『セフり、ソフられ』4話5話のネタバレや感想の紹介!歌恋への罪悪感

当ページのリンクには広告が含まれています。
セフり、ソフられ4-5話ネタバレアイキャッチ画像

本記事は、白泉社にて出版されているセフり、ソフられ4話5話のネタバレや感想を紹介する記事となっております!

セフり、ソフられ』が広告に表示されて気になっている
セフり、ソフられ』を購入しようか迷ってる
内容を見てから購入したい

そんな方にオススメの記事となっておりますので、是非ご覧になってください。

それでは『セフり、ソフられ』4話5話の内容と感想をご紹介していきます!

無料会員登録で70%OFF
修正ほぼなし!

▲コミックシーモアで先行配信中▲

前話はこちら 次話はこちら

※当サイトは完全なネタバレサイトではありません。
購入のきっかけになるような記事作りを心がけておりますので、ご理解ください。

→『セフり、ソフられ』のネタバレまとめに戻る

目次

『セフり、ソフられ』4話5話:内容

美森に「私じゃ歌恋ちゃんのかわりにならない?」なんて告げられて抱きしめられると、望はもう我慢できなかった。

そのまま美森のことを押し倒し、体に触れていく望。

今まで歌恋一筋で彼女を作らなかった望にとって初めての体験でもある。

「大丈夫、赤瀬君の初めての相手になれて嬉しいよ」

美森に可愛くそう告げられて、望は煽られてしまう。

色々手探りで美森の体に触れていく望。

美森もサポートしてくれながら、2人は初めて体の関係を持ってしまうのだった。

__________

翌朝、美森とのセッ○スが終わって望はドキドキしながらも少し罪悪感を感じていた。

「またいつでもここに来てね」

そう言って美森は笑顔で見送ってくれたものの、部屋を出た瞬間その場にしゃがみこんでしまう望。

どうしても頭に浮かんでしまうのは歌恋の顔だった。

__________

その後、望は歌恋と顔を合わせる。

「なんで昨日は居なかったの!連絡も無視されるし!」

「あ、ごめん。でもお前なら他にも相手がいるじゃん」

「そうだけど…望が良かったのに」

そう言って腕に抱きついてきた歌恋を見て、望は罪悪感でまた胸が痛んだ。

”歌恋の態度はいつも俺を期待させる。でも、駄目だ。期待してもその先にはなにもない”

望はそう自分に言い聞かせるのだった。

『セフり、ソフられ』4話5話:感想

バイト先の先輩である美森とセッ〇スしてしまった望。

『セフり、ソフられ』なんてタイトルの通り、望と美森がセフレ、望と歌恋がソフレになるのかなと思います。

一方で、歌恋を好きでいながらも美森を抱いてしまったことに罪悪感を感じている望。

望自身、今のはっきりしないセフレ関係やソフレ関係は良くないと思っているんですよね。

今後どうなるのが、凄く気になる3人の関係ですね!

『セフり、ソフられ』4話5話を無料で読む方法

セフり、ソフられポスター
引用:コミックシーモア

2024年5月10日現在、『セフり、ソフられ』4話5話は…

コミックシーモアで66円(税込)
(70%OFFクーポン利用で19円(税込))

となっております

ただ、コミックシーモアなら新規会員登録で70%OFFクーポンがもらえるので、ぜひこの機会に『セフり、ソフられ』をお得に読んでみてはいかがでしょうか?

無料会員登録で70%OFF
修正ほぼなし!

▲コミックシーモアで先行配信中▲

「セフり、ソフられ」が漫画rawで無料読みできるか調査した結果

『セフり、ソフられ』4話5話のネタバレと感想をご紹介:まとめ

『セフり、ソフられ』4話5話のネタバレ・感想をご紹介させていただきました!

内容を軽くまとめますと…

  • 望は美森に誘われて、ついついセッ〇スしてしまった
  • 望は未だに歌恋に片思いをしており、美森とのセッ〇スの後は罪悪感を感じてしまう
  • 美森はそんな望のことを理解しているようで、優しく「また来てね」と送り出してくれた
  • 歌恋の態度にドキドキしてしまう望は、”好きになってもその先はない”と自分に言い聞かせている

となります!

省いている内容がございますので、ご興味がありましたら購入してお楽しみください!!

  • 望と美森の初体験の様子(ここはもう絶対に本編を見て楽しんで下さい!)
  • 美森とのピロートークシーン(大人な美森にドキドキするシーンでした!)
  • 歌恋からのお願いごと(5話のラストシーンは注目です!)

を省いております!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!!

無料会員登録で70%OFF
修正ほぼなし!

▲コミックシーモアで先行配信中▲

前話はこちら 次話はこちら

→『セフり、ソフられ』のネタバレまとめに戻る

よかったらシェアしてね!
目次