【黒執事】ネタバレ176話!アテナ退役軍人療養所は本当に悪?

黒執事176話 黒執事

前話でバルドはエイダと対話。
エイダとバルドは過去に同じ思いをしていると言うことがわかりましたね。

バルドは施設を壊すかどうか決断しなければいけないわけですが、そもそもアテナ退役軍人療養所は本当に悪いところなのかも現時点では謎です。

ということで黒執事ネタバレ176話をご紹介して行きます!

スポンサーリンク

【黒執事】ネタバレ176話

それでは早速176話の内容をネタバレ推測して行きます!

アテナ退役軍人療養所は本当に悪?

劉は潰す気満々でいるアテナ退役軍人療養所ですが、そもそも本当に悪い施設なのでしょうか?

今の所、死神がきていたりと怪しい部分は多くありますが、エイダの感じからするとそんなに急いで多くの血液を集めてはいないことがわかります。

ただ定期的に採血していたり、長きに渡って血液を提供しているようなのでその辺はなんとも言えないところではあります。

そして、葬儀屋たちは色々なところから血液を集めているようなので、療養所が急ぐ必要もさほどない可能性もありますね。

しかも現在はエイダの様子しかわかっていないので、運営者が悪なのかもしれないし、上手く言いくるめられた(葬儀屋の説明が上手かった)だけかもしれません。

今の情報だけだと療養所が本当にただ研究のために血液を採取しているのか、葬儀屋に提供しているのかは不明です。

今後の作戦

今後の作戦についてですが、アテナ退役軍人療養所が黒なのか白なのかによって話が変わってきますよね。

今後決定的にこの療養所は白であると判明した場合は、手を引くでしょうし、どっちなのかわからない場合や、黒であることが判明した場合はバルドも仕方なく作戦を決行する(療養所を潰す)しかないと思います。

それがシエルの意向なので仕方ありませんね。

シエルたちの動向

個人的には、この血液問題は早めに終わらせて、本当のシエル・ファントムハイヴである、兄についてや、シエルの本当の名前などの謎について触れていくのではないかと思います。

そうなるとやはり、療養所は白でその後シエルとセバスチャンの方はどうなのかという話に移って行きますよね。

そんな感じで175話では、療養所が白であるという決定的な情報が出るのではないかと推測します。

【黒執事】ネタバレ176話!アテナ退役軍人療養所は本当に悪?:まとめ

発売後に追記いたしますので、ぜひチェックしてください。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク