シャドーハウス109話ネタバレ!絶望的なケイトの旅

シャドーハウス

前話ではケイトの生い立ちや旅に出ることを決意したことが描かれていましたね。

109話ではついにケイトがミラーサイドに到着します。
そこで知った現在の館の状態は…。

ということでシャドーハウスの109話ネタバレをご紹介していきます!

▼30日間無料トライアル実施中▼
期間内に解約で金額0円

初回ポイントで3冊分無料
▲取扱作品数13万以上!無料作品も充実▲

シャドーハウス109話ネタバレ!ミラーサイドでケイトが見た景色

1人で家を出てケイトが乗った船は「すす島行き」。

ケイトと育て親の祖母が館を出てから50年も経った今、館はもしかしたら再建されているかもしれないと期待を込めてケイトは島に向かいます。

船は島の噂で持ちきりで、聞こえてきた話によるとどうやら貴族がたくさん住んでいて島では飢餓などで苦しむ人が一切いないとのこと。

怪しさ満点ではありますが、学校が無償だったりと本当に平和な暮らしが営まれているようです。

だんだん島に近寄ってきて、増えんから景色を楽しんでいた人たちの顔は曇り始めます。

というのも、なんと島からは黒い煤が立ち込めていて見るからに不気味な雰囲気だったのです。

島での洗脳

島に降り立った人々は、スモークゲートに通されます。

黒いすすが体にまとわりつき、服が汚れることをみんなが嫌がりましたが、

「すすを吸うと気分が良くなる」

との案内人の言葉を聞き意見は一変

それはまるで洗脳されているようでした。

案内人からすす炭がどれほど素晴らしいエネルギーであるかを熱弁された人々は、他の村も見てみたいとそれぞれ出かけていきました。

乗っ取られたミラーハウス

ケイトは宿に荷物を置き、ミラーハウスについての情報を得るために街に出ます。

しかし、誰もミラーハウスについて話すものはいません

違和感を感じたケイトは村人に「ミラーハウスに行きたい」と聞いてみることに。

ミラーハウスについて聞くことはできませんでしたが、「ミラーサイド」について教えてくれた村人の情報をもとにまずはミラーサイドに行ってみることにしました。

列車に乗り、ミラーサイドに向かうケイトは車内でさらに絶望的なことを聞くことになります。

それは

館の名前はシャドーハウス

だということでした。

シャドーハウス109話感想さすがに辛すぎ

ここまでケイト様の辛いところをみてきたわけですが、今回は特に辛すぎて目を背けたくなりますね…。

船で煤が立ち込めているところから、きっともうミラーハウスはないのかもしれないt薄々勘づいていたのだろうと思いますが、

それでも希望を持って行った先で聞いた名前が「シャドーハウス」。

こんなの散々すぎますよね。

ケイト様がどんな気持ちで今までシャドーハウスにいたのかと思うと、ほんとに言葉が出ないです。

ミラーハウスを早く取り返せればいいなと思う反面、取り返した後虚無感に襲われないか心配です。

次回、シャドーハウスに乗り込んでどんな景色を見たのかが描かれるかと思いますが、楽しみですね!

シャドーハウスで唯一無二の世界観を味わいませんか?

シャドーハウスは現在週間ヤングジャンプにて連載中の作品です!

すすを操る顔のない貴族のファンタジーという他にはない題材で、館や服装。
立ち振る舞いなど、かなり高貴でしっかりと作り込まれた世界観の漫画となっています。

登場人物たちのそれぞれの悩みや葛藤などがリアルでとても面白いし、絵も繊細で美しいので是非本編を読んでみてください!

ヤングジャンプを読むなら

コミック.jp3冊無料
(最新刊毎週木曜更新)

となっております!

▼30日間無料トライアル実施中▼
期間内に解約で金額0円

初回ポイントで3冊分無料
▲取扱作品数13万以上!無料作品も充実▲

ヤングジャンプは漫画バンクで無料で読める?

【シャドーハウス】109話ネタバレ!絶望的なケイトの旅:まとめ

今回はシャドーハウス109話の内容と感想を紹介させていただきました!

109話の内容をまとめると

  • ケイトが船ですす島に向かったが、名前の通りすすに覆われている島だった
  • すすは洗脳に使われている様子
  • ミラーハウスのことを知っている住民は全くおらず、ミラーサイドに向かうことに
  • ミラーサイド行きの列車で聞いた言葉はまさかの「シャドーハウス」

となっています!

ただ、当サイトでは

  • すす島行きの船でのケイトと乗客の会話
  • すす島での洗脳の様子

などを省いて紹介していますので、詳しく読みたい方はぜひ本編をチェックしてみてくださいね!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

108話←前話 後話→110話