「朧の花嫁」全話ネタバレまとめ!盲目の男性×痣のある女性の大正ラブロマンス

当ページのリンクには広告が含まれています。
朧の花嫁ネタバレまとめアイキャッチ画像

「朧の花嫁」は痣のせいで実家から冷遇された女性と、女性嫌いの盲目の男性が婚約し、愛を育む大正ラブストーリーです。

めちゃコミックオリジナル独占先行配信作品で、2024年6月現在はめちゃコミックで37話まで更新中です。

本記事では「朧の花嫁」の全話ネタバレまとめや作品の見どころを紹介しています。

6/18まで1話~11話無料

今だけなのでお早めにお読みください

▲めちゃコミックで独占先行配信中▲
※2024年6月11日現在は無料です

朧の花嫁~かりそめの婚約は、青く、甘く~が無料で読めるか調査した結果

目次

朧の花嫁ネタバレ全話まとめ!

以下、朧の花嫁のネタバレ一覧です。
※32話まで更新中(2024年6月11日現在)

1話2話3話
4話5話6話
7話8話9話
10話11話12話
13話14話15話
16話17話18話
19話20話21話
22話23話24話
25話26話27話
28話29話30話
31話32話
記事内のネタバレ箇所に飛びます
『朧の花嫁』登場人物
  • 伊知地 清子(いちじ きよこ)
    伊地知家の長女。生まれつき青い痣があり、そのせいで両親や妹から冷遇されていた。
  • 岩倉 朔弥(いわくら さくや)
    岩倉家の長男。優れた洞察力と先見の明を持ち、岩倉貿易会社の専務を務める。その容姿から多くの女性に求婚され、女性が苦手に…。目が見えない。
  • 瀧川
    岩倉家の使用人で、朔弥の世話係。幼いころから朔弥のそばにいたため、朔弥も頭が上がらない。
  • 岩倉 哲嗣(いわくら てつつぐ)
    朔弥の弟。
  • 伊知地 優子(いちじ ゆうこ)
    清子の妹。

朧の花嫁1話ネタバレ

旧華族の伊知地家の長女、清子は母親に打たれ、唇から血を流していた。

清子は生まれつき顔にあざがあり、一族で虐げられていたのだ。

妹の優子は潔子とは正反対で明るく美しい。

そんな扱いを受けている清子が

お見合いの話が優子に来ていたが、清子の方が相応しい

と母親に伝えられ…

1話ネタバレの続きと感想はこちら

朧の花嫁2話ネタバレ

清子は結局追い出されることとなり、雪の道を1人で歩いていた。

お見合いに行く前の日のこと。

清子はいつも良くしてくれるお寺の奥さんに会いに行っていた。

そこで奥さんは

気に入らない相手だったら悪態をついて出ていけばいいのよ。清子さんならきっと大丈夫。

と後押しをしてくれた。

その言葉を信じたかった清子だったが…

2話ネタバレの続きと感想はこちら

朧の花嫁3話ネタバレ

清子は朔弥の家で熱に浮かされ、涙を流していた。

目を覚ますと、朔弥がそばにいて、どうやら清子が悪夢を見ているので声をかけているようだった。

そんな朔弥の声を聞いて、昨日とは声が全然違って温かいと感じていた。

使用人の瀧川が

顔もぶつけていたようであざがあった

と心配していたので、朔弥が清子の顔にそっと触れる。

あざについて言われた清子は涙が溢れてしまい…

3話ネタバレの続きと感想はこちら

朧の花嫁4話ネタバレ

朔弥の家で休養をとっていた清子はだいぶ回復し、家の手伝いを積極的にしていた。

新聞の読める清子は朔弥の元に新聞を届け、部屋で読んで聞かせているような仲にまでなっていたのだ。

朔弥の方も清子についてはずっと気にかけているようだった。

そんな清子について、移動中の車内で正孝から調査結果を聞かされる。

朔弥の思っていた通りの暮らしぶりに、やはり放っておくことはできないと考えていた。

4話ネタバレの続きと感想はこちら

朧の花嫁5話ネタバレ

朔弥は母親を目の前にし、

清子と婚約する

と断言した。

社交的な補助もできる女性を朔弥の妻として迎えたいと考えていた母は大反対。

それに対しても怯まずに、

この目のことを知っても普通に対応してくれたのは清子だけだった

と朔弥は話す。

その言葉を聞いて母は…!?

5話ネタバレの続きと感想はこちら

朧の花嫁6話ネタバレ

清子の実家から届いた手紙には、至急帰ってくるようにと書かれていたので、早速実家に清子は家の外から様子を覗き込んでいた。

すると実家では、

清子は岩倉様に気に入られたようだ。安売りしすぎにならないよう、一旦帰るように文は出したが、岩倉家から援助が受けられれば新たに女中を雇うのもいいな

と話し合っている声が聞こえる。

思わず身を乗り出した清子だったが…!?

6話ネタバレの続きと感想はこちら

朧の花嫁7話ネタバレ

清子は朔弥の婚約者として、もっとふさわしくなれるように努力を決意。

そして朔弥も清子に自信を持ってもらうための方法を考えていた。

ある日。

清子は、瀧川に呉服店に連れてこられた。

「清子さん、はじめまして。」

呉服店の店主がにこやかに挨拶してきて…

7話ネタバレの続きと感想はこちら

朧の花嫁8話ネタバレ

金田、瀧川と一緒に喫茶店前で話をしていると、清子の近くに荷馬車が突っ込んできた。

「?!」

「荷馬車が停車中の車に当たったようです・・・。危なかった。」

金田が清子を荷馬車から避けてくれたおかげで清子は無事だった。

「ガソリンの匂いがしますね・・・ちょっと行ってきます。」

そういうと金田は暴走した馬を落ち着かせに行ってしまった。

すると、近くで外国人の女性が赤ちゃんを抱えて泣き叫んでいて…!?

8話ネタバレの続きと感想はこちら

朧の花嫁9話ネタバレ

事故の治療の後、清子と金田が話していると朔弥が病院にやってきた。

朔弥は清子に近づいて、怪我の具合を気にかけている。

「腕以外に怪我はないか?」

「はい、すいませんでした……」

「清子を車に乗せてくれ、瀧川。」

朔弥と金田が2人になると、朔弥からこう切り出し…!?

9話ネタバレの続きと感想はこちら

朧の花嫁10話ネタバレ

岩倉家への嫌がらせは相変わらず続き、清子は玄関前にある生ごみを掃除しながら不安な様子だ。

その頃、朔弥は南洋の病気の影響で会社経営が不安定になっていることに頭を悩ませていた。

そして実は、生ごみとは別に会社経営に関する新聞なども玄関前に捨てられていたのだ。

「この新聞を清子は見たか?」

「いえ、そちらは私が早々に回収しました。ですが生ごみのことは心配しているようです。」

そう瀧川が話す。

「もしかして、あの新聞などは母が・・・」

10話ネタバレの続きと感想はこちら

朧の花嫁11話ネタバレ

清子はお寺の帰り道、普通ではない様子の源に声をかけた。

「源ちゃん、その血!大丈夫なの!?」

「え?あっ、これは・・・。」

清子が血の付いた源の手元をよく見ると、動物の死骸が見えて…!?

11話ネタバレの続きと感想はこちら

朧の花嫁12話ネタバレ

清子は近藤がお弁当を忘れていることに気が付き、朔弥の会社まで届けることにした。

その頃、朔弥は会社で元栄(社長/朔弥の父)や近藤と仕事について話し合いをしている。

朔弥が発案した事業は世界も視野に入れているようだ。

「ところで、清子さんにかなり入れ込んでいるようだな?なぜだ。」

「清子は…

朔弥は清子への想いを言い始め…!?

12話ネタバレの続きと感想はこちら

朧の花嫁13話ネタバレ

清子は、先日哲嗣に言われた心無い言葉がずっと胸に刺さっていた。

朔弥は清子の異変を感じ取り、”二人で温泉に行くことが負担なのだろうか?”と心配している。

ある日。

瀧川と清子は、温泉へ行く支度をあれやこれやと楽しそうに考えていた。

清子は痣のことは仕方ないが”朔弥のために役に立とう”と温泉に行くことに前向きな気持ちになっていた。

13話ネタバレの続きと感想はこちら

朧の花嫁14話ネタバレ

朔弥と清子と正孝は献湯式を行う場所に到着。

清子は献湯式のやり方を教わっていたが、献湯式に使われる場所は階段が多く少し不安だった。

__________

祭り前日にも関わらず、参拝者が多い。

朔弥が清子のことを心配していると、突然誰かに腕を掴まれた。

「?!」

「あっ、突然すみませんでした!北セメントの伊達と申します。」

「大丈夫です。何かお話が?」

伊達と朔弥は仕事について話し合いを始める。

すると突然、のぼりの旗が朔弥たちに倒れてきて…!?

14話ネタバレの続きと感想はこちら

朧の花嫁15話ネタバレ

先ほどの花魁が清子のもとへやってきて、こう言った。

「清子ちゃん、覚えてない?私、ミイだよ。」

そう言われ、清子はミイが同じ小学校の”燃料屋のミイ”と思い出す。

昔、ミイは家が貧しいという理由でイジメにあっていた。

ミイは生活苦から大門に売られ、花魁になったようだ。

「それで、清子ちゃんはあの旦那と結婚を?」

15話ネタバレの続きと感想はこちら

朧の花嫁16話ネタバレ

献湯式を無事終えた朔弥と清子は、函館の朝市に来ていた。

ホタテの焼けるいい香りがし、朔弥は待ちきれない様子。

そこへ店員の女性が清子に声をかけてきた。

「清子ちゃん、これに出ないのかい?」

店員が見せてくれたのは、新聞の”函館料理審査会”の記事で…!?

16話ネタバレの続きと感想はこちら

朧の花嫁17話ネタバレ

審査会場にいた清子は、スタッフに声をかけられる。

「岩倉さま以外は男性ですので・・・別室にご案内します。」

清子は自分だけが隔離された理由を分かってはいたが、笑顔でお礼を言う。

一人になった清子は、帰れと言われないだけマシだと思った。

そして何気にカバンの中を見ると…

17話ネタバレの続きと感想はこちら

朧の花嫁18話ネタバレ

朔弥は寝ている清子に近づくと、そっとキスをしてそのまま寝てしまった。

後日。

会社では朔弥の父が清子の仕事ぶりに称賛が集まっていると、嬉しそうに朔弥に話す。

「当たりまえのことです。」

「はは!そうか。今日の清子さんの弁当もうまそうだな!」

そういうと、父は朔弥が持ってきた弁当を…!?

18話ネタバレの続きと感想はこちら

朧の花嫁19話ネタバレ

朔弥が清子に”連れていきたい所がある”と言い、2人は函館大沼へ向かった。

「湖面の景色がとってもきれいで見とれてしまいます。」

「清子、橋の方に行ってみよう。」

朔弥はこの橋の完成式の時、橋に触れられなかったことを話す。

「みなさん、とてもうれしそうに渡っていますよ。」

「それは……

19話ネタバレの続きと感想はこちら

朧の花嫁20話ネタバレ

函館大沼から帰宅して数日後。

朔弥と清子が家でくつろいでいると、正孝が慌てた様子でやってきた。

「朔弥いるか?!緊急事態だ!」

正孝によると、芽沼炭鉱の現場で崩落事故が相次いで作業員たちの暴動が起きているというのだ。

「事故の原因をめぐって言い争いになったようだ。哲嗣くんが対応しているが…」

20話ネタバレの続きと感想はこちら

朧の花嫁21話ネタバレ

炭鉱に到着後、昨日から哲嗣が戻っていないことを知らされた朔弥と清子。

現場の監督が説明するには坑内の鉱員に話を聞くために詰所で待機させていたが、目を離した隙にいなくなったとのこと。

それを聞き、手に力が入る朔弥。

事務所に戻り、崩落の原因について話を聞くことに…

21話ネタバレの続きと感想はこちら

朧の花嫁22話ネタバレ

炭鉱の中で目を覚ました哲嗣は、近くを通りがかった女性たちに助けられた。

「おい!あんた、大丈夫か!?」

その声に安心した哲嗣は、そのまま気を失ってしまう。

一方、病院からの連絡をうけた朔弥たちは…!?

22話ネタバレの続きと感想はこちら

朧の花嫁23話ネタバレ

事務所に戻ってきた清子は、朔弥や近藤、小川が倒れていることに気づく。

「みなさん、しっかりしてください!!」

外を見ると、従業員と思われる人たちが火を持って事務所を囲んでいる。

”皆さんがこんなに目を覚まさないなんて…まさか、食事に何か仕込まれていた?!”

そう思いながら清子は助けを呼ぶために走るが…!?

23話ネタバレの続きと感想はこちら

朧の花嫁24話ネタバレ

燃え盛る事務所の中に飛び込んでいった清子。

一方、朔弥は「さっきの女性があなたに渡してって……」とそこにいた人から杖を預かった。

”ぁあ…清子!!”

_________________

清子は、足にやけどを負いながら階段を駆け上がり、哲嗣の部屋にたどり着く。

「大丈夫ですか?!哲嗣さん!?」

しかし、そこに哲嗣の姿はなく…!?

24話ネタバレの続きと感想はこちら

朧の花嫁25話ネタバレ

朔弥が監督たちに刀を振り上げた時…

「朔弥さま!おやめください!哲嗣さんも私も無事ですから!!」

「…この声は、清子か?」

監督たちに向けていた刀を鞘に納めた朔弥は、今度は鉱員たちに向かい…!?

25話ネタバレの続きと感想はこちら

朧の花嫁26話ネタバレ

「このまま病院へ向かってくれ」

芽沼の炭鉱での火事で足に火傷をしていたものの、朔弥には隠していたはずの清子。

しかし、翌日の帰り道で清子は隠し事がバレていたことを知る。

「え…その…す、すみません」

「俺に隠し事をするなよ」

その後、清子の足の火傷も時間が経つに連れてゆっくりと完治に向かった。

炭鉱での問題も解決に動き出しているらしく…!?

26話ネタバレの続きと感想はこちら

朧の花嫁27話ネタバレ

領事夫婦に誘われ、欧州少年合唱団の発表会にやってきた朔弥と清子。

そこで清子は、夫人の翻訳を担当していたマーガレットという女性と出会う。

マーガレットは綺麗な緋色の髪の女性であり、領事夫婦から清子のことを聞いていたようで気さくに話しかけてくれた。

「清子の髪はつやつやした黒髪で素敵ね!」

「え…そんなこと言われたのは初めてだわ!ありがとう…!」

27話ネタバレの続きと感想はこちら

朧の花嫁28話ネタバレ

朔弥が出張のために家を去った後、清子の元へとやってきたのは朔弥の母親だった。

「あなたも岩倉の人間なのだから、これくらいやってもらわないと困るわ」

清子を気に入っていない義母は、そう冷たいセリフを告げて家を出ていく。

清子の元へ残されたのは義母が綺麗にするように命じた屋敷の鍵で…!?

28話ネタバレの続きと感想はこちら

朧の花嫁29話ネタバレ

若い男性は清子の持っていた時計に興味を示す。

「この時計はどこから?」

「これは、人から預かっています。」

「人って…誰?」

「岩倉朔弥さまです…私は婚約者の清子といいます。」

「僕は武嶋廉太郎というものです。礼司さんと一緒に仕事していたことがあって…そうか、時計は朔弥に…。」

そして廉太郎は昔を思い出す。

29話ネタバレの続きと感想はこちら

朧の花嫁30話ネタバレ

社長室に入ってきた清子に声をかけてきたのは、廉太郎にそっくりな人物だった。

清子は驚きながらも挨拶をする。

”あれ?廉太郎さんと同一人物?”

困惑していると、社長がその人物の紹介をし始めた。

「昔、この会社で働いていた武嶋君だ。最近海外から戻ってな、礼司の屋敷の売却を担当してもらうんだ。」

すると男性は清子に近寄り…!?

30話ネタバレの続きと感想はこちら

朧の花嫁31話32話ネタバレ

清子はその日、朔弥に誘われて買い物に来ていた。

初めてやってきた百貨店だったが、そんな中で清子はかつて知り合ったメアリーと再会する。

「きゃー、清子久しぶりね!私も今日朔弥さんから誘ってもらったのよ!」

朔弥たちが仕事や付き合いの関係で挨拶をしている中、メアリーと2人で百貨店内を回ることになった清子は…!?

31話32話ネタバレの続きと感想はこちら

6/18まで1話~11話無料

今だけなのでお早めにお読みください

▲めちゃコミックで独占先行配信中▲
※2024年6月11日現在は無料です

『朧の花嫁』見どころを紹介

どこか他の有名作品と似てるように感じますが、全く違います!

舞台は今よりも障害のある人たちへの差別が激しかった大正時代。

生まれながらに痣を持つ女性と、目の見えない男性がお互いに惹かれ、周囲の好奇の目や偏見に負けることなく生きる姿が美しい!

生まれてからずっと疎まれてきた清子の、おどおどした表情や自信なさげな発言など、リアルな描写が多いのも本作の魅力です。

無料公開中の11話まで読んでもらえれば、本作の儚く美しい世界観が分かってもらえると思います!

ちなみに本作の原作小説は完結しているので、ぜひそちらも読んでいてください♪

『朧の花嫁』最終回結末予想と原作がどこで読めるか調査した記事はこちら

朧の花嫁の作品情報

朧の花嫁1話表紙
画像引用:めちゃコミック

時は大正。元華族 伊知地家の長女である清子は、器量良しだが顔に痣があることを理由に妹と比べられ、家族から使用人のような扱いを受けていた。運命を変えたい一心でお見合いに向かうが、相手の朔弥は目が見えなくて──…!?※本作品は小説投稿サイト「エブリスタ」で人気の「朧の花嫁」のコミカライズです。

引用:めちゃコミック
ジャンル女性漫画
出版社めちゃコミックオリジナル
作者いなせ多希 みちふむ
配信開始日記載なし
2024年6月11日

朧の花嫁ネタバレ全話:まとめ

  • 「朧の花嫁」は痣のせいで実家から冷遇された女性と、人嫌いの盲目の男性が婚約し、愛を育む大正ラブストーリー
  • 見どころは、繊細でリアルな心理描写

という感じです!

また、当記事は最新話が更新されるたびにネタバレを更新していきます!

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

6/18まで1話~11話無料

今だけなのでお早めにお読みください

▲めちゃコミックで独占先行配信中▲
※2024年6月11日現在は無料です

よかったらシェアしてね!
目次