『狂眼』13話のネタバレや感想を紹介!ウヌの切ない想い

当ページのリンクには広告が含まれています。
狂眼13話ネタバレアイキャッチ画像

本記事は、Kidari Studioにて出版されている狂眼13話のネタバレや感想を紹介する記事となっております!

  • 『狂眼』が広告に表示されて気になっている
  • 『狂眼』を購入しようか迷ってる
  • 内容を見てから購入したい

そんな方にオススメの記事となっておりますので、是非ご覧になってください。

それでは『狂眼』13話のネタバレや感想をご紹介していきます!

新規会員登録で70%OFF

前話はこちら 次話はこちら

※当サイトは完全な紹介サイトではありません。
購入のきっかけになるような記事作りを心がけておりますので、ご理解ください。

ネタバレまとめに戻る

目次

『狂眼』13話:内容

その日も、ウヌは恭岸君がどんな漢詩を読むのか楽しみにしていた。

物陰に隠れながら、恭岸君が読む詩を聞いて解読する。

ウヌが同じ詩を読みながらドキドキしていると…

「君は誰だ?何をしていた?」

「…えっ?!いえ、特に何も…!!」

なんと目の前に恭岸君が立っていたのだ。

「本当のことが言えぬか?」

そう言われ、ウヌは大妃様に依頼されて恭岸君の漢詩を訳していたことを泣きながら説明。

「泣かなくてもいいんだよ。」

恭岸君は、泣くウヌを優しくフォローして去っていった。

_________________

そんな邸下との昔の夢を見ていたウヌは、自分の部屋で目を覚ます。

「よ、よかったウヌ!大丈夫!?」

目の前には心配しているミヒャンがいる。

「尚宮様が5日間お休みをくれたのよ。体を休めてって。」

「わかったわ。」

医師によると、少し休めば回復するとのことだった。

ウヌはミヒャンがくれた菓子を口にした瞬間、色々な思いがあふれて涙し…

『狂眼』13話:感想

ウヌは幼い頃の恭岸君との思い出を、大切に胸に秘め続けていたようですね。

思い出の中の恭岸君(邸下)は、現在の恭岸君とは全く違ってとても優しい青年そのもの。

そんな優しい面を知り恋をしたからこそ、今の邸下との関係はウヌにとって色々と複雑な思いになってしまうのかもしれませんね。

女官として仕事だと割り切って邸下に接しているウヌですが、このまま自分の想いには蓋をしたままなのでしょうか?

『狂眼』13話を無料で読む方法

狂眼1巻ポスター
画像引用:コミックシーモア

2023年11月9日現在、『狂眼』13話は…

コミックシーモアで68円(税込)

となっております

ご興味のある方は、下のボタンから読めます。

新規会員登録で70%OFF

「狂眼」を漫画rawで無料読みできるか調査した結果

『狂眼』13話のネタバレと感想をご紹介:まとめ

『狂眼』13話のネタバレ・感想をご紹介させていただきました!

内容を軽くまとめますと…

  • 漢詩を盗み聞きしていたウヌは恭岸君(邸下)に見つかる
  • 初めて恭岸君と話したウヌは恭岸君の優しさに心が惹かれる
  • 夢から覚めたウヌは想いがあふれ、涙し…

となります!

省いている内容がございますので、ご興味がありましたら購入してお楽しみください!!

  • 恭岸君の読んだ漢詩の内容
  • ウヌと恭岸君の詳しい会話(恭岸君の心の広さと優しさが伝わります!)
  • ミヒャンとウヌの会話(辛い想いを一人で抱えるウヌ)

を省いております!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!!

新規会員登録で70%OFF

前話はこちら 次話はこちら

ネタバレまとめに戻る

よかったらシェアしてね!
目次