【ひぐらし】雛見沢症候群とは?原因やレベルについてご紹介!

ひぐらしのなく頃に

ひぐらしのなく頃にシリーズの多くの惨劇は人間不信や疑心暗鬼によって起きていますよね。

原因は雛見沢という土地のみ限定の病気である雛見沢症候群ということが分かっています。

それではひぐらしの雛見沢症候群についてご紹介していきます!

スポンサーリンク

【ひぐらし】雛見沢症候群とは?原因やレベルの違いは?

ひぐらしのなく頃にでは、人間関係の不信不安や疑心暗鬼で多くの人が死んでしまいます。

雛見沢村ではこのように怪死した人をお社様の祟りとして認識されていますが、実際は雛見沢症候群という寄生虫による不治の奇病にかかっているということがわかりました。

雛見沢症候群とは?

雛見沢症候群は空気感染してしまう特殊な寄生虫により村人全員がかかっている風土病で、精神的な不安やストレス等で発症してしまいます。

末期症状では幻覚や幻聴が聞こえ周りの人間が自分を殺そうとしているという妄想に陥り錯乱、防衛本能が働き周りの人を攻撃してしまうようになります。

そして最後には自分の喉をかきむしって死亡するパターンが多く、宿主が死亡すると寄生虫も消滅してしまいます。

そのため長く原因が発見できなかったので、村人からはお社様の祟りと恐れられていました。

そして女王感染者という存在がいることも発覚しています。

本編では古手梨花が女王感染者とされていますよね。

雛見沢症候群のレベルについて

雛見沢症候群のレベルは1~5に分類されています。

名称症状
L1レベル1の症例はなし
健康体
L2村人はほぼ全てレベル2を発症している
日常生活に支障なし
L3-治療で回復できる限界
誰かの気配や幻聴はあるが
日常生活に支障なし
L3+幻覚と幻聴が聞こえ
他人を疑い始める
L4幻覚と幻聴に異常行動が加わり人間不信に陥る
L5-個人差はあるが、危険妄想により軽い暴走をおこす。
特徴としてリンパ腺の痒みが起こる
L5+極度の幻覚幻聴が起こり周りの人間が
自分を殺そうとしていると認識する。
記憶の混濁と意識が錯乱してしまい
防衛本能により他者へ攻撃を始める。
自分の喉を掻き毟って死に至る。

最終的には必ず死んでしまうとは本当に恐ろしい病気ですよね。

雛見沢症候群はなぜレベルの差が出るの?

入江機関が雛見沢症候群用に開発した薬がいくつかあります。

中には症状を緩和させる薬と促進させる薬があるので、まずは促進させる薬からご紹介していきます!

名称効果
H173症状を促進させる薬
治療薬の開発のために実験投与していた
H173-2H173の改良化
空気中に散布するだけで症状が促進してしまう
η173H173の別の改良型
寄生虫の小型化に成功した物

これによって症状をレベル分けして管理していたのですね。

雛見沢症候群の対処法

入江機関が開発した症状を緩和させる薬を紹介します

名称効果
C120L5の症状をL3-まで緩和させることが出来る。
女王感染者である古手梨花が投与されている薬
予防薬入江機関の人間が投与している薬
ただし100%の予防はできない。

研究によって緩和させる薬を作ることが出来ました。
しかし、特効薬はできておらず完治はできません。

また、雛見沢症候群は女王感染者の近くにいる事で発症を緩和できます。

雛見沢症候群を発見した人

雛見沢症候群を発見したのは

高野一二三

です!

恐ろしい病気を発見してしまったとして、研究を進めていました。

世の中に発表しようとしましたが、そんなものあるわけないとの評価を受けてしまい、研究は中断。

後に養子である鷹野三四が研究と継ぐ形となりました。

【ひぐらし】雛見沢症候群とは?原因やレベルについてご紹介!:まとめ

いかがでしたでしょうか?

まとめると

  • 祟りではなく寄生虫による風土病である
  • L5を発症したら惨殺を行って自分も死んでしまう
  • 特効薬はなく症状を抑える薬のみ

こんな感じです!

現実であったら怖い病気ですよね。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク