台風12号2020大阪にはいつからいつまでくる?影響はどのくらい?

台風12号2020大阪影響いつからいつまで 台風対策

台風12号2020がいつからいつまで滞在するのか知っておいて対策しておくことが重要ですよね!

関西に接近する可能性や大阪への影響が出ないのかも気になるところです。

ということで台風12号2020は大阪にいつからいつまで滞在するのかやどのくらいの影響を及ぼすのかについてご紹介していきます!

スポンサーリンク

台風12号2020は大阪にいつからいつまで滞在する?影響は?

2020年はかなり大きい台風があり、さらに台風12号が発生となると怖いですよね。

対策を立てるためにもいつからいつまで滞在するのか把握しておきましょう。

ということで、台風12号2020が大阪に来るとしたらいつからいつまでなのかやどのくらいの影響を及ぼすのかについてご紹介していきます!

米軍予報

画像引用:jtwc

9月21日現在、出ている情報はこんな感じです。

赤矢印のところが台風12号「ドルフィン」。

すでに台風・熱帯低気圧として認識されているようです。

かなり日本に接近してきていますね。

こちらが進路図です。

この感じだと日本に直撃してしまいそうです。

なんとかそれてくれるといいのですが…。

日本語表記でもっと見やすいのが気象庁です!

気象庁もチェックしてみましょう。

気象庁

画像引用:気象庁公式サイト

気象庁でも12号が台風として認識されたようです。

進路を見てみると、24日の15時ごろから大阪にも影響が出始めるようです。

最大瞬間風速30m/sとかなり強い風が吹き、人が歩くのは困難となりそうです。

念の為、海水温もチェックしてみましょう。

海水温

画像引用:気象庁公式サイト

気象庁では海水温も見ることができます。

関西ではなんと27度。
かなり台風が発生しやすい温度となっています。

怖いですね。

気象協会

画像引用:気象協会

気象協会でも書かれていることは同じですね。

ヨーロッパ中期予報センター

画像引用:ヨーロッパ中期予報センター

22日の予報を見てみると、台風12号が関西にかなり接近していることがわかります。

そして23日にはかなり大きな影響を及ぼしそうです。

25日にはまだお天気は回復しなそうですね。

26日には日本列島からだんだんとそれていきそうです。

もっと見やすいのがwindyなのでチェックしていきましょう!

Windy

画像引用:Windy公式サイト

Windyで見てみると、22日の朝にはすでにかなり接近していることがわかります。

もっと時間を進めてみてみると

22日の夕方から影響が出始める予報。

24日には雨風が強くなりそうです。

24日の夜からだんだんそれていきます。

ピークは24日となりそうです。

最大瞬間風速が18m/s。
木が揺れたり少し道路を歩きにくいと感じる風が吹くみたいですね。

雨は18mmと激しく降り、傘をさしても濡れてしまうレベルです。

側溝から水があふれる可能性が高いので、家の近くの掃除をしておくことをお勧めします。

大阪への影響は?

ここまで見てきてわかった台風12号2020の大阪への影響についてまとめていくと

台風12号2020の大阪への影響は強め。
ピークは24日。
気が揺れたり歩きにくさを感じるほどの風が吹きそう。
雨も強く、傘をさしても濡れる可能性や側溝から水があふれる可能性あり。

という感じです。

雨風の影響が出そうですので、しっかり対策をしておいたほうがいいと思います。

庭に出ているものや側溝の掃除をしておきましょう。

台風12号2020大阪にはいつからいつまでくる?影響はどのくらい?:まとめ

いかがでしたでしょうか?

まとめると

  • 台風12号のピークは24日
  • 雨風が強くなりそう

という感じです。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク