『狂眼』18話のネタバレや感想を紹介!邸下の古い傷痕

当ページのリンクには広告が含まれています。
狂眼18話ネタバレアイキャッチ画像

本記事は、Kidari Studioにて出版されている狂眼18話のネタバレや感想を紹介する記事となっております!

  • 『狂眼』が広告に表示されて気になっている
  • 『狂眼』を購入しようか迷ってる
  • 内容を見てから購入したい

そんな方にオススメの記事となっておりますので、是非ご覧になってください。

それでは『狂眼』18話のネタバレや感想をご紹介していきます!

新規会員登録で70%OFF

前話はこちら 次話はこちら

※当サイトは完全な紹介サイトではありません。
購入のきっかけになるような記事作りを心がけておりますので、ご理解ください。

ネタバレまとめに戻る

目次

『狂眼』18話:内容

邸下の部下であるヒュルに呼び出されたウヌだったが、邸下の部屋の様子を見て驚いてしまう。

「…邸下」

ウヌは邸下が狂症を患っていることは知っていた。

しかし、ここまでの酷い惨状を見たのは初めてだったのだ。

邸下は自分の体を爪でかきむしり、部屋中は邸下が暴れた惨状なのか酷く汚れていた。

「そ…そなたがなぜ…」

けれど、邸下はウヌの姿を見た途端、静かに気を失って…?

__________

ウヌはヒュルからお願いされ、邸下の世話をすることになった。

「邸下、こちらを…」

そこでは、ヒュルに指示された通り煎じ薬を飲ませようとするウヌ。

だが、邸下には薬を飲む気力もないのか、口を開くことも出来なかった。

そのため、口移しで薬を飲ませたウヌだったが…口を離そうとすると突然、邸下によって抱き寄せられる。

それからウヌは強引に口づけをされて…?

 

”体が焼けるように熱いし、目の焦点も合っていないわ”

ウヌは、苦しそうにする邸下の様子が気がかりだった。

「うぅ…くそ、辞めろ…!!」

そんな中で突然、邸下はまた胸を掻き毟りだす。

そこには古い傷跡があり、邸下はそこから熱さや痛みを感じているようだった。

”皮膚が裂け、焼けたような傷跡…。あの優しい邸下に、戦で一体何があったの…!?”

『狂眼』18話:感想

邸下の元へとウヌが呼び出された今回のお話!!

邸下が以前、ウヌをもう夜伽には呼ばないと話していたので、こうして再会できたのは凄く良かったなぁと感じたのですが…?

ただ、邸下は狂症に苦しんでいるみたいですね。

胸の古い傷跡から特に痛みを感じており、苦しんで暴れ続けてしまう邸下。

傷跡についても凄く気になる部分だったので、今後明かされてくるのが楽しみです!

次回、ウヌは邸下のことを無事落ち着かせることは出来るのか?

こちらも見逃せない展開です!

『狂眼』18話を無料で読む方法

狂眼1巻ポスター
画像引用:コミックシーモア

2023年11月9日現在、『狂眼』18話は…

コミックシーモアで68円(税込)

となっております

ご興味のある方は、下のボタンから読めます。

新規会員登録で70%OFF

「狂眼」を漫画rawで無料読みできるか調査した結果

『狂眼』18話のネタバレと感想をご紹介:まとめ

『狂眼』18話のネタバレ・感想をご紹介させていただきました!

内容を軽くまとめますと…

  • ウヌは邸下の元へと呼び出される
  • ウヌは邸下に煎じ薬を口移しで飲ませた
  • 邸下の胸元には古い傷跡があった

となります!

省いている内容がございますので、ご興味がありましたら購入してお楽しみください!!

  • ウヌに邸下を任せるヒュルの様子(もう有能過ぎる右腕です!)
  • 自分から服を脱ぐウヌの様子
  • ウヌの匂い袋

を省いております!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!!

新規会員登録で70%OFF

前話はこちら 次話はこちら

ネタバレまとめに戻る

よかったらシェアしてね!
目次