わたしの幸せな結婚18巻!陰謀もまた新たに…?

わたしの幸せな結婚

この記事では、「わたしの幸せな結婚18巻」の内容と感想をご紹介します!

・「わたしの幸せな結婚」の広告を見て気になっている。
・「わたしの幸せな結婚」を購入したいけど迷っている。
・あらすじなどをしっかり確認してから読みたい。

上記の方向けにわかりやすくまとめてみたので、ぜひ購入前にチェックしてみてくださいね。

※当サイトは完全な紹介サイトではありません。購入のきっかけになるような記事作りを心がけていますので、ご理解ください

わたしの幸せな結婚18巻ネタバレ

洗濯物を手際良く干した美世は今日も暑くなりそうだと一息つきました。

清霞は自宅で剣の稽古中ですがうっかり見惚れてしまう美世ですが、慌ててお茶と手ぬぐいの用意をします。

微笑む清霞に、顔を赤くする美世でしたが体調が悪いのではないかと心配されてしまう仲の良さです。

まだ清霞と接しているだけで鼓動が高くなる美世は、いい加減慣れないとと思っていました。

そんな折、清霞が水浴びをしている間に久堂邸を訪ねてきた人物がいます。

清霞の姉はどのような人物?

美世が玄関まで応対に走ると、自分は久堂葉月と言い、清霞の姉だと挨拶してくれる人がいました。

美世にとっては初めて会う清霞の家族です。

女性にしてはすらっとした身長、波打つ色素の薄い髪、真っ白なすらりとした手足に洋装。

モダンガールと呼ぶに相応しいいでたちの、清霞にところどころ似た顔立ちの女性です。

奥から出てきたゆり江も葉月に挨拶をしますが、ゆり江の手を取りはしゃぐ一面も。

清霞には相変わらず騒がしいと言われてしまうので、明るい人格なのかもしれません。

美世の教育者とは?

淑女として斎森家ではまったくと言って良いほど教育を受けさせて貰えなかった美世ですが、清霞の婚約者となったからにはこのままで良いはずはないと美世は考えていました。

名家である久堂家の当主夫人ともなれば社会的な交流を避けては通れません。

そういった教育を受けなおしたいと言い出したのは美世でしたが、清霞は美世に無理をさせるつもりがありません。

教師が出来る人物に心当たりがあるので、ここに来させようと提案した教師役が、ほかならぬ葉月だったのです。

明るい葉月は自分が責任をもって美世を立派な貴婦人にすると宣言するのでした。

新たなる陰謀…?

忌まわしい、厭わしい、憎らしい、本当に目障りだと怨嗟の声を上げているのは、陛下と呼ばれる老人でした。

呼んだのは美丈夫な青年です。

御簾越しに、そろそろ例の許可をと言い出す美丈夫な青年は『これ以上彼女が苦しまねばならない理由がない』と言いながら、自分たちに悲願成就の機会をとお願いしている状況です。

しかし近く状況は動くので許可しようと“陛下”は言います。

美丈夫な青年が退室すると“陛下”は鈴を鳴らして使用人らしき人物を呼びました。

そしてオクツキの霊どもを里に誘導させろと言うのでした。

あの異能は必ずや潰すのだと言いながら…。

※ここで「わたしの幸せな結婚18巻」は終了です!

わたしの幸せな結婚18巻:感想

こ わ いです。

やっとオートマで追ってきそうなフランス人形と、責任転嫁が得意な継母が去り、甘い婚約生活が始まった一方で、呪いの言葉を吐く老人が出てきました。

この老人が一体誰に向かって呪いの言葉を吐いているのか、何の異能を潰そうとしているのかは全く見当がつかないのですが、寝床から呪詛を吐く老人も怖すぎです。

しかも何やら恐ろしそうなものを里に誘導させる権限まで持っていそうな分、オートマフランス人形より恐ろしいかも知れません。

気になるのはこの老人が潰したがっている異能です。

清霞様の異能は群を抜く強さだというのは理解しているのですが、潰す必要がある特殊な異能だとまでは思えません。

となると、この老人が潰したがっているのは薄刃の異能なのではないかなと予想されます。

今のところ薄刃の異能者って出てきていないのですけど、美世の子供が薄刃の異能を持つ可能性は充分考えられるので、当然巻き込まれてしまうのでしょうけれど…。

わたしの幸せな結婚18巻を無料で読む方法

わたしの幸せな結婚の表紙

わたしの幸せな結婚18巻は…

コミックシーモアで半額購入
(1〜最新19巻まで取り扱いアリ)

となっており、無料で読む方法はありません。

コミックシーモアは…

  • 年会料なし
  • SNS・Google・appleなどのアカウントで登録可能
  • 30日限定50%OFFクーポン付き

となっており、面倒な登録などは一切なしです!

コミック
シーモア
今すぐ半額最新刊まで読める
コミック.jp今すぐ12巻分無料で読める

わたしの幸せな結婚は漫画バンクで無料で読める?

わたしの幸せな結婚18巻の内容と感想:まとめ

今回はわたしの幸せな結婚18巻の内容と感想を紹介させていただきました!

わたしの幸せな結婚18巻の内容をまとめると
今回の内容で書いた部分

・美世が淑女に相応しい教養を身につけたがっていること。
・美世の教師役に清霞の姉が登場したこと。
・怪しい老人“陛下”が登場したこと。
・“陛下”は誰かの異能を潰したがっていること。

となっています!

ただ、当サイトでは

・清霞と美世のラブラブな様子。
・“陛下”のおぞましい様子の描写。
・“陛下”にもかつては何らかの異能があったであろう様子。

を省いて紹介していますので、詳しく読みたい方はぜひ本編をチェックしてみてくださいね!

17巻はこちら← →19巻更新予定

わたしの幸せな結婚ネタバレまとめ