【シャドーハウス】95話ネタバレ!エミリコに手紙を渡したのは?

シャドーハウス95話ネタバレ シャドーハウス

前話では色々と進展があり、それぞれの心境について語られていましたね。

95話ではエミリコのポケットに手紙を入れたのは誰なのかについて明かされ、感動の会となりました。

ということでシャドーハウスの95話ネタバレをご紹介していきます!

スポンサーリンク

【シャドーハウス】95話ネタバレ!

シャドーハウス前話ではみんなの気持ちが交錯し、勘違いや苦しい感情が見えましたね。

とても苦しい感じが続いていましたが、95は感動の回となりました!

ということで、早速95話のネタバレをご紹介していきます。

エミリコのポケットに入っていた手紙の正体

エミリコはポケットに手紙が入っていたことと、自分はポケットを空にしていたから星付きの居住等でで誰かに入れられたのだろうということをケイトに伝えます。

すると、ケイトの部屋であるにも関わらず、ケイトではない声がしたのです。
その声は「一体誰からの手紙なんだ?」と言います。

ケイトとエミリコが驚いて声のした方を見ると、そこにはジョンとショーンが

2人はエミリコとケイトが帰ってくるのが遅かったのが心配で、ショーンの鍵を使ってエミリコの部屋から忍び込んだのでした。

ケイトがジョンに怒っている間に手紙を見ていたエミリコが叫びます。

手紙を書いたのが

ラム

だったからです。

(※95話はラムの手紙の文章と回想シーンが交互に入っています。
その通りにネタバレしていくので、手紙の文章の後に入っているネタバレはラムの回想シーンとなっています。)

お披露目後にラムに起きたこと

ラムの手紙は「ケイト様 エミリコお久しぶりです。どこから話せばいいんだろう…そうですね…あの”お披露目”のことから」という文章で始まっていました。

(この先ラムの回想シーンです)

ラムはお披露目の最後に溶けてしまったシャーリーの前で泣きじゃくりながら、シャーリーのすすとラムの指についていたリボンを一緒に手の中に持っていました。

「お前に感謝しなければな」と言いながら近づいてくるエドワードを見てラムは慌ててシャーリーの砂をポケットにしまい込みました。

エドワードは泣いているラムを見て、

「見事に”お披露目”を盛り上げてくれた。今日はお前が最も輝いた日だ。
人形が悲しむな。お前には感情など必要ない。これからもずっとな。」

と言い放ち、ラムを監獄のような場所に入れました。

そして最後にエドワードはラムの人差し指についているリボンと、髪についているリボンをむしり取ります。

その理由は

生き人形についているリボンはシャドーと”生き人形”が
対になる時与えられるもの

だからです。

こうしてラムは人差し指のラミーすらも失ってしまいました。

ラムへの洗脳

監獄のような場所にいるラムには、顔の見えない人形から洗脳の珈琲が届けられていました。

ラムは拒否することなく珈琲を飲み、「私は”顔の見えない人形”シャドー家のお役に立つためにいる」と繰り返し唱えます。

その様子を見て顔の見えない人形がラムのいる場所から出ていくと、ラムは口からモーフを吐き出したのでした。

シャーリーが生存

「シャーリー様がモーフに!?」

ラムの手紙を読んだ全員が驚きました。

そして文章はこう続けられていたのです。

シャーリー様は崩れてなくなったように見えましたが、人の形を維持できず元の小さなモーフに戻っただけだったのです。

しかも驚くべきことに人格を獲得した上、すす能力も覚醒していました。
自分の出したすすを纏って変身できるんですよ。

シャーリー様はとても力が弱いのですが、変身能力と小さな体を活かし、様々なことを調べてくれました。

”お披露目”に落ちた”生き人形”は、おじい様と共にある棟で30日間”洗脳珈琲”を与えられて記憶をリセットされることを知り、あらかじめ私の口の中に潜んで代わりに飲むことを提案してくれました。

他にも顔の見えない人形は人間だけでなく、すす袋のダミー人形もいること。
モーフの存在や一体化の秘密などを知りました。

おじい様と共にある棟の2階以上は恐ろしくて探索できませんが…。

このように、ラムはシャリーとともに過ごしていること、ラムの現状が書かれていました。

シャーリーは実はケイトの部屋に探索しに来ていた

この文章を見たジョンは、ラムがエミリコとジョンの洗脳が解けていることを知っている様子だということを指摘します。

そのことについてもラムの手紙にこう続いていました。

シャーリー様は私の助けになりたいと、エミリコやケイト様の部屋に向かいました。
ケイト様ごめんなさい。
エミリコの洗脳を解いた日のお話全て聞かせていただきました。

今のシャーリー様はお喋りできません。

でも私の指に巻きついた時は心で会話ができるんです。

ラミーの代わりにシャーリー様が本当のお話相手になったんだよエミリコ。

こうしてラムは、シャーリーからの情報をもとに、エミリコたちの洗脳が解けていることを知っていたのです。

そして、シャーリーは現在話をすることができず、ケイトに探索しに来たことは伝えることができませんでした。

珈琲の保管室でエミリコに保管場所を伝えたのも、実はモーフの姿のシャーリーでした。(シャーリーは保管室で音を立てて、エミリコにコーヒーの場所を伝えていました。)

エミリコはシャーリーが手紙を入れてくれたんだと推測しています。

ラムの決意

ラムの手紙はこう締めくくられていました。

ようやく30日が経ち、こどもたちの棟へ配属されてすぐこの手紙を書いています。

エミリコ、ショーンにも伝えてね。

深夜の見回りで2人に会えて”お披露目”でまた一緒に協力して…私は前向きになれたんだよ。

シャドーハウスに逆らうことはとても怖いけど…大丈夫。
今は心強い仲間がいるんだから!!

この手紙を読んだみんなは、喜びや感動。

色々な感情が湧いてきていました。

そしてエミリコはケイトに「良かったわね」と言われると、「うおおおおお!!やる気になってきました!!」泣くのではなく、笑顔で飛び跳ねたのでした。

エミリコとケイトは、ケイトが同期たちと話し合いをした際に作った「同期の絆」をシャーリーとラムに渡すことにしました。

シャーリーとラム

ラムは顔の見えない人形の業務を終え、部屋に帰ります。

そしてラムは、モーフになっているシャーリーとおやすみのキスをして眠りにつきました。

シャドーハウス95話の感想

それではネットの反応をご紹介していきます!

ネットの反応

【シャドーハウス】95話ネタバレ!星付きの危機?!:まとめ

95話やばすぎてもう感動しすぎて目が熱かったです。

ラムとシャーリーが協力して、しかもおやすみのキスもしてるし…。

今後この2人がもう引き裂かれることがないことを祈ります。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク