わたしの幸せな結婚11巻!真実の告白

わたしの幸せな結婚

この記事では、「わたしの幸せな結婚11巻」の内容と感想をご紹介します!

・「わたしの幸せな結婚」の広告を見て気になっている。
・「わたしの幸せな結婚」を購入したいけど迷っている。
・あらすじなどをしっかり確認してから読みたい。

上記の方向けにわかりやすくまとめてみたので、ぜひ購入前にチェックしてみてくださいね。

※当サイトは完全な紹介サイトではありません。購入のきっかけになるような記事作りを心がけていますので、ご理解ください。

わたしの幸せな結婚11巻ネタバレ

前回、元女中の花と再会できた美世でしたが、それは清霞が花を探し出し、花と連絡を取りここまで連れて来てくれたということです。

どうしてと問う美世ですが、無論、美世を心配してのことだと花から聞かされます。

花は斎森家で美世がまだ子供だった頃に引き離された元女中。

その花の存在を知っているということは、清霞は美世のことを調べ尽くしているのだと美世は気がつきました。

そして美世が香耶と再会したあの日、美世が心配していることは近いうちに気にしなくても良くなることだと告げていてくれたことを思い出した美世は唇を引き結ぶようにして決意をするのでした。

美世の決意とは?

自分は異能を持っていないから、価値がないのだとずっと思って生きてきた。
それを清霞に打ち明けるのが恐ろしかったのです。

今ある幸せを失ってしまうのが怖く、そして異能を持っていないということを知られたならば、必ず追い出されるのだと疑いもしなかったのでした。

それでも実際に美世自身が見てきた清霞の姿はそんな冷徹なものではなかったということを思い出します。

花は優しく微笑んで、勇気を出してください。

どんな結果が待っていようと、今度こそ自分が美世を助けるからと伝えました。

そして美世は清霞に全てを話そうと決意したのでした。

無能の花嫁…?

美世は清霞に編んだ組紐を持って清霞の部屋を訪れます。

ぎょっとする清霞でしたが、美世はずっと言えなかったことがあると話を切り出しました。

自分には異能がない、異能者の血を引きながら、自分は無能なのだと告げます。

学校も小学校止まりで実家では使用人として生活していたため、教養もなく、名家の娘らしいことは何一つ出来ない。

そのことを自分は追い出されたくないという、浅ましい気持ちから隠していたのだと話しました。

そしてこの組紐はお詫びと感謝の意味から、自分が作ったものだと差し出して頭を下げる美世でした。

自分の話さなければならないことは、これで全てなので、清霞の判断を聞かせて欲しいと請うように。

清霞はいつまでそうしているのかと言った上で美世を抱き寄せるのでした。

正式に婚約しようと考えているのに、美世に出て行かれては困ると言う清霞。

いやか?このまま私と暮らすのは…と問われて見上げると、顔をそむけた清霞の耳は赤く染まっているのでした。

またも陰謀渦巻く…?

美世が花にお礼を告げる傍らで清霞は五道と見張りについて相談しています。

五道も異能者ですが、見張りは一応いなかった、やはりあの『式』は清霞だけを見張っているらしいと、報告からも五道の有能さが分かります。

花との別れも名残惜しく、それでもいつでも好きな時に好きな人に会いにいける、そう見送ったのもつかの間、他方ではやはり策略が上手く行かず悔しがる辰石家の当主の姿があります。

式を飛ばしていたのは辰石家の当主だったのです。

辰石家には香耶が来ていて、当主に告げ口をしています。

久堂清霞が斎森家を訪れたことは辰石家も既に認識しているようでしたが、見当違いの誤解をしていました。

香耶の告げ口から鑑(かんが)みれば、美世のようなみすぼらしい娘を寄越したことに対して、迷惑料の請求でもしたのだろうと考えている様子。

美世が久堂家を追い出されれば、保護して辰石家の嫁に迎える。

そうなれば辰石家の当主としては計算通りの筋書きとなるのでした。

※ここで「わたしの幸せな結婚11巻」は終了です!

わたしの幸せな結婚11巻:感想 

なんだろう…、清霞様が可愛い…。

誰ですか冷酷無慈悲とか言ってた人は。

美世が悩んでいたことは美世本人には重くつらいことだったでしょうに、清霞様は『そんな些末なこと』はどうでもいいことなのですね!良かった……!(泣)

花も清霞様もみんな愛しい…、そう言って感想を締めたいところなのですが、そうは辰石家がさせてくれそうにありません。

ほんっと、ろくでもないなー…。斎森も辰石も…。

なんでも計略で図る自分を基準にするから、他人の心情まで間違うのですよ。辰石のおっちゃん。

世の中には人の数だけ考えの違いがあって、誰も彼もが自分と同じような人格ではないのだよ?
そして香耶の異能を大したことがないと考えるわりには、ソースは?と聞かれても、ソースは香耶の愚痴って、頭が悪すぎじゃ…。

しかも香耶!自分の婚約者の悪口を未来の舅に言いますかね普通。

更にはとても素敵な男性を見かけたとか、普通なら叩きだされても文句は言えない行為なんですけどね。

ああ、どっちもまともじゃないから出来るのかあ…。

そう言いたくなるラストでしたね。

わたしの幸せな結婚11巻を無料で読む方法

わたしの幸せな結婚の表紙

わたしの幸せな結婚11巻は…

コミック.jpで12巻まで無料
(1〜19巻まで取り扱いアリ)

となっております!

コミック.jpで読むと

  • 1冊110円
  • コミック.jp登録時に1350円相当のポイント付与
  • 12巻無料

このような特典があります!

▼30日間無料トライアル実施中▼
期間内に解約で金額0円

初回ポイントで12巻分無料
▲取扱作品数13万以上!無料作品も充実▲

わたしの幸せな結婚が無料で読める比較表
わたしの幸せな結婚が無料で読める比較表

1〜最新巻をお得に読みたい方は…

コミックシーモアで半額購入
(1〜最新巻まで取り扱いアリ)

コミックシーモアは…

  • 年会料なし
  • SNS・Google・appleなどのアカウントで登録可能
  • 30日限定50%OFFクーポン付き

となっており、面倒な登録などは一切なしです!

コミック
シーモア
今すぐ半額最新刊まで読める
コミック.jp今すぐ12巻分無料で読める

わたしの幸せな結婚は漫画バンクで無料で読める?

わたしの幸せな結婚11巻の内容と感想:まとめ

今回はわたしの幸せな結婚11巻の内容と感想を紹介させていただきました!

わたしの幸せな結婚11巻の内容をまとめると
今回の内容で書いた部分

・花に励まされて、美世は清霞に本当のことが言えたこと。
・清霞にとって異能や教養がないことは問題にならなかったこと。
・美世は清霞に正式に求婚されたこと。
・辰石家が暗躍していること。

となっています!

ただ、当サイトでは

・花の励まし方の詳細な描写。
・なぜ異能がないことが異能を引き継ぐ家で問題ないことなのか。
・組紐を喜ぶ清霞の詳細な様子。
・辰石家の当主が悔しがり、香耶の愚痴を本気にとる時の詳細な描写。

を省いて紹介していますので、詳しく読みたい方はぜひ本編をチェックしてみてくださいね!

10巻はこちら← →12巻更新予定

わたしの幸せな結婚ネタバレまとめ