実際のところ、本当に殺人犯はいるのか?

そうして、本当に殺人犯がいるのであれば今どこに…?

もう次回のお話も楽しみすぎます!

『変な家』5巻前編を無料で読む方法

2023年6月16日現在、『変な家』5巻前編は…

コミックシーモアで165円(税込)
(70%OFFクーポン利用で49円(税込))

となっていますので無料で読む方法はございません。

ただ、コミックシーモアなら無料会員登録で70%OFFクーポンがもらえますので、是非利用してみてはいかがでしょうか?

下のボタンから購入できます。

70%OFFクーポンあり

「変な家」を漫画rawで無料読みできるか調査した結果

『変な家』5巻前編の内容と感想をご紹介:まとめ

『変な家』5巻前編のネタバレ・感想をご紹介させていただきました!

内容を軽くまとめますと…

  • 死体を処分するためには運ぶ車が必要だがこの家には車庫がない
  • この家には地下があって、そこに死体を保管していたんではないか?と話す栗原
  • 主人公は東京の怪しい物件を内見しようと思っている

となります!

省いている内容がございますので、ご興味がありましたら購入してお楽しみください!!

  • 三角の部屋を増築するには周囲からも目立つはずじゃないかと話す栗原
  • 主人公は殺人の証拠を見つけ出して警察に動いて欲しいと思っている。
  • 東京の家と柚希が見つけてきた埼玉の家には違いがある(気になる続きは次回です!)

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!!

70%OFFクーポンあり

前話はこちら 次話はこちら

『変な家』ネタバレまとめに戻る

よかったらシェアしてね!
目次