【シャドーハウス】100話ネタバレ!同期会であの子が登場!

シャドーハウス100話ネタバレ シャドーハウス

前話では相変わらずサラが暴走しがちで心配な面がかなりありましたよね。

100話ではみんなの前にあの子が登場し、ケイトがついにシャドーハウスの秘密について同期に話したのです。

ということでシャドーハウスの100話の内容をネタバレしていきます!

スポンサーリンク

【シャドーハウス】100話ネタバレ!

早速100話の内容をネタバレしていきます!

ついにみんなの前にあの子が登場!

ケイトは同期会でみんなに合わせたい人がいるといい、とある子を紹介します。

それは

ラムとシャーリー

でした!

生き人形のみんなは驚愕。

お披露目で落ちたのにいることや、顔の見えない人形の服を着ていることに言及します。

対してシャドーたちは、シャーリーがモーフの形をしていることに気がつかず、どこにいるのかと戸惑っていました。

エミリコは久しぶりにラムに会えたことに大喜び!

抱きついて話したいことがたくさんあると伝えました。

シャーリーの偵察

シャーリーはケイトに頼まれてバルコニーの偵察に行っていました。

ケイトはサラが来る可能性も考えていたため、事前に偵察をお願いしていたのです。

シャーリーはすす能力を使い、リボンの形になってラムの指に巻き付きます。

こうすることで、シャーリーとラムは意思疎通できるからです。

シャーリーがラムに伝えたことは、サラとダグラスがこの同期会を監視しようとしていたということ。

まさにケイトの読み通りであったことがここでわかったのでした。

シャーリーがモーフであることを説明

シャーリーの姿について、ケイトはシャドーはかつてシャーリーと同じ姿。

つまりモーフであったということを隠さずに伝えます。

もちろんすぐにはパトリックは理解ができませんでした。
しかし「自分の部屋で目覚めた以前のことを覚えている?」とケイトに聞かれると答えることができません

モーフは擬態する性質を持っていること。
そして生き人形は人間であるということもパトリックとルイーズに話します。

この事実に対して、リッキーとルウも驚いたのでした。

生き人形とシャドーの生態について詳しくはこちらから
生き人形とシャドーとは?

今までの生活は全て、シャドーが生き人形の影響を正常に受けるために必要なことだったことも伝えると、パトリックたちもなんとなく腑に落ちた様子でした。

お披露目に落ちた後の扱いが酷すぎる!

ケイトに促され、ラムはお披露目に落ちた後のことを話します。

その内容はあまりにひどいもので

生き人形は顔のない人形として口枷をはめられて働かされる
シャドーは通常衰弱死するが、そうでない場合は煤を出すエネルギー源として死ぬまで煤部屋に閉じ込められる

ということ。

これを聞いたみんなはさらに驚き、自分たちは貴族などではなくまるで牢獄だ。

と、自分たちの置かれている状況を理解しました。

シャドーハウスの子どもたちは、大人の養分にされているのだとケイトたちは改めてこの館のおかしさに腹正しく感じたのでした。

シャドーハウス100話の感想

それではネットの反応をご紹介していきます!

ネットの反応

【シャドーハウス】100話ネタバレ!同期会であの子が登場!:まとめ

ここからやっとケイトの反撃が始まる感じがしますね。

同期も同じ目標に向かって進んでいけそうで嬉しいです…。

次の発売が楽しみですね!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

92話93話94話95話96話
97話98話99話101話
スポンサーリンク