シャドーハウス123話ネタバレ!リッキーの失敗

漫画・アニメ

シャドーハウス前話では、決闘が起き、勝者のダグラスが風紀班を務めることになりましたね。

123話では、ショーンたちが話し合いで誰がすす能力を使ったのかの答えを導き出しました。

という事で、シャドーハウス123話のネタバレをご紹介していきます!

▼30日間無料トライアル実施中▼
期間内に解約で金額0円

初回ポイントで3冊分無料
▲取扱作品数13万以上!無料作品も充実▲

シャドーハウス123話ネタバレ!

バービーに気に入られていると思っていたリッキーは、バービーに蹴りを入れられたことで撃沈。

自分の行動がパトリックの足を引っ張る結果になってしまったことに、ひどくショックを受けていた。

さらには、バービーから「思い上がり」とのあだ名までつけられてしまったのだった。

手を取りに行こうとしたエミリコよりも行動が早かったのはルウで、みんなが見ている前で手を差し伸べる。

エミリコは、班長だからとわきまえルウを呼び戻す。

すると、すかさず風紀班がかけ寄っていき見かけ上ではリッキーのことをフォローするのだった。

子どもたちの間では風紀班は憧れの存在として確立しており、かなり評価が高かった。

ゴミ捨て中の会議

掃除が終わる頃、ゴミ捨てのタイミングを利用してショーン・リッキー・ルウの3人は無能力者狩りについて話し合っていた。

1班から2人もくると怪しまれるため、エミリコは参加できていなかったが、後で話し合った結果を伝えることにした。

無能力者狩りの犯人としてショーンが怪しんでいたのは、風紀班

風紀班は自作自演を行い、自分たちの地位を上げようとしていたのではないかと考えたのだ。

風紀班のすす能力と事件の際に使われたすす能力が同じだと証明できれば証拠として提示できるが、それはかなり難しいことだった。

この3人の話し合いの結果として出た答えは、子どもたちのすす能力の情報を握っているであろう星つきと仲良くなり、情報を得ること。

この作戦についてはルウがエミリコに伝えることになった。

リッキーとパトリック

リッキーは失敗について考えながらパトリックの世話をしていた。

どうやらリッキーの元気がないことに気づいたパトリックは、リッキーに声を掛ける。

すると、前から自分は優秀ではなかったと考えながらリッキーが

「伝えたいことがあります」

と言い出すのだった。

シャドーハウスで唯一無二の世界観を味わいませんか?

シャドーハウスは現在週間ヤングジャンプにて連載中の作品です!

すすを操る顔のない貴族のファンタジーという他にはない題材で、館や服装。
立ち振る舞いなど、かなり高貴でしっかりと作り込まれた世界観の漫画となっています。

登場人物たちのそれぞれの悩みや葛藤などがリアルでとても面白いし、絵も繊細で美しいので是非本編を読んでみてください!

ヤングジャンプを読むなら

コミック.jp3冊無料
(最新刊毎週木曜更新)

となっております!

▼30日間無料トライアル実施中▼
期間内に解約で金額0円

初回ポイントで3冊分無料
▲取扱作品数13万以上!無料作品も充実▲

シャドーハウス123話ネタバレまとめ

今回はシャドーハウス123話のネタバレご紹介いたしました。

まとめると…

・リッキーは失敗をなどになり引きずっていた
・ショーン、リッキー、ルウの3人はゴミ捨て中に会議をし、やはり星つきと仲良くなるのが一番近道だという答えが出る
・リッキーはパトリックに伝えたいことがあると言い出し…

こんな感じです!

当記事では以下の内容を省いてご紹介しています。

・風紀班のリッキーの助け方
・エミリコの振る舞い
・3人の会議の詳しい内容
・リッキーとパトリックの会話

シャドーハウス本編では表情などにも微細な表現がされています。

絵から得られる情報も多いと思いますので、ぜひ読んでみてください!

それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました。

122話ネタバレ← →124話ネタバレ