【ひぐらし】羽入の過去や正体がヤバすぎる?!フェザリーヌと同一人物?

ひぐらし羽入過去正体フェザリーヌ ひぐらしのなく頃に

ひぐらしに登場する羽入ですが、実は過去にかなり悲しい出来事を経験しているんです。

そしてその正体についても謎が深いですよね。
うみねこのなく頃にに登場したフェザリーヌとの関連性も気になります!

ということで、ひぐらしに登場する羽入の過去や正体、フェザリーヌとの関係についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

【ひぐらし】羽入の過去や正体についてネタバレ!フェザリーヌと同一人物?

雛見沢の神様である、オヤシロさまとして存在している羽入ですが、その正体について謎が深いですよね!

ということで、まずは羽入の正体についてご紹介していきます。

正体

羽入の本名、本当の姿は

ハィ=リューン・イェアソムール・ジェダ

とされています。

羽入はもともと、パラレルワールドから世界を旅して、雛見沢にたどり着いたリューン民の一員でした。

過去

羽入が雛見沢に来ることになって起きたこと、そしてその後についてネタバレしていきます!

雛見沢にきたきっかけ

羽入たちリューン民が住んでいた故郷は、崩壊の危機に瀕していました。

つまりリューン民が元いた場所は、永住できない環境となってしまったのです。

かなり知能の高かったリューン民は次元を超える装置の作成に成功!

こうして雛見沢に移住したのです。

移住後起きたこと

雛見沢にリューン民がついた後起きたこととは

リューン民同士での争い

でした。

リューン民の作った装置では、転送する際に肉体と精神を分ける必要がありました。
ですが、故郷の崩壊は思ったよりも早く、肉体を転送することができない人も中にはいたのです。

リューン民も自分たちが人間に簡単に受け入れてもらえるとは考えていなかったので、精神のみになってしまったリューン民は、人間の赤ちゃんに憑依するという形で移住に成功します。
以後、人格形成された人間に憑依することは禁止としました。

肉体もしっかりと転送できたリューン民は、自分たちの高い能力を社会貢献に役立てることで馴染んでいきました。

しかしその後、リューン民の中では地球を侵略したいと考える者と、共生したいと考える者で対立

意見はなかなかまとまらず、疫病などで出生率が低下し、精神だけ転送された者の中が掟を破るものが増えていきます。
そうして、リューン民による事件が多発してしまったのです。

というのも、リューン民が大人の人間に憑依することで、元の人格とリューン民の人格が衝突することによる暴走を引き起こしてしまったわけです。

これがのちの雛見沢症候群となります。

雛見沢症候群についてはこちらから
雛見沢症候群って?

こうして、肉体ごと移住したリューン民と人間に憑依した精神だけのリューン民との戦いが始まりました。

この戦いに羽入も肉体ごと移住したリューン民として参加していました。

その後の悲しい出来事

リューン民同士の争いが終結し、古手陸に出会いのちに結婚することになります。

1人娘の桜花を授かり、幸せに暮らしていましたが、羽入が倒したはずだったリューン民の暴走によって陸が死亡

羽入は普通の人では知覚できない存在となってしまいました。

ですが、桜花だけは羽入を知覚できたので、羽入は桜花に自分が母であることは伝えずに友人として影から見守っていました。

羽入の暴走

羽入の平穏な日々は続かず、最後には暴走してしまいます。

その理由は

桜花が村人から拷問を受けたから

です。

当時、雛見沢には疫病が蔓延しており、その疫病を治めるためにと羽入は薬を作っていました。

その薬を持っていた桜花は、金儲けをしようと企んでいた村の人に拷問を受けてしまったのです。

この状況を見た羽入は自我が抑えられなくなり、次々と村人を惨殺してしまいます。

羽入の暴走を止められるのは、鬼の血を引く自分だけと考えた桜花は羽入を説得。
羽入は自我を取り戻し、暴走はおさまりました。

羽入はこの惨劇について、村人のせいで起きたことではなく暴走した羽入自身に背負わせるようにと伝えます。

そして、鬼になってしまった自分を桜花に討たせました。

羽入とフェザリーヌは同一人物?

「うみねこのなく頃に」に登場するフェザリーヌ・アウグストゥス・アウローラですが、人物像から羽入と同一人物なのでは?とされているんです。

その姿はこちら

ほんわかした羽入とは全く違う容姿ですね!

ですが、似ている点が多くあるのでご紹介していきます!

羽入とフェザリーヌの共通点

羽入とフェザリーヌの共通点としてあげられるのは

  • 世界を遠くから傍観している
  • 巫女を従えている

この2つです!

フェザリーヌは世界を物語として傍観することのできる力を持っています。
さらに、物語をゲームとして創造・改変する力も持ち合わせており、数々のゲームを進行してきました。

退屈を嫌い、人間に詩を読ませることを趣味としており、朗読者に選ばれたものを巫女と呼んでいるそうです。

ベルンカステルは梨花?

さらに羽入ではないかと推測を加速させるのが、ベルンカステルとフェザリーヌの関係性です。

フェザリーヌはかなり過酷な設定に作ったゲームの中に、ベルンカステルを放り込み、そのゲームの案内役を放棄するという暴挙に出たことがあります。

この過酷なゲームというのが、「ひぐらしのなく頃に」なのではないかと言われているんです。

つまり、フェザリーヌ=羽入でベルンカステル=梨花ということですね。

フェザリーヌはベルンカステルに「アウアウローラ」と呼ばれており、これも羽入の口癖である「あぅあぅ」と関連性があるのではと言われています。

しかも、ベルンカステルはこのゲームに放り込まれる前にフェザリーヌの巫女だったのです。

これも相まってますますベルンカステルとフェザリーヌの関係性が梨花と羽入なんじゃないかと思わされてしまいますよね!

梨花について詳しくはこちらから
梨花は100年の魔女?その正体について

公式の回答

フェザリーヌと羽入について作者である竜騎士07は

頭部記憶装置の破損によりフェザリーヌが一時退行した姿が羽入

との回答をしています。

しかし、発言が二転三転しており「羽入とフェザリーヌは別人である」と言っていたこともあるので、真相はわかっていません

【ひぐらし】羽入の過去や正体がヤバすぎる?!フェザリーヌと同一人物?:まとめ

まとめると

  • 羽入はリューン民で本名はハィ=リューン・イェアソムール・ジェダ
  • リューン民の争いに巻き込まれた
  • その後古手陸と結婚し桜花を授かるも幸せは長く続かず、最終的には暴走
  • 最後は桜花に討たれた
  • フェザリーヌと羽入の共通点は多い
  • 公式では、フェザリーヌと羽入は同一人物であると認めてはいるものの、発言が二転三転するので真相は定かではない

こんな感じです!

羽入の設定ってかなり凝ってますよね。

にしても、ひぐらしの世界の黒幕は本当はフェザリーヌなのかについてすごく気になります…。

その答えがもしかしたら業で出るかもしれませんね!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

見合わせて読みたい
スポンサーリンク