黒執事186話ネタバレ!バルドはどうなる?

漫画・アニメ

黒執事前話では、バルドがエイダの見方をすることを決意し、劉と再び決裂することになってしまいました。

一体どのように決着がつくのでしょうか?

ということで、黒執事186話ネタバレ推察をご紹介していきます!

※186話は未発売のため、現在は185話が最新話となっております。当記事は推察記事です。

▼30日間無料トライアル実施中▼
期間内に解約で金額0円

初回ポイントで2冊分無料
▲取扱作品数13万以上!無料作品も充実▲

黒執事186話ネタバレ!バルドと劉の選択は?

それではさっそく黒執事186話を推察していきますね!

もっとも優先されるものは何なのか?

エイダがアテナ退役軍人療養所での採血はあくまで提供者の合意のもと行われており、エイダ自身も採血の度合いにいては良心的な態度を見せているので、劉とバルドの戦略の相違が要となるはずです。

劉は例え乱暴な手段をとることになったとしても、このアテナ退役軍人療養所での決着をつけてしまいたい。

バルドはもう少し慎重にやり方を考えたい。

しかしバルドは有無を言わさぬ歴史の狭間で最も信じていた『平穏』と、最も愛していた我が子と妻を失っています。

だからこそ守るべき対象であるシエル(主人)を守るという決断を、ファントムハイヴ襲撃の際には見せました。

ここのところの擦り合わせが進む回になるのではないかと思うのです。

バルドとしては、シエルもエイダも守りたい対象だとは思いますがあのシエルがそのような甘い選択を許すとは思えません。

劉も自分の意思をやすやすと変えるようには思えないので、決裂したまま突き通すかバルドが折れるかのどちらかになりそうですね。

ロナルドは誰を迎えに来ているのか

前話ではロナルドがエイダとバルドを見つめていましたが、一体誰を迎えに来ているのかも気になるところですよね。

展開によってはエイダもバルドもどちらにも可能性がありそうですが、ここで早々にバルドがいなくなるのは個人的に辛いので、ないと信じたいです。

劉がこのまま引き下がりそうにないので、施設の崩壊とともにエイダも…ということなのでしょうか。

こちらも不安要素ではありますね!

黒執事186話感想

発売後に追記致します!

漫画黒執事で厳格でダークな世界観を味わいませんか?

黒執事は月刊Gファンタジーで連載中。

なるべく早くどんな展開になっているのか知りたいですよね!

電子書籍で購入すれば発売日の0時には読むことができますし、いつでもどこでも読むことができるのでとても便利です。

Gファンタジーを読むなら

コミック.jp2冊無料
(最新刊毎月28日更新)

となっております!

▼30日間無料トライアル実施中▼
期間内に解約で金額0円

初回ポイントで2冊分無料
▲取扱作品数13万以上!無料作品も充実▲

黒執事186話ネタバレまとめ

今回は黒執事186話の予想とその後の展開の推測についてご紹介いたしました。

186話の発売が待ち切れませんね!

それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました。

185話こちらから← →187話更新予定