副音声はうるさい十分にネタバレ3話彼の隣で眠るまで

副音声はうるさい十分に3話ネタバレ 副音声はうるさい十分に

前回のお話ではやっとキスまで進めた野崎と西田でしたね。

身体の関係はあれど恋の進め方が実に初々しいというか、たどたどしい2人です。

今回もそんな副音声はうるさい十分にの3話をネタバレしていきます!

スポンサーリンク

副音声はうるさい十分にネタバレ3話

それではさっそく副音声はうるさい十分にのネタバレをしていきます!

朝まで隣で眠りたい2人

熱い一夜を共にする2人ですが、野崎と西田の関係はまだ契約みたいなものですから、行為が終われば西田は自宅に帰ります。

面倒なセフレだと思われたくない西田はすぐに帰宅するように心掛けているようですが、野崎も表面上は取り繕ってはいても、内心ではそのことを残念に思っています。

西田は西田で内心では一緒に寝られたらと思うけれど、気軽に呼んで貰うためにはこれくらいのスマートさが大事だと思っているようです。

行為が終われば西田はもう自分に用などはないのだから仕方ないと思う野崎。

お互い、離れがたい気持ちを堪えて挨拶をしますが、ドアが閉じられたあとの野崎と西田の表情は寂しさを隠せません。

抱き枕が優先される憤り?

翌朝、西田が出社すると、野崎は寝具のカタログを見ていました。

野崎のすることには何でも興味のある西田は、何を見てるのか気になるというように寄っていきます。

嬉しい野崎は抱き枕とかも載ってて面白いと答えますが、抱き枕を買うのかと西田は問います。

西田が帰宅した後は寂しいからと内心で思う野崎はいいかもねと答えますが、これが西田の見当違いな嫉妬を煽ります。

思わぬところで棚ボタな2人

自分じゃなくて枕を抱いて眠るのか。

なぜ、枕が自分より先に野崎さんと、と思う西田は思わず「自分でいいんじゃないですか」と口走ってしまいます。

枕の代わりに西田を。

西田は寒がりだと言っていたし、これは強制ではなく提案だと思う野崎は、いいねと答えます。

是非今夜にでも前向きに考えて欲しいと喜ぶ野崎は、2人で寝ると、きっと暖かいとまで後押しします。

やっと野崎と一緒に寝られると大喜びの西田は昼休みにお泊りセットを購入しようと、内心ではウキウキしています。

寒波に感謝する野崎。

西田の勢いから出た言葉が、まさに棚から牡丹餅状態を起こしたのでした。

念願叶うもやっぱりうるさい副音声

一緒に寝ましょうというのは仮眠のことなのではないかと不安に思う野崎は、服を脱ぎながら西田にこの後の予定を聞きます。

もしかしたらそれは予定があることにして帰れという意味で、一緒に寝ようというのは冗談だったのかと不安に思う西田です。

西田に予定がないと知った野崎は、じゃあやっぱり泊まれるのだと喜び、確認したいけれどしつこく思われるのはと戸惑い、戸惑いながらも西田にキスをします。

予定がないなら嬉しいと答えた野崎に、それってやっぱり泊まっていって良いってことかと喜ぶ西田は怖くて確認できず、それでも野崎にキスして貰えたことが嬉しくて好きなのでした。

野崎と西田を見ていると、人間とはこんなに騒がしいものだっただろうかと笑ってしまいます。

十分に愛し合った後、このまま野崎と眠れるんだと幸せに浸る西田に、そろそろ服を着ようかと言われて西田は、もう帰れと言われるのかと思って驚きます。

野崎が風邪をひくと思って心配しただけだと知ると嬉しくなって、野崎と一緒に寝られるのに風邪なんてひかないと可愛らしく笑う西田です。

西田の笑顔に再び熱の灯った様子の野崎で、再度熱く抱き合うのでした。

そして野崎と西田の新たなる野望とは?

幸せすぎて一晩中、眠った後の野崎にまとわりついていたらしい西田は、昨日用意したばかりのお泊りセットで朝の支度をしています。

これからも泊まっていって欲しい野崎ですが、西田がお泊りセットを常備しているのは、いつどこで止まることになっても良いようにだろうと勘違いします。

お泊りセットを野崎にじっと見られていることに気がついた西田は、自分ががっつきすぎて野崎に引かれたのだと勘違いします。

慌てて片づけようとする西田ですが、よそになんていかせないと思う野崎は、それはここに置いておけばいいんじゃないかなと伝えます。

年の功なのか野崎のほうが話の持って行き方が巧です。

帰るの面倒でしょう?と言われて、西田は平静こそ装っていますが、副音声ではまた泊まっても良いということかと大喜びです。

やはり決定的に言葉でお互いの気持ちを確認しあっていない2人は、どこか相手を誤解してしまっていて、誰とでもそういう関係になれるんだろうという不安は、面白いくらいに願望を斜めに加速させます。

他の人の私物とか出てきたら嫌だと思いつつ、わざと痕跡を残す厄介なやつもいるっていうし…と、西田は考えます。

しばらく帰らなくても平気なくらい置いておいて欲しいと思う野崎。

空き部屋があるから着替えとかも持ってきて置いとけばという野崎に、西田は明らかに野崎の趣味ではないとわかる服とか下着とか見つかりやすく置こうと思います。

つまり西田自身が、無自覚か自覚ありか、“わざと痕跡を残す厄介なやつ“になろうとしてるわけで、たくさん置こうと決意します。

これからもっと寒くなるから、できるだけ移動は…と、言葉巧みに誘導する野崎ですが、なんだか騙してるみたいですまないと思いながらも、

空き部屋に西田用のベッドは絶対に置かないと決意し、気がつかれないように私物を増やしていこうと決意する西田なのでした。

副音声はうるさい十分にを読んでドキドキと面白さの両方を味わいませんか?

副音声はうるさい十分には、主人公たちの心の声が副音声として表現されています。

全ての心の声が副音声で私たち読者にダダ漏れなのですw

超うるさい!

と思いながらも、人間ってこんなふうに誤解しあっているのかなと考えさせられる作品です。

BL本として、主人公たちはやることもやっているし、過激なシーンがある方はお好みではないかもしれません。

でも主人公2人の惹かれ合いながらも遠慮しあって、誤解しあっている姿を見ると切ない気持ちになったりドキドキさせられたり…

など、面白さも切なさもドキドキも兼ね備えた作品です。

当サイトでは、文章でお話をお伝えすることはできますが、絵はお見せできませんし、主人公たちの恋模様や夜の様子を詳しく書くことはできません。

私は作者の先生が好きなので、皆さんにもぜひ漫画を読んで欲しいです。

副音声はうるさい十分にの取扱は以下の通りです!

1番のおすすめはebookjapan

です!

なんといってもebookjapanは50%OFFのクーポンを6冊分受け取ることができるので超お得!

クーポンを使用すれば82円で読めちゃうというわけです。

人気すぎてキャンペーン終了する可能性もなくはないので、今のうちに読んでみてくださいね^^

副音声はうるさい十分に
を読むならebookjapanが一番お得!
初回ログインで50%OFF×6回のクーポンゲット

副音声はうるさい十分にネタバレ3話:まとめ

今回も面白おかしい副音声を聞かせてくれた野崎と西田でしたが、思わぬところからお泊りという念願が叶って微笑ましい回でしたね。

野崎も西田も相手に嫌われたくない思いがある分、簡単に叶いそうな願いを口にすることが困難だったりするのかもしれませんね。

今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク