『オークの樹の下』16話のネタバレと感想を紹介!リフタンとの少しの別れ

当ページのリンクには広告が含まれています。
オークの樹16話ネタバレアイキャッチ画像

本記事は、めちゃコミックにて配信されている「オークの樹の下」16話のネタバレを紹介する記事となっております!

  • 「オークの樹の下」が広告に表示されて気になっている
  • 「オークの樹の下」を購入しようか迷ってる
  • あらすじやネタバレを見てから購入したい

そんな方にオススメの記事となっておりますので、是非ご覧になってください。

それでは「オークの樹の下」16話のネタバレやあらすじ、感想をご紹介していきます!

めちゃコミックにて独占先行配信中

前話はこちら 次話はこちら

※当サイトは完全な紹介サイトではありません。
購入のきっかけになるような記事作りを心がけておりますので、ご理解ください。

『オークの樹の下』のネタバレまとめに戻る

目次

「オークの樹の下」16話:ネタバレ

とうとう雨季も終わり、リフタンが王都へと旅立つ日がやってきた。

寂しさを抱えながらもリフタンの旅立ちを見送るマクシー。

「ちっ、俺だって離れたくねぇ」

一方でリフタンも寂しさを抱えていたようで、そんな台詞をマクシーに告げ、強く抱きしめてくるのだった。

__________

その後、主力部隊の兵士と共にリフタンは王都へと向かってしまい、城門には見送った兵士や使用人たちが残っていた。

そんな中で執事であるロドリゴに感謝されるマクシー。

というのも、マクシーが妻としてこの城に来るまで、リフタンは「帰ってくる」などの約束をしたことはなかったのだ。

アナトールの魔物たちを狩り、人々が安全に住めるよう私財を投じて平和な現在のアナトールを作ってきたリフタンだったが…それほど、この地に思い入れはなかったようで…?

「奥様がこちらに来たことでやっと、領主様もここが家だと感じてくださったみたいです」

ロドリゴだけじゃなく、他の使用人たちからも感謝されるマクシー。

しかし同時に、マクシーはそう期待を寄せられると怖くなってしまって…?

”もし、私が無能だと知られたら…”

そう考えると不安が押し寄せ、その日マクシーは高熱を出してしまった。

使用人たちに介抱されながらも、不安でいっぱいになるマクシー。

”私は、また捨てられてしまうかもしれないわ…”

「オークの樹の下」16話:感想

とうとう、リフタンが王都へと出発してしまいました。

心細さが残ったまま、リフタンの領地であるアナトールに残されたマクシー。

この先、色々と波乱の展開がありそうで目が離せませんよね!

ただ、心強いのは使用人たちがマクシーに関して好意を寄せていること。

魔法使いであるルースも味方みたいですし、今後の活躍にも期待です!

「オークの樹の下」16話を無料で読む方法

オークの樹の下1話ポスター
引用:めちゃコミック

2024年1月12日現在「オークの樹の下」16話は…

めちゃコミで60ptで読める

となっており、無料で読む方法はありませんでした。

ご興味のある方は、下のボタンから読めます。

めちゃコミックにて独占先行配信中

オークの樹の下がrawやpixivやピッコマで無料で読めるか調査した結果はこちら

「オークの樹の下」16話のネタバレと感想をご紹介:まとめ

今回は「オークの樹の下」第16話のネタバレ・感想をご紹介させていただきました!

あらすじを軽くまとめますと…

  • 王都に出発する日がやってきて、別れを惜しみながらもリフタンは王都へ向かう
  • ロドリゴや使用人たちに感謝されるマクシーだが、一方で期待されると不安も大きくなってしまった
  • マクシーは不安からか、高熱を出してしまった

となります!

省いている内容がございますので、ご興味がありましたら購入してお楽しみください!

  • 城の警護に残った兵士たち(魔法使いのルースは残ってくれるみたいです)
  • リフタンとマクシーの別れのシーン(キスシーンがドキドキです♡)

を省いております!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!!

めちゃコミックにて独占先行配信中

前話はこちら 次話はこちら

『オークの樹の下』のネタバレまとめに戻る

よかったらシェアしてね!
目次