わたしの幸せな結婚10巻!美世の本音を引き出した再会

わたしの幸せな結婚

この記事では、わたしの幸せな結婚10巻の内容と感想をご紹介します!

・「わたしの幸せな結婚」の広告を見て気になっている。
・「わたしの幸せな結婚」を購入したいけど迷っている。
・あらすじなどをしっかり確認してから読みたい。

上記の方向けにわかりやすくまとめてみたので、ぜひ購入前にチェックしてみてくださいね。

※当サイトは完全な紹介サイトではありません。
購入のきっかけになるような記事作りを心がけていますので、ご理解ください。

わたしの幸せな結婚10巻ネタバレ

清霞が帰宅すると、妹との遭遇がかなりショックだったようで、美世は挨拶だけして部屋にこもってしまいました。

ゆり江は清霞に自分がついていながら申し訳ありませんと詫びます。

出かけた先でどのようなことがあったのかを清霞はゆり江から聞き出します。

ゆり江は美世が心配で帰るに帰れずいたのでした。

清霞は自分が斎森家で話をつけている間にそんなことが起っていたのかと悔やみます。

それでもこんな時にどのように声をかけどう励ませばよいのかもわからない清霞でした。

清霞なりの励まし

美世が長い間生家で虐待されていたことが自尊心を失う原因となり、すぐに謝罪の言葉を口走るのも
そのせいです。

どうしたら自信を持たせられるのか、それが清霞にはわからないのですが、ゆり江は簡単なことだと微笑みました。

清霞が美世を大事にしてあげればきっと美世は自信を取り戻すと言うのです。

清霞は自分の今の気持ちが愛というものなのかはわからないのですが、この先をどうしたいと思っているのか伝えることは出来ると美世の部屋の前まで来ます。

しかし美世は部屋からうつむいた顔を少し覗かせるだけです。

清霞は美世が悩み抱え込んでいるものは、気にしなくても良くなるのであまり深刻になるなと伝えます。

自分になにか言いたいことが出来れば、いつでも聞くとも。

しかし美世はそのあと一週間経っても、こもりきりになるのでした。

美世の見送りや出迎えもなく、清霞の食事は用意されているものの共に食卓につくことはない。

さらには斎森家からも音沙汰がなく、怪しげな式も途切れない。

式の術者の検討はついていても直接の接触がない以上目的も掴めません。

憂鬱になる清霞に五道は冷やかしの茶々を入れてきます。

清霞は報酬つきで五道に何か仕事を依頼しているようです。

意外な来訪者とは?

部屋にこもりきりになってからの美世は香耶のことを考えて落ち込んでいるだけではありませんでした。

香耶のことを考えると自分の駄目な部分ばかり思い知って落ち込んでしまうので、清霞に贈る予定の組紐を編み上げ、余った糸で違う図案のものも編む時間稼ぎをしながら、清霞のことを考えていました。

眩しくてとても傍にいられないと考える一方で、離れたくないと思ってしまう。
それでも傍にいたいのなら、本当のことを言わなければいけない。

けれど本当のことを言ってしまったら、もう二度と会えないかもしれない。

堂々巡りです。

そんな折、美世を訪ねて来た人物が居ました。

障子越しに聞く声はまさかと思う人物の声だったのです。

斎森家で唯一、美世の味方をしつづけ解雇されてしまった女中の、花の声でした。

美世の心からの望みとは…?

花は自分は結婚したことを伝えた上で、美世はどうか幸せかと尋ねるのでした。

幸せかどうかと花に問われて、美世の脳裏を占めるのは清霞とゆり江の存在で、美世は返答に詰まります。

自分が斎森を辞めさせられてからの美世のことも花は聞き及んでいたようです。

幸せになった美世を見たくて、自分の大事なお嬢様が幸せそうに笑っているところを見たくて、花はここに来たのだと美世の手を取ります。

でも自分は、異能を持っていないと美世は大粒の涙を零しながらずっと押し隠してきた気持ちを口にするのでした。

異能を持たぬ自分などここに居てはいけない。

けれどそれは口に出すにはあまりにもつらくなることでした。

くず折れる美世を花は優しく抱き寄せます。

斎森家との縁もなくなった自分がどうしてここに来られたかわかりますかと花は言いました。
最初に文を貰ったときは何事かと慌てたと。

久堂家など雲の上の存在でしかない相手から、届いた手紙で花はここまで来ることが出来たのでした。

※ここでわたしの幸せな結婚10巻は終了です!

わたしの幸せな結婚10巻:感想

今回は癒し回でしたね。

正直なところ、香耶みたいな性悪女の名前も顔ももう見たくもないし聞きたくもない気分なのですが、そこが現在の美世を構成してしまう根幹の部分でもあるので避けては通れません。

唯一気分を清められるのが清霞様の不器用な優しさとゆり江さんの温かい接し方だったのですが、今回心強い味方がもう一人登場しました。

ゆり江さんがどんなに優しくても美世が吐露することが出来なかった思い。

これは元女中だった花にしか引き出せないことだったかもしれませんね。

それにしても、あの醜悪な斎森家の女中をやってて美世の味方を唯一していたとは、凄いことだと思います。

その花を探し出してしまう清霞様も凄い!

花の登場で良い方向に進展しますように…!

わたしの幸せな結婚10巻を無料で読む方法

わたしの幸せな結婚の表紙

わたしの幸せな結婚10巻は…

コミック.jpで12巻まで無料
(1〜19巻まで取り扱いアリ)

となっております!

コミック.jpで読むと

  • 1冊110円
  • コミック.jp登録時に1350円相当のポイント付与
  • 12巻無料

このような特典があります!

▼30日間無料トライアル実施中▼
期間内に解約で金額0円

初回ポイントで12巻分無料
▲取扱作品数13万以上!無料作品も充実▲

わたしの幸せな結婚が無料で読める比較表
わたしの幸せな結婚が無料で読める比較表

1〜最新巻をお得に読みたい方は…

コミックシーモアで半額購入
(1〜最新巻まで取り扱いアリ)

コミックシーモアは…

  • 年会料なし
  • SNS・Google・appleなどのアカウントで登録可能
  • 30日限定50%OFFクーポン付き

となっており、面倒な登録などは一切なしです!

コミック
シーモア
今すぐ半額最新刊まで読める
コミック.jp今すぐ12巻分無料で読める

わたしの幸せな結婚は漫画バンクで無料で読める?

わたしの幸せな結婚10巻の内容と感想:まとめ

今回はわたしの幸せな結婚10巻の内容と感想を紹介させていただきました!

わたしの幸せな結婚10巻の内容をまとめると
今回の内容で書いた部分

・香耶と会ってから美世が引きこもりになってしまっていること。
・清霞の周囲には相変わらず式がうろついていること。
・引きこもりになっている間美世は異能のことで苦しんでいたこと。
・昔、美世の味方をしてくれていた花が会いに来てくれたこと。

となっています!

ただ、当サイトでは

・美世が引きこもっている間の清霞の内面の詳細。
・五道に冷やかされる面白い清霞の詳細。
・花に再会して本音を吐露してしまう涙なくしては読めない美世の詳細。

を省いて紹介していますので、詳しく読みたい方はぜひ本編をチェックしてみてくださいね!

9巻はこちら← →11巻はこちら

わたしの幸せな結婚ネタバレまとめ