『狂眼』17話のネタバレや感想を紹介!狂気に陥った邸下

当ページのリンクには広告が含まれています。
狂眼17話ネタバレアイキャッチ画像

本記事は、Kidari Studioにて出版されている狂眼17話のネタバレや感想を紹介する記事となっております!

  • 『狂眼』が広告に表示されて気になっている
  • 『狂眼』を購入しようか迷ってる
  • 内容を見てから購入したい

そんな方にオススメの記事となっておりますので、是非ご覧になってください。

それでは『狂眼』17話のネタバレや感想をご紹介していきます!

新規会員登録で70%OFF

前話はこちら 次話はこちら

※当サイトは完全な紹介サイトではありません。
購入のきっかけになるような記事作りを心がけておりますので、ご理解ください。

ネタバレまとめに戻る

目次

『狂眼』17話:内容

「流石は王になるに相応しい方だ」

殿試に集まった受験生たちは、邸下の弓の腕前に大きく歓声を上げる。

一方で、それを面白く思っていなかったのは父である殿下と領議政だった。

「いいか、人前に立つものは謙虚でなければならない。それから…」

見事な腕前を見せた邸下を労うことはなく、むしろ嫌味を告げていく殿下。

しかし…そんな状況に邸下はもう限界だった。

元々、邸下は藁人形を弓で射っているときから狂気に支配されそうになっていたのだが…殿下や領議政たちが嫌味を告げたことでそれが限界に達する。

邸下は刀を手にすると、怒りに身を任せて殿下に切りかかって…?

”くそ、ここで狂気の発作が…これはいけない!!”

護衛であるヒュルは必死に殿下のことを抑え込んだ。

__________

「あぁ、苦しい!胸が焼ける!!」

その日の夜、邸下は酷く暴れていた。

医者や女官たちが必死に世話をするものの、暴れる邸下を誰も止めることはできなかった。

爪を立てて胸を強くかきむしる邸下。

そんなとき、慌ててかけつけたヒュルが邸下を安心させるように声を掛けた。

「邸下、どうか安心してください。…さぁ、入れ」

ヒュルは邸下の狂気を収めるためにも、この場にウヌを呼んでいて…?

『狂眼』17話:感想

今回のお話では、狂気に支配されて我を失ってしまう邸下の様子が描かれていました。

刀を抜いて、殿下に切りかかってしまった邸下。

ヒュルが居なければ今頃邸下は取り押さえられていたかもしれないですし、ここはもうヒュルの活躍が流石すぎました!!

一方で、狂症で苦しみ暴れ続けている邸下の元へと、ウヌは呼び出されることになって…?

次回、2人がどんなやり取りをするのか気になりますね!

お話は目が離せない展開です!

『狂眼』17話を無料で読む方法

狂眼1巻ポスター
画像引用:コミックシーモア

2023年11月9日現在、『狂眼』17話は…

コミックシーモアで68円(税込)

となっております

ご興味のある方は、下のボタンから読めます。

新規会員登録で70%OFF

「狂眼」を漫画rawで無料読みできるか調査した結果

『狂眼』17話のネタバレと感想をご紹介:まとめ

『狂眼』17話のネタバレ・感想をご紹介させていただきました!

内容を軽くまとめますと…

  • 殿下や領議政は周囲に慕われる邸下を良く思わない
  • 狂気に支配された邸下は、殿下を殺そうと剣を抜く
  • 狂気で苦しむ邸下の元へ、ウヌが呼び出されて…?(次回が楽しみです!)

となります!

省いている内容がございますので、ご興味がありましたら購入してお楽しみください!!

  • 邸下を馬鹿にする殿下と領議政の様子
  • 邸下の狂気を抑えたもの(ウヌの話題を聞いてハッとしましたね!)
  • ヒュルの手腕(場を丸く収めてくれました!)

を省いております!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!!

新規会員登録で70%OFF

前話はこちら 次話はこちら

ネタバレまとめに戻る

よかったらシェアしてね!
目次