『この学校には、弁護士が必要です』8話のネタバレと感想を紹介!泣き寝入りはさせない!

当ページのリンクには広告が含まれています。

記事は、めちゃコミックオリジナルにて出版されているこの学校には、弁護士が必要です8話のネタバレやあらすじ、感想を紹介する記事となっております!

  • 『この学校には、弁護士が必要です』が広告に表示されて気になっている
  • 『この学校には、弁護士が必要です』を購入しようか迷ってる
  • ネタバレや感想を見てから購入したい

そんな方にオススメの記事となっておりますので、是非ご覧になってください。

それでは『この学校には、弁護士が必要です』8話のネタバレやあらすじ、感想をご紹介していきます!

めちゃコミックにて独占配信中

前話はこちら 次話はこちら

※当サイトは完全な紹介サイトではありません。
購入のきっかけになるような記事作りを心がけておりますので、ご理解ください。

『この学校には、弁護士が必要です』のネタバレまとめに戻る

「この学校には弁護士が必要です」がrawやmanga rawで無料読みできるか調査した結果

目次

「この学校には、弁護士が必要です」8話:ネタバレ

場面は、クラスの問題に頭を悩ませている担任の木根(きね)のシーン。

木根は他の教師たちから責められ、窪園という生徒の処遇に悩んでいた。

窪園の父親は市議であり、母親は面倒なクレーマーで、そんな窪園家を敵に回すことは木根にとっても面倒なことだったのだ。

”くそ…これが一番正しい方法だろう!!”

窪園の代わりに他の生徒をイジメの加害者に仕立て上げた木根。

それは木根にとっても苦渋の決断で…?

__________

場面は弁護士である國崎の視点へと変わる。

イジメの加害者であるはずの窪園ではなく、時田月子という他の生徒が処分されたことに疑問を感じていた國崎。

そんな時、國崎の元へイジメの被害者でもある澪と澪の母親がやってきた。

「月子は私を庇ってくれた大切な幼馴染なんです。なのに、そんな彼女が巻き込まれるなんて…」

そう言って、悲しんでいる様子の澪。

そのほか、澪は担任から脅されたことについても詳しく話してくれた。

「わかりました。学校内のイジメといえど、きちんと法律で裁かなければいけません。このまま野放しにして、新たな被害者を産むわけにもいきませんからね」

「先生お願いです、月子を助けてください」

そんな澪の言葉を聞き、國崎はまた立ち上がることとなった。

「この学校には、弁護士が必要です」8話:感想

クラスの問題と権力を持った親との間に挟まれる教師の木根の悩みが明かされていましたが…それにしても、無罪の生徒をいじめの加害者にするのは流石にやりすぎですよね。

今後のお話では、そんな木根がしっかり裁かれることになりそうです!

一方で、イジメの加害者でありながら親の権力で処分を逃れた窪園。

そんな窪園の今後に関しても気になる部分です!

弁護士である國崎は、徹底的にイジメの加害者たちを追い詰める様で…?

もう今後も見逃せない展開が続きそうです!

「この学校には、弁護士が必要です」8話を無料で読む方法

この学校には弁護士が必要です1話ポスター
引用:コミックシーモア

2024年1月13日現在、『この学校には、弁護士が必要です』8話は…

めちゃコミで50ptで読める

となっていますので無料で読む方法はございません。

しかし、めちゃコミックで独占配信中なので、気になった方はぜひ読んでみてください!

「この学校には弁護士が必要です」がrawやmanga rawで無料読みできるか調査した結果

めちゃコミックにて独占配信中

「この学校には、弁護士が必要です」8話のネタバレと感想をご紹介:まとめ

今回は「この学校には、弁護士が必要です」第8話のネタバレ・感想をご紹介させていただきました!

あらすじを軽くまとめますと…

  • 担任の木根はクラスのイジメ問題と、権力をもった親との間に挟まれ悩んでいた
  • 幼馴染の月子が勝手にイジメの加害者にされており、澪は弁護士である國崎の元へ向かう
  • 澪は國崎に「月子を助けてほしい」とお願いして…?

となります!

省いている内容がございますので、ご興味がありましたら購入してお楽しみください!!

  • 澪と澪の母親のやりとり(泣き寝入りをせず、戦うことを決めた2人です!)
  • 「助けてください」と言われた國崎の反応(ここは格好良すぎるシーンでした!)

を省いております!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!!

めちゃコミックにて独占配信中

前話はこちら 次話はこちら

『この学校には、弁護士が必要です』のネタバレまとめに戻る

よかったらシェアしてね!
目次