【ひぐらし】前原圭一が過去に起こした事件とは?その理由をネタバレ!

ひぐらし前原圭一過去事件 ひぐらしのなく頃に

ひぐらしの鳴く頃にに登場する前原圭一は実は過去にとある事件を起こしたのです。

普段の圭一の様子からそんなことを起こすとはとても思えないですよね。
一体どんな理由があったのでしょうか?

ということでひぐらしの前原圭一の過去に起こした事件やその理由についてネタバレしていきます!

スポンサーリンク

【ひぐらし】前原圭一が過去に起こした事件とその理由

圭一が起こした事件は実はかなりビックリするような内容なんですよね…。

早速圭一がどんな事件を起こしたのかご紹介していきます!

どんな事件だった?

圭一が起こした事件とは

児童連続襲撃事件

というものです。

圭一は複数の小児をモデルガンで狙った襲撃事件を起こしました。

狙ったうちの一人の少女が偶然目に被弾してしまったことから、罪の意識を持ち、両親にも打ち明けて出頭することになりました。

雛見沢での圭一の様子からは想像できないですよね。

ただ単に面白半分で事件を起こしたわけではなく、これには理由があったのです。

事件を起こした理由

圭一がこのような事件を起こした理由とは

学業面からのストレス

です。

圭一は雛見沢に引っ越してくる前は都会に住んでいました。

都会では特進クラスで成績を伸ばしていきます。

雛見沢では年上の魅音にも勉強を教えていることから成績優秀であったことがわかりますよね!

特進クラスでの成績について周りも初めは特別扱いをしました。
しかし徐々にその実力が当たり前のように見られるようになります。

両親からはさらなる高みを目指すことを期待されていき、ストレスが溜まるようになってしまったのです。

圭一はもともと勉強が得意な方ではないし、両親にその不満を打ち明けられるような性格ではなかったため、余計に爆発してしまったのでしょう。

ストレス解消のためにある日圭一はモデルガンを入手します。

最初は部屋で撃つだけでした。
やってはいけないことに誘惑されたのか、いつからか児童を狙うように…。

このようにして圭一は事件を起こしてしまったのです。

雛見沢に来たきっかけ

実はこの事件が雛見沢に引っ越したきっかけでもあります。

圭一の事件を受けて、一からやり直そうと考えた父親が分譲ツアーに参加。

そこで梨花と羽入を目にした圭一の父親は移り住むことに決めたのでした。

そしてこれは余談ですが、圭一が引っ越してくるのは梨花が圭一の父親と出会うことが条件でした。

実際に圭一が引っ越してくることのなかったかけらもあったようです。
「圭一がいないかけらは実に退屈であった」と梨花も発言しています。

このことから梨花は必ず圭一の父親に会うようにしているようです。

【ひぐらし】前原圭一が過去に起こした事件とは?その理由をネタバレ!:まとめ

いかがでしたでしょうか?

まとめると

  • 圭一が起こした事件は児童連続襲撃事件
  • スタンガンで次々と児童を撃っていた
  • そのうちの一人の目に偶然当たってしまい、出頭した
  • この事件は勉強のストレスのせいで起こしてしまった
  • この事件を受けて父親が雛見沢に引っ越すことを決意

こんな感じです!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク