『オークの樹の下』13話のネタバレと感想を紹介!リフタンからのプレゼント

当ページのリンクには広告が含まれています。
オークの樹13話ネタバレアイキャッチ画像

本記事は、めちゃコミックにて配信されている「オークの樹の下」13話のネタバレを紹介する記事となっております!

  • 「オークの樹の下」が広告に表示されて気になっている
  • 「オークの樹の下」を購入しようか迷ってる
  • あらすじやネタバレを見てから購入したい

そんな方にオススメの記事となっておりますので、是非ご覧になってください。

それでは「オークの樹の下」13話のネタバレやあらすじ、感想をご紹介していきます!

めちゃコミックにて独占先行配信中

前話はこちら 次話はこちら

※当サイトは完全な紹介サイトではありません。
購入のきっかけになるような記事作りを心がけておりますので、ご理解ください。

『オークの樹の下』のネタバレまとめに戻る

目次

「オークの樹の下」13話:ネタバレ

晩餐会が終わってから、リフタンは毎日領地の視察や兵士たちの訓練など朝から夜まで忙しく過ごしているようだった。

一方で、城の修繕や帳簿の管理など、色々と学ばないといけないことがあるマクシー。

しかし、今まで過ごしてきた公爵家でお金を管理したり、高価なものを買ったりしたことがないマクシーにとってはどれも難しいことばかりだった。

”でもリフタンにお願いされたことだから、私もしっかり頑張らないと”

そんな責任を感じていたマクシー。

そうしてもう1つ、マクシーには不安なことがあって…?

”無能で役立たずな人になってはいけないわ。だって、もしそうなら…”

マクシーは自分の居場所を失くしてしまわないためにも、必死に努力をするのだった。

__________

そんなある日のこと、マクシーが1人で廊下を歩いているとちょうど帰ってきたリフタンと出くわす。

「こんな寒いところで何をしている!!」

少し考え事をしていたことから、リフタンに声をかけられて驚いてしまうマクシー。

しかし、リフタンはマクシーの体を気遣って、部屋まで送ってくれるようだった。

そんな中、マクシーはリフタンの着ているローブの中に花が隠れているのを見つけた。

「あ、あの…そのお花は…?」

気になってつい、そう聞いてしまったマクシー。

すると、リフタンは少し気まずそうにした後、ゆっくりとそれを差し出してきて…?

「これ、綺麗に咲いてたから摘んできたんだが…こんなものいらないよな?」

そんな風に花を差し出されて、マクシーはすぐに手を伸ばした。

”リフタンが私のために、こんな綺麗なお花をプレゼントしてくれるなんて…”

花をプレゼントされることすら初めてのマクシーは、嬉しい気持ちが溢れて泣いてしまうのだった…。

「オークの樹の下」13話:感想

照れながら花をプレゼントするリフタンと、それを受け取って嬉しくて泣いてしまうマクシーのやりとりが最高に可愛かった今回のお話!

このシーンはぜひぜひ本編を読んでキュンキュンしてほしいシーンでもあります!

一方で、商人たちに振り回されることになるマクシー。

純粋過ぎて詐欺にあっても気付かなそうなマクシーなので、誰か傍で支えて欲しいとも思えますね…!

マクシーは城の管理をきちんとできるのか?

今後も見逃せない展開です!

「オークの樹の下」13話を無料で読む方法

オークの樹の下1話ポスター
引用:めちゃコミック

2024年1月12日現在「オークの樹の下」13話は…

めちゃコミで60ptで読める

となっており、無料で読む方法はありませんでした。

ご興味のある方は、下のボタンから読めます。

めちゃコミックにて独占先行配信中

オークの樹の下がrawやpixivやピッコマで無料で読めるか調査した結果はこちら

「オークの樹の下」13話のネタバレと感想をご紹介:まとめ

今回は「オークの樹の下」第13話のネタバレ・感想をご紹介させていただきました!

あらすじを軽くまとめますと…

  • マクシーは城の管理に取り組みだすのだが、責任を感じて色々悩んでいた
  • 商人たちは押しも強く、マクシーは振り回されてしまう
  • ある日、マクシーはリフタンから花をプレゼントされ、嬉しくて泣いてしまった!

となります!

省いている内容がございますので、ご興味がありましたら購入してお楽しみください!

  • 商人たちとマクシーのやりとり(マクシーは振り回されっぱなしです)
  • 花をプレゼントして照れたリフタンの様子(可愛いのでぜひ本編で!)

を省いております!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!!

めちゃコミックにて独占先行配信中

前話はこちら 次話はこちら

『オークの樹の下』のネタバレまとめに戻る

よかったらシェアしてね!
目次