台風10号2020は鹿児島上陸時非常に強い?ブロックなどが吹き飛んだりする?

台風10号2020鹿児島非常に強いブロック 台風対策

台風10号2020がかなりの勢力で近づいてきているようです。

九州などをはじめとした日本にもかなりの影響がありそうですよね。
鹿児島に上陸するときは非常に強いのか、ブロックなどが吹き飛んだりするのか知って対策が必要です。

ということで、台風10号2020が鹿児島に上陸するときは非常に強いのかそしてブロックが吹き飛んだりするのかについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

台風10号2020は鹿児島上陸時非常に強い?ブロックなど吹き飛んだりする?

2020年の台風10号が鹿児島に上陸するときどのくらいの強さなのか知っておかなければしっかりと対策することができません。

ということで、強さについてご紹介していきます!

台風10号2020鹿児島上陸時どのくらいの強さ?

画像引用:ウェザーニュース公式サイト

このように非常に強い風が吹くと推測されています。

7日に九州に接近する際には最大瞬間風速65m/sにもなる恐れがあるそうです。

鹿児島に上陸するときも、だいたいこのくらいの風速になると推測されます。

風速65m/sってどのくらい?

風速65m/sというのは

画像引用:風表

特急電車の速さと同じくらい。
多くの樹木が倒れ、電柱や街灯・ブロック塀も倒壊の恐れあり。
走行中のトラックも横転の可能性。

このような感じでかなり危険すぎるということがわかります。

暴風や高潮が危ないので、絶対に水辺に近づいたりむやみに出歩かないようにしましょう。

考えられる影響

今回考えられる鹿児島への影響は

  • 高潮
  • 暴風による建物などの倒壊
  • 停電
  • 断水

電柱等のそばに木などが倒れたりすると、火事に発展する可能性もあります。

交通機関への影響もかなり大きくなる可能性が高いです。

何をどうやって備えればいい?

かなり危ないということはわかりましたが、どうやって備えておけばいいのでしょうか?

いざ台風が来た時に焦らないように、用意しておくべき荷物と家で備えておくべきことについてご紹介していきます!

用意すべき荷物

  • モバイルバッテリー
  • ボンベ式コンロ
  • 乾電池
  • 懐中電灯
  • 携帯ラジオ
  • 飲料水(1日1人3リットルを最低3日分)
  • 食料品(缶詰、ビスケットなどを人数分最低3日分)
  • 貴重品
  • ヘルメット
  • マスク
  • 軍手
  • 救急用品(消毒液、常備薬、包帯)
  • 衣類
  • 下着
  • タオル
  • 毛布
  • 雨具
  • 洗面用具
  • 携帯トイレ
  • ウェットティッシュ
避難する時に持っていくもの

避難することになったとき慌てないように、事前に非常用持ち出しバッグの中身を確認しておきましょう!

持っていくべきものは

  • 飲料水
  • 食料品
  • 貴重品(現金、小銭、印鑑、預金通帳、健康保険証など)
  • 懐中電灯
  • 携帯ラジオ
  • 携帯電話の充電器
  • ヘルメット
  • マスク
  • 軍手
  • 救急用品
  • 衣類
  • 下着
  • タオル
  • 毛布
  • 雨具
  • 洗面用具
  • 携帯トイレ
  • ウェットティッシュ

です。

リュックにしっかり詰めておきましょう。

何をどのくらい?

用意するものの量の目安としては

  • 飲料水:1日1人3リットルを目安に人数分を最低3日分
  • 食料:最低3日分
  • 貴重品:ATMが使えなくなる可能性も考え、現金を用意。小銭や千円札を多めにもておきましょう
  • 歯ブラシやウェットティッシュ、生理用品・紙おむつなども忘れずに

というような感じです。

家で備えておくべきこと

荷物だけ用意しておいてもお家が倒壊してしまっては困ります。

お家を守るために以下のことを確認しておきましょう。

  • 物干し竿や植木鉢など飛んでしまいそうな物は家の中に入れる
  • 側溝や排水溝の掃除
  • 湯船に満タンの水を貯める
  • 雨戸やシャッターを下ろす
  • 避難所がどこなのか確認
  • 窓ガラスに養生テープや飛散防止フィルムを貼る
  • 熱中症対策等のために冷凍庫で保冷剤を凍らせておく
  • 低地に家がある場合は土のうの用意

このように風や雨から家を守りましょう。

防災手帳にわかりやすくまとめられていますので、チェックしてください!

防災手帳

台風10号2020は鹿児島上陸時非常に強い?ブロックなどが吹き飛んだりする?:まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はかなり危険そうなので、しっかりと準備しておきましょう。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク