わたしの幸せな結婚7巻内容!突然の襲撃者

わたしの幸せな結婚

この記事では、「わたしの幸せな結婚7巻」の内容と感想をご紹介します!

・「わたしの幸せな結婚」の広告を見て気になっている。
・「わたしの幸せな結婚」を購入したいけど迷っている。
・あらすじなどをしっかり確認してから読みたい。

上記の方向けにわかりやすくまとめてみたので、ぜひ購入前にチェックしてみてくださいね。

※当サイトは完全な紹介サイトではありません。購入のきっかけになるような記事作りを心がけていますので、ご理解ください

わたしの幸せな結婚7巻:ネタバレ

はじめてのデエトは順調に進んでいきます。

甘味処でお茶をしたり…、ですが美世は周囲の目が気になって仕方ありません。

清霞は歩いているだけでも目立つくらい美しいからです。

それでもどことなく機嫌のよさそうな様子の清霞を見れば、そんな雑念もどこかへ吹き飛んでしまう美世ですが…。

結婚する仲…?

お前は本当に笑わないなと清霞にいわれてドキリとしてしまう美世。

思わずまた謝罪の言葉を口にしてしまう美世ですが、清霞は責めているわけではなく、笑った顔も見てみたいと思っているだけなのです。

美世は思わず清霞に対し、変わってますね?と口走ってしまいます。

そしてすぐ様、美世はまた謝罪を口にしました。

旦那様に対して変わっているだなどど、失礼すぎる。
久しぶりに街に出て気持ちが高揚していたからだ、きっと香耶ならこんな失敗はしないと自己嫌悪に陥ります。

清霞は自分たちはこのままいけば結婚する仲なのだから、思ったことは何でも言い合えるほうが望ましいし、自分も美世の素直な言葉が聞けるほうが嬉しいと言うのでした。

結婚する仲と言われて、美世が素直に喜べないのは、異能がないからです。

異能どころか人並の教養も持たず、とても久堂家の嫁など務まらないと思うからです。

清霞はそれを知らないだけ、本来なら自分から自分は清霞に相応しくないと言うべきだとは思うのですが、少しでも長く、清霞といたいと望んでしまう美世なのでした。

清霞の贈り物とは?

デエトは楽しく続きましたが、帰宅し、美世が入浴の最中に清霞は美世の部屋の前に昼間に購入しておいたものを置いておきます。

遠慮ばかりしている美世でも、部屋の前に置いてあれば受け取るだろうと思ったからでした。

入浴後、美世は慌てて贈り物を持って清霞の部屋を訪れます。

大人しくもらっておくようにと告げる清霞ですが、贈り物の中身は柘植櫛(つげぐし)なのでした。

美世の過去と不気味な襲撃

楽しかったデエトも終わり、清霞は対異特務小隊の職場で美世に関する調書に目を通していました。

異能を受け継ぐ家系では、才能の有無で扱いの差がでるというのはよくある話のようですが、それでも斎森家での美世への扱いは酷いものでした。

継母と異母妹のいじめが特に酷く、美世あの瘦せこけた体も、ぼろぼろの古着も、笑顔すら忘れるほど虐げられてきたせい。

そして美世には異能がない。

異能がないこと自体は清霞にとっては何の問題もない事ですが、気になるのは美世が薄刃の異能を引き継ぐ血の持ち主なことです。

薄刃の異能とは飛びぬけて異質で危険とされる異能だからです。

人の記憶を操作する、夢に入り込む、思考を読む、そこまではまだ危険度は低いのですが、相手の自我を消し傀儡(くぐつ)を作りだす、幻覚を見せて錯乱させるなどの危険さもあったのです。

ゆえに薄刃家だけは表舞台には決して立たず、隠れるようにして暮らしているのでした。

調書を見ている内に帰宅時間が遅くなってしまった清霞ですが、何者かにつけられていることに気がつきます。

それは鳥型の式でした。

どこの手のものか聞いても無駄だろうと思う清霞は、異能の発火能力で式たちを燃やしてしまいました。

※ここで「わたしの幸せな結婚7巻」は終了です!

わたしの幸せな結婚7巻:感想

デエトですよ、デートじゃなくてデ・エ・ト( *´艸`)ウフフ。

柘植櫛は髪を綺麗にするっていうのは昔からの知恵ですよね!
清霞様気が利くう~、ヒュー♪


柘植櫛は椿油や杏油に漬け込むと更に良いんだよ清霞様っと、言いたくなるくらい幸せだったんだから、もう放っておいて欲しいんですけど…と、思わされる突然の襲撃でしたが、清霞様はこの程度の襲撃はものともしません。

まあ大体想像はつきますよね。

辰石のおっちゃん、あの辺り怪しいです。

薄刃の力に野心を抱く辰石のおっちゃんですが、もっと早くに美世を助け出さなかったことで、私には大不評です。

今更なんなの?って言いたい。

と言っても辰石のおっちゃんが犯人とまだ決まったわけではないので、辰石のおっちゃん程度の小物だったらいいなあ…というのが現在の願望ですね。

わたしの幸せな結婚7巻を無料で読む方法

わたしの幸せな結婚の表紙

わたしの幸せな結婚7巻は…

コミック.jpで12巻まで無料
(1〜19巻まで取り扱いアリ)

となっております!

コミック.jpで読むと

  • 1冊110円
  • コミック.jp登録時に1350円相当のポイント付与
  • 12巻無料

このような特典があります!

▼30日間無料トライアル実施中▼
期間内に解約で金額0円

初回ポイントで12巻分無料
▲取扱作品数13万以上!無料作品も充実▲

わたしの幸せな結婚が無料で読める比較表
わたしの幸せな結婚が無料で読める比較表

1〜最新巻をお得に読みたい方は…

コミックシーモアで半額購入
(1〜最新巻まで取り扱いアリ)

コミックシーモアは…

  • 年会料なし
  • SNS・Google・appleなどのアカウントで登録可能
  • 30日限定50%OFFクーポン付き

となっており、面倒な登録などは一切なしです!

コミック
シーモア
今すぐ半額最新刊まで読める
コミック.jp今すぐ12巻分無料で読める

わたしの幸せな結婚は漫画バンクで無料で読める?

わたしの幸せな結婚7巻の内容と感想:まとめ

今回は「わたしの幸せな結婚7巻」の内容と感想を紹介させていただきました!

7巻の内容をまとめると
今回の内容で書いた部分

・贈り物で清霞とのデエトは締められたこと。
・清霞は美世との結婚を前向きに考えていること。
・清霞がついに斎森家での美世への扱いを知ってしまったこと。
・何者かに清霞は突然襲撃をうけたこと。

となっています!

ただ、当サイトでは

・清霞が贈り物を送った時の美世と清霞の初々しい詳細。
・美世が清霞との結婚に前向きになれないことの詳細。
・薄刃家の詳細。

を省いて紹介していますので、詳しく読みたい方はぜひ本編をチェックしてみてくださいね!

6巻はこちら← →8巻はこちら

わたしの幸せな結婚ネタバレまとめ