【シャドーハウス】107話ネタバレ!明かされたミラーハウスの真実

シャドーハウス107話 シャドーハウス

前話ではついに、エミリコが出会ったシャドーが実はケイト様だったということが発覚しましたね!
話は現代に戻り、ケイトのさらなる秘密について語られました。

107話ではついにミラーハウスとシャドーハウスについて明かされることに!

ということでシャドーハウスの107話ネタバレを推測していきます!

シャドーハウス本誌を読むならebookjapanが一番お得!
初回ログインで50%OFF×6回のクーポンゲット

画像引用:ebookjapan公式サイト

【シャドーハウス】107話ネタバレ!

早速、前話の内容から107話をネタバレしていきます!

かつてのミラーハウス

かつてミラーハウスには誰も素性を知らない貴族が住んでいました。

ミラーハウスは

誰もを歓迎する理想の館

だったのです。

しかし、誰もが知る必要がないという理由でその素性を知りませんでした。

領地も増えていったその館ではとある事件がおき、占領されてしまいます。

モーフによる反乱

その事件とは

館に住むキャサリンの解任を祝って献上されたモーフによる反乱

でした。

1匹のモーフが献上されて以来、病が流行したりいいことがない日々。

そんなある日、いつの間にか増えていたモーフが館に住んでいた人々に襲いかかり居館を占領することになります。

キャサリンは侍女とともに逃げることになりました。

そしてこの事件はなんと誰かが仕組んだものであると侍女はいいます。

というのも、モーフとともに館から逃げていく人影を見たからだそうです。

キャサリンのその後

館から必死に逃げるキャサリンでしたが、馬車の中に侵入したモーフによって、を作られ一体化してしまいます。

その後、一体化について知るはずもない2人は侍女の実家のある集落へ。

その集落についたその時、キャサリンはまるでシャドーのような真っ黒な煤に覆い尽くされてしまったのです。

この姿のキャサリンを実家に連れていくことができなかった侍女は、昔祖母が住んでいた小さな家にキャサリンを運びます。

キャサリンの出産

その小さい家での日々が続き、キャサリンのお腹は次第に大きくなっていきました。

そしてモーフの起こした事件から50年後のある日、女の子が生まれることに!

この女の子こそがケイト。

生まれた時は人間の赤ちゃんの姿です。

つまり

ミラーハウスに住んでいた貴族のキャサリンの娘がケイト

というわけです。

ケイトは、キャサリンに仕えていた侍女の孫として育てられることになりました。

シャドーハウスで唯一無二の世界観を味わいませんか?

シャドーハウスは週刊ヤングジャンプで連載中。

なるべく早くどんな展開になっているのか知りたいですよね!

電子書籍で購入すれば発売日の0時には読むことができますし、いつでもどこでも読むことができるのでとても便利です。

ヤングジャンプでシャドーハウスを読むなら、ebookjapanが圧倒的におすすめ!

というのも

  • どのプラットフォームより一番お得
  • クーポンもたくさん
  • 会員登録不要
  • クレジットカード不要
  • 携帯決済OK

だからです。

シャドーハウス本誌を読むならebookjapanが一番お得!
初回ログインで50%OFF×6回のクーポンゲット

画像引用:ebookjapan公式サイト

ebookjapanでは400円でヤングジャンプを読むことができます。

ポイント制ではないため、無駄に高く課金してポイントを買わなくていいのもいいところですよね!

今なら初回ログインで50%OFF×6回のクーポンももらえるので、超お得に読めちゃいます!!

是非みなさんも本誌でシャドーハウスを追ってみてください!

シャドーハウス本誌を読むならebookjapanが一番お得!
初回ログインで50%OFF×6回のクーポンゲット

画像引用:ebookjapan公式サイト

【シャドーハウス】107話ネタバレ!明かされたミラーハウスの真実:まとめ

思っていたよりも早いミラーハウスの説明が来て驚きましたが、ミラーハウスの貴族は悪い人ではなさそうですね。

しかし、なんだかよくわからない点が多く、特に誰も拒まないだとか素性を知られる必要がないだとかその辺が少し気持ち悪くもあります。

これからもっとケイト様について語られていきそうですが、これって一体どこがゴールなんでしょうか…。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

106話←前話 後話→108話