わたしの幸せな結婚13巻!香耶の異常な思惑

わたしの幸せな結婚

この記事では、「わたしの幸せな結婚13巻」の内容と感想をご紹介します!

・「わたしの幸せな結婚」の広告を見て気になっている。
・「わたしの幸せな結婚」を購入したいけど迷っている。
・あらすじなどをしっかり確認してから読みたい。

上記の方向けにわかりやすくまとめてみたので、ぜひ購入前にチェックしてみてくださいね。

※当サイトは完全な紹介サイトではありません。購入のきっかけになるような記事作りを心がけていますので、ご理解ください

わたしの幸せな結婚13巻ネタバレ

ある日香耶は辰石家の当主から呼び出されます。

先ほど信じられないものを見たが、香耶は知りたいのではないかと思うと辰石家の当主は切り出します。

香耶が見せられたのは自分の姉である美世の現在――――…。

香耶は自分の部屋から美世に向けて『式』を飛ばします。

劣ることが許されない“モノ”

それはまだ香耶が幼かった頃、母、香乃子に“アレ”に劣ってはいけないと厳しく躾けられる日々。

美世は斎森家の娘などではない、ただの無能なのだと教えられ、そうならないようにと香耶は琴の弾き方1つのミスも許しては貰えませんでした。

香耶は少しの失敗もしてはならない。

“アレ”のようになってはならないからです。

香耶は上、異母姉は下、異母妹が持っているものは当然香耶も持っていなくてはいけない。
あるいはそれ以上でなくては。

思い合う恋人同士?

式を通して見た異母姉の美世の姿は以前とは打って変わったように美しい淑女の姿でした。

高級な着物に身を包み、きちんと結いあげられた艶のある黒髪。

西洋の日傘をさして小物の細部まで上等品です。

対異特務小隊の施設をを訪れた美世が対面したのは、以前香耶が斎森家ですれ違った美しい男性なのでした。

その上美世と仲睦まじい様子。

何もかもがおかしいと香耶は目を反らし、手を握りしめます。
美世がどんなに外見を取り繕ったところで中身は空洞。

自分のほうが美麗で優秀なのに、斎森家の女主人などで満足していい器ではないのに。

“アレ”と同じになってはいけないという科白は、まるで呪いのように香耶の行動を異常に
させてゆくのでした。

婚約の取り替え…?

香耶が思いついたのは久堂家に本当に相応しいのは自分であるという考えでした。
自分と美世が取り替えられれば全てはおかしくなくなるのです。

香耶は真一に掛け合いますが相手にされません。

そこで今度は直接、婚約者の幸次に掛け合います。

幸次は美世のほうが好きなのだし、久堂家に相応しいのは私なのだから、立場を取り替えれば
済むことなのに、幸次も馬鹿を言うなと取り合いません。

怒った香耶は辰石家の当主なら協力してくれるはずだと行動を起こし始めます。

一方、清霞に食事の差し入れを済ませた美世は、清霞にいつも持っているようにと渡された
お守りを家に置いてきてしまったことに気が付きます。

清霞があれほどまでに言うくらいだから何か意味があるはずだと帰路を急ぎます。

ところが、久堂邸まであと少しというところで、突然割り込んできた自動車の中に押し込められ、美世は何者かに拉致されてしまうのでした。

※ここで「わたしの幸せな結婚13巻」は終了です!

わたしの幸せな結婚13巻:感想

今回は香耶視点のお話となりましたので、香耶視点のままご紹介させていただきました。

香耶も母、香乃子の逆恨みの被害者と言えなくもないのですが、それにしても何の疑問も持たず
10年以上も姉をいびり続けるのは、やはり性格に問題があるとしか…。

美世が麗しい貴婦人になっており、自分より格上の名家で幸せそうに笑っているのに対し、こんなことはおかしい。

間違っている。

間違いは正さなければ…っていう思考になること頭がおかしい。
間違っている、間違えは正して欲しいですよ。

とりかえばやじゃあるまいし、婚約の取り替えなんて出来るわけないじゃないですか。

大体、香耶が久堂家に行ったところで、これまでの清霞の婚約者同様追い出されるのがオチですよ。

清霞は美世の心映えを好きになったんですからね!

わたしの幸せな結婚13巻を無料で読む方法

わたしの幸せな結婚の表紙

わたしの幸せな結婚13巻は…

コミックシーモアで半額購入
(1〜最新19巻まで取り扱いアリ)

となっており、無料で読む方法はありません。

コミックシーモアは…

  • 年会料なし
  • SNS・Google・appleなどのアカウントで登録可能
  • 30日限定50%OFFクーポン付き

となっており、面倒な登録などは一切なしです!

コミック
シーモア
今すぐ半額最新刊まで読める
コミック.jp今すぐ12巻分無料で読める

わたしの幸せな結婚は漫画バンクで無料で読める?

わたしの幸せな結婚13巻の内容と感想:まとめ

今回はわたしの幸せな結婚13巻の内容と感想を紹介させていただきました!

わたしの幸せな結婚13巻の内容をまとめると
今回の内容で書いた部分

・辰石家の当主にそそのかされた香耶が美世に式を飛ばしたこと。
・式で美世の様子を見た香耶がこんなことはおかしいと逆上すること。
・香耶も実は母、香乃子の被害者であること。
・婚約の取り替えが本当に可能だと香耶は信じていること。

となっています!

ただ、当サイトでは

・婚約の取り替えの話をしても真一に突っぱねられた様子。
・婚約の取り替えを申し出ても幸次に呆れられた時の様子。
・香耶が式で見た光景の美世視点。

を省いて紹介していますので、詳しく読みたい方はぜひ本編をチェックしてみてくださいね!

12巻はこちら← →14巻更新予定

わたしの幸せな結婚ネタバレまとめ