わたしの幸せな結婚4巻ネタバレ張り巡らされる謀略?

わたしの幸せな結婚

この記事では、「わたしの幸せな結婚4巻」の内容と感想をご紹介します!

・「わたしの幸せな結婚」の広告を見て気になっている
・「わたしの幸せな結婚」を購入したいけど迷っている
・あらすじなどをしっかり確認してから読みたい

上記の方向けにわかりやすくまとめてみたので、ぜひ購入前にチェックしてみてくださいね。

※当サイトは完全な紹介サイトではありません。
購入のきっかけになるような記事作りを心がけていますので、ご理解ください

わたしの幸せな結婚ネタバレまとめ

わたしの幸せな結婚4巻ネタバレ:不幸な夢

香耶はその夜夢を見ていた。

香耶には見鬼の才があり、

よくぞこの娘を産んでくれたと継母を褒める父。

私の娘だから当然だと誇らしげに答える継母。

周囲の使用人たちの声も、香耶を持ち上げ、それと比例するように美世の評価は落ちてゆきます。

斎森家の屋敷の中に美世の居場所などとうになく、自分はいらない人間なのだと美世自身が思うまでに時間はかかりませんでした。

使用人ではたった1人だけど、花だけは美世を大事にしてくれていましたが、蔵に閉じ込められた一件から継母に解雇されてしまい、美世も一度も会っていない状態です。

2日続けて悪夢を見るのは己への戒めだと感じる美世は、着物の寿命を感じていました。

美麗な婚約者に感じるものとは…?

使用人の誰かからもう着なくなったからと譲りうけた古着を、美世は何度も直して使っているのですが、布自体が薄くなるのは防ぎようがありません。

それでも裁縫道具を借りられるか、ゆり江に聞いてみようと思う美世は再び台所で朝食の用意をすることになったのです。

昨晩、清霞(きよか)から今朝の朝食を食べなかったことを詫びられ、また明日作って欲しいと言われたのでした。

朝餉の席に着いた清霞はまるで女人のような美しさがあり、これほど麗しい男性と一時とは言え婚約者であることは、美世にはおこがましいことのように感じてしまうのです。

一緒に食べるようにと清霞は念を押し、美世は素直に従いますが謝罪癖がどうしても抜けません。

美世が食してみると、味付けは普通に思えるのですが、久堂家の当主である清霞には不味く感じられてしまうかもしれないと不安に思うのでした。

清霞の以外な一面とは?

美世が作った朝食を食べた清霞は、美味いと口にしました。

ゆり江の味付けとは異なるが悪くないと。

すると恐れるように清霞の反応を待っていた美世が反射的に泣き始めたのです。

お礼を言いつつも泣き止まない美世に清霞は内心慌てていましたが、なぜ泣くのかと尋ねても美世の口から出るのは謝罪の言葉ばかりです。

謝るなとしか言いようがない清霞ですが、美世が謝罪の言葉と共にやっと口にしたのは、料理を褒められたのは初めてで嬉しくてつい泣いてしまったということでした。

しかしそれでも清霞は本質はそこにないと感じます。

他人と向き合うと多少なりともどのような環境で育ったかなどの背景が見えるものですが、
目の前の婚約者、斎森美世に関してだけはどうしても何の背景も感じられないのでした。

そこで清霞はゆり江にそれとなく探りを入れるようにと相談。

自分は外側から斎森家を調べてみることにしました。

お茶目なゆり江さん

ゆり江は冷やかすように、いつになく婚約者に興味を示した清霞に応じますが、そういう意味で興味があるわけではないと答える清霞。

そんなことでは一生独身ですよとゆり江に言われてしまうも、これまで去って行った婚約者の数々と、では、どう言った女性ならその気になれるのか皆目見当もつかない清霞なのでした。

企てられる美世奪還?

数の少ない異能者の家系で面倒なことが怒らなければ良いと懸念する清霞でしたが、その面倒事は既に水面下で進んでいました。

問題なのは同じ異能の家系である斎森家と辰石家です。

本来なら美世は辰石家の長男にと口約束をしていたようなのですが、久堂家に嫁がせたことで辰石家の現当主は怒っていたのです。

辰石家と久堂家、2つの選択肢があれば久堂家を選ぶことは当然のことと斎森家の当主は請け合いません。

美世は薄刃家の娘を母に持つ娘、例え今は何の異能がなくとも美世が産む子は違います。

そうまでして薄刃の力が欲しいのかと言う美世の父親でしたが、辰石家の当主は引き下がりません。

人心に干渉する異能を欲しくないというほうが無理だろうと辰石家の当主。

これ以上、久堂家の力が強まることは、辰石にも斎森にも同様に危機なのです。

香耶を寵愛するあまり、美世の価値を見出せないとは正気ではないと内心で思う辰石の当主。

ならば美世が清霞に捨てられた後に好きにすればいい、はなから上手くいくわけもない話で、捨てたも同然の娘のことなどどうでもいいと、斎森の当主は答えるのでした。

こうして今後の美世の処遇に斎森は口を出さないという協定が結ばれ、久堂にあの娘を奪われてたまるかと辰石家の当主は何かの企てを決意するのです。

※ここで「わたしの幸せな結婚4巻」は終了です!

わたしの幸せな結婚4巻:感想

いやいやいや…、辰石の叔父様、そりゃないでしょう。

そんなにも美世に価値があると思っているのなら、どうしてもっと早くに行動に移さなかったの?

それよりももっとナイわ~と言いたくなるのが、斎森家の当主で、それでも実の父親なの?と詰め寄りたくなる酷さです。

これまでは一旦恋人と別れて政略結婚してしまった手前、継母に遠慮している部分もあるのかも…なんて考えていましたが、まさかここまで酷い父親だとは…。

異能の家系として色々と言い分もあるのでしょうけど、大人同士の醜い争いのただ中にあって、
なんと言っても癒されるのは久堂家の清霞様……、ではなくて、ゆり江さんの存在ですね。

柔らかくて温かくて優しくて…、大天使ゆり江様とお呼びしたいです。

美世を任せたよ!ゆり江さんっという気分のまま、もう次巻が待ちきれません。

わたしの幸せな結婚4巻を無料で読む方法

わたしの幸せな結婚の表紙

わたしの幸せな結婚4巻は…

コミック.jpで12巻まで無料
(1〜20巻まで取り扱いアリ)

となっております!

▼30日間無料トライアル実施中▼
期間内に解約で金額0円

初回ポイントで12巻分無料
▲取扱作品数13万以上!無料作品も充実▲

わたしの幸せな結婚が無料で読める比較表
わたしの幸せな結婚が無料で読める比較表

1〜最新巻をお得に読みたい方は…

コミックシーモアで半額購入
(1〜最新巻まで取り扱いアリ)

コミック
シーモア
今すぐ半額最新刊まで読める
コミック.jp今すぐ12巻分無料で読める

わたしの幸せな結婚は漫画バンクで無料で読める?

わたしの幸せな結婚4巻の内容と感想:まとめ

今回はわたしの幸せな結婚4巻の内容と感想を紹介させていただきました!

4巻の内容をまとめると
今回の内容で書いた部分は

・美世が続けて昔の出来事を夢に見ていること。
・清霞が一緒に朝食をと美世に謝罪したこと。
・冷酷どころか意外と可愛い面もある清霞のこと。
・斎森家と辰石家で企てが進んでいること。

となっています!

ただ、当サイトでは

・朝餉を作る時の美世とゆり江のやり取り。
・朝食の時の美世視点の詳細。
・斎森家の父親の非道さの詳細。


を省いて紹介していますので、詳しく読みたい方はぜひ本編をチェックしてみてくださいね!