『狂眼』10話のネタバレや感想を紹介!邸下とウヌの長い夜

当ページのリンクには広告が含まれています。
狂眼10話ネタバレアイキャッチ画像

本記事は、Kidari Studioにて出版されている狂眼10話のネタバレや感想を紹介する記事となっております!

  • 『狂眼』が広告に表示されて気になっている
  • 『狂眼』を購入しようか迷ってる
  • 内容を見てから購入したい

そんな方にオススメの記事となっておりますので、是非ご覧になってください。

それでは『狂眼』10話のネタバレや感想をご紹介していきます!

新規会員登録で70%OFF

前話はこちら 次話はこちら

※当サイトは完全な紹介サイトではありません。
購入のきっかけになるような記事作りを心がけておりますので、ご理解ください。

ネタバレまとめに戻る

目次

『狂眼』10話:内容

毒殺疑惑が解け、邸下はウヌのことを抱いていた。

強引に押し倒して挿入し、何度も腰を動かす邸下。

そんな中で邸下は、ウヌが声を出さないように堪えている姿が気になった。

「こんなときでも、八禁詔(パルグムジョ)を守っているのか?」
(*八禁詔=寝所で女官が守るべききまり。王族の御体を見ることを許されない、嬌声を出すことを許されない、体を震わすことも許されない等)

「まぁ、努力は感心だな」

そう言ってわざと声を出させるように、ウヌの乳首を摘まむ邸下。

「ん、あ…っ」

すると、ウヌは我慢できずに小さく声を上げてしまって…?

 

ウヌを抱いている邸下だが、1度の射精では満足できなかった。

”こんなにも私だけが夢中なのか?”

目の前にいるウヌはセックスを義務のように受け入れている気がして、邸下はもっとウヌを夢中にさせたいと感じた。

ウヌの体を引き寄せて、奥深くまで挿入する邸下。

「あ…ん…ぅ」

それでも、ウヌはやっぱり声を必死に我慢していて…?

「夜はまだ終わりではないだろう?」

邸下はウヌを手に入れるため、一晩中ウヌを犯すことにした。

『狂眼』10話:感想

邸下がウヌに段々と夢中になるのが分かる今回のお話!

なにより、2人の濃厚な夜伽シーンからは目が離せませんでした!!

そんな中、個人的には女官としての勤めを果たそうとしたウヌが、射精を終えた邸下の体をすぐに拭こうとするシーンが面白かったです。

恋人同士じゃないので甘いピロートークをする事もなく、すぐにいそいそとお世話を始めるウヌ。

そんな関係に、邸下も少しもやもやと感じているんですよね。

今後のお話の中で、2人の身分差が縮まることはあるのか?

お話はまだまだ見逃せません!

『狂眼』10話を無料で読む方法

狂眼1巻ポスター
画像引用:コミックシーモア

2023年11月9日現在、『狂眼』10話は…

コミックシーモアで70%OFF

コミックシーモアに新規会員登録すると70%OFFで読めます。

ご興味のある方は、下のボタンから読めます。

新規会員登録で70%OFF

「狂眼」を漫画rawで無料読みできるか調査した結果

『狂眼』10話のネタバレと感想をご紹介:まとめ

『狂眼』10話のネタバレ・感想をご紹介させていただきました!

内容を軽くまとめますと…

  • 毒殺疑惑が晴れ、ウヌは殿下に強引に抱かれる
  • ウヌは八禁詔を必死に守っている
  • 殿下は、八禁詔を守っているウヌが少し気に入らない(邸下はもうウヌに夢中です!!)

となります!

省いている内容がございますので、ご興味がありましたら購入してお楽しみください!!

  • 邸下とウヌの濃厚な夜伽!(本編を読むのをおススメします!)
  • ウヌに夢中になる邸下(珍しく邸下の余裕がありません!)
  • 邸下の体をウヌが拭こうとするものの…?

を省いております!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!!

新規会員登録で70%OFF

前話はこちら 次話はこちら

ネタバレまとめに戻る

よかったらシェアしてね!
目次