スパイファミリー55話ネタバレ!壮絶な死闘、ついに決着…?

SPY×FAMILY

前話では前話ではアーニャの活躍で武器を取り戻したヨルが、遂に手練れの賞金稼ぎのじいさんを倒すところまででしたね。

スポンサーリンク

55話では爆弾解除に動くロイドが活躍する回になると思うのですが、果たしてどうでしょうか?

と言う事で、スパイファミリー55話ネタバレをご紹介していきます!

スパイファミリー55話ネタバレ!壮絶な死闘、ついに決着…?

それではさっそくスパイファミリー55話についてネタバレしてきますね。

客船に仕掛けられた爆弾はどこに…?

自分は何のために戦うのだろう?と自身に問いかけていたヨルの長い戦いに決着がつきましたが、ロイドはまだ客船に仕掛けられたはずの爆弾探しで奔走しています。

前回みつけた規模の爆弾では、場所と火薬量が不自然で、到底船が沈むようなものではなかったからです。

ロイドは念のため乗客の避難をと訴えますが、保安局は面子が気になるようで逆に口外を禁じられてしまいました。

船員たち総出で船内のチェックが極秘で行われることになります。

その頃、アーニャはヨルの手助けをするためにキッズルームを抜け出していたので、慌てて戻ろうとしていました。

ところが、足を引き摺りながら歩く賞金稼ぎの男とすれ違い、心の中を読んでしまいます。

わるものの心の声から知ったこととは…?

アーニャがすれ違った男はガーデンの部長に拳銃で撃たれていたので、概ね痛みなどの感情ですが、嗅覚でターゲットを絞り込むその賞金稼ぎの男は、時計塔から爆弾の匂いを感じ取ります。

しかもその爆弾は、情報屋が仕掛けたものだったのです。

分が悪いと感じた賞金稼ぎの男は、ひとまずヨル暗殺を諦め、情報屋のところに向かいます。

それを聞いてしまったアーニャは、船内のチェックをしているクルーに、知らないおじさんが時計塔にはなくそをつけて遊んでいたので掃除してくださいと訴えました。

クルーは一瞬、忙しいからと断りかけますが、このタイミングでの情報に取り合う気になってくれたのです。

わるものたちの終焉…?

賞金稼ぎの男は情報屋の乗り込んだボートに飛び乗ります。

情報屋に抗議する賞金稼ぎでしたが、とりあえず仕切り直しをするからボートを出せと言う賞金稼ぎに情報屋はこの船には一人分の水と食料しか積んでないと言い、争いになります。


一方、順調に船の爆弾を解除していくロイドと船員たちでしたが、上層デッキの時計塔が怪しいと一報を受け、ロイドは時計塔に向かいます。


しかし、時計塔の爆弾は時間がないと見られたため、ロイドは年代物の時計ごと海に投げ捨てました。


そこにはボートの所有を争う賞金稼ぎと情報屋が。

結果として客船を守り抜き、ガーデンの敵も一掃してしまったわけです。

ヨルの護ったものとは…?


アーニャはキッズルームの保母さんに見つかってしまいましたが、その頃ヨルたちガーデンは、無事にオルカたちを別のボートで逃亡させることに成功します。

オルカはヨルとの別れ際、自分の赤ちゃんをハグして欲しいと言ってくれます。

ヨルは戦闘の後ですから手もベトベトで…と辞退しようとしますが、その手がこの子の未来を護ってくれたのだとオルカはヨルの胸に赤ちゃんを預けます。

そしてヨルにとっては困難なことなのかもしれないけれど、ヨルとヨルの家族に穏やかな日が訪れることを祈っていると言って去ります。

部長はヨルにフォージャー家から、明日停泊予定の島で会えないかと連絡が入ったことを告げます。

任務完了の褒美として受け取っておきなさいと。

爆弾を全て始末したロイドがキッズルームにアーニャを迎えに行くと、アーニャはすっかり眠りこけているのでした。

奇しくも互いの存在を認識しないまま、同じ敵と共闘することになったガーデンと諜報員ですが、安全は守られ航海は続くのでした。

SPY×FAMILY55話ネタバレ!:感想


今回は決着回ですので、55話の…というよりは、この航海でのヨルの戦闘に関しての感想になってしまいますね。

ガーデンとしては異例の護衛として乗り込んだはずのヨルでしたが、思いがけず本来の仕事、殺し屋として戦闘することになってしまった一連のエピソードに感動してしまいました。

殺し屋ですから当然、人を暗殺しますが、相手は平和を脅かす悪党で、最初はユーリの平穏をまもるためだけだったはずの仕事に、ユーリはもう一人で生きていける大人なのに、自分は何故まだ暗殺を続けるのかと自問自答するくヨルは一瞬、戦うことも生きることも放棄したかのような瞬間がありましたね。

しかしその戦いこそが、平穏に生きていきたいと望む人たちを護るためで、ならば自分は“いばら姫”として戦うことを止めないと、立ち上がるシーンは鳥肌ものでした。

ロイドも任務ではないのに、爆弾のことを知り奔走してしまうのが、自分たちの乗ったが客船が沈没しては敵わないと言うのももちろんあるのでしょうけど、やはり、子どもが泣く世界にはしたくないと言う“黄昏”としての使命が現れています。

アーニャも狙ったところから大きく外れているとは言え、結果的にちちとははを助ける結果に繋がっていて、このファミリーは任務であるはずなのに、知らない間に家族になっているんだなあと思える回でした。

スパイファミリー55話ネタバレ!壮絶な死闘、ついに決着…??:まとめ

今回はスパイファミリー55話ネタバレ!についてご紹介いたしました。

55話の内容をまとめると

・ヨルにとっては自身の仕事の是非を問う戦闘になってしまったけど勝利したということ。
・客船に爆弾を多数仕掛けられたことを偶然知ったロイドは元海軍の爆弾処理班のふりをして解除しまくったこと。
・アーニャが裏でヨルの仕事やロイドの任務にも協力しまくりだったこと。
・ヨルの仕事は、平穏に生きたいと望む人を護るためのものだということ。


となっています!
ただ、当サイトでは

・保安局が自分たちの面子を保つ為に躍起になるさまの描写。
・賞金稼ぎの男と、情報屋の戦いの描写。
・感傷に浸るヨルとそれをいさめる部長の描写。


などを省いて紹介していますので、詳しく読みたい方はぜひ本編をチェックしてみてくださいね!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

56話ネタバレ

スポンサーリンク