わたしの幸せな結婚5巻ネタバレ!はじめてのお誘い?

わたしの幸せな結婚

この記事では、「わたしの幸せな結婚5巻」の内容と感想をご紹介します!

・「わたしの幸せな結婚」の広告を見て気になっている。
・「わたしの幸せな結婚」を購入したいけど迷っている。
・あらすじなどをしっかり確認してから読みたい。

上記の方向けにわかりやすくまとめてみたので、ぜひ購入前にチェックしてみてくださいね。

※当サイトは完全な紹介サイトではありません。購入のきっかけになるような記事作りを心がけていますので、ご理解ください

4巻はこちら← →6巻更新予定

わたしの幸せな結婚ネタバレまとめ

わたしの幸せな結婚5巻ネタバレ

前回、ゆり江に裁縫道具を貸して欲しいとお願いしていた美世ですが、ゆり江が持ってきた裁縫道具箱は美世には見慣れぬほど立派なものに思えて恐縮してしまいます。

中には古い道具もあるので新しく用意しましょうかという、ゆり江の申し出を美世は断ってしまいました。

本来なら嫁入り道具として当然のように裁縫道具などは持っていなければおかしい物です。

しかし美世は自分のものなど殆ど持たぬ身ですから、借りられるだけでありがたいものでした。

美世の不安とゆり江の観察…?

美世は朝食の席で泣いたりしてしまったことで、清霞を不快にさせたのではないかと不安に思っていました。

ずっと存在自体が不快だと言われてきた美世です。

まして涙など零そうものなら、醜いと言われ夢の中で無意識に涙が出る時以外は泣くことなどしなかった美世なので、清霞に嫌な思いをさせただろうと思うと不安なのでした。

泣くことは悪いことではないとゆり江は言います。

そのくらいのことで清霞は怒ったりはしないとゆり江は断言しました。

そして昼食の準備をするというゆり江の手伝いを申し出る美世ですが、やんわりとゆり江にゆっくり過ごしているようにと断られてしまいます。

せっかくゆり江が時間をくれたのだから、今の内に着物を直してしまおうと美世は繕いものを始めるのでした。

その様子を障子の隙間から眺めているゆり江ですが…?

美世の抱える矛盾とは?

日中は何をして過ごしているのかと清霞に尋ねられても、美世は本当のことなど伝えるわけにはいきません。

ゆり江から雑誌を借りて過ごしているなどという小さな嘘を重ねる美世です。

着物の修繕をしていると言えば新しい着物をねだっているように聞こえるだろうし、清霞やゆり江に嫌われたくない美世ですが、誠実でいたくとも、斎森家でのことや自分のことなど告げ口をするようで口にはしたくない。

受け入れられる資格がないと思っているのに、同時に嫌われたくないとも思ってしまい、嘘などつきたくないのに、本当のことも言えずにいる。

それは美世の抱く矛盾でした。

清霞の誘いとは…?

清霞は次の休日に出かけようかと思っていることを美世に伝えますが、美世にはピンとこないようで、
ただ「はい」といってらっしゃいませと言わんばかりの返事をするのみです。

清霞は美世自身が久堂の家に来てから一度も外出していないだろうと言うことを言っているのですが、
外へ行きたいとは思わないのかと問われても、美世にはよくわかりません。

小学校を卒業して以来、ずっと斎森家から出ずに過ごしてきたのです。

はじめこそ、外の喧騒や自由だった時を思って悲しみの感情も持っていた美世ですが、今になっては自由になるお金も持たぬ身で、外の賑わいに心を動かされる時期など過ぎてしまっていたのです。

自分はいけませんと答える美世。

なぜかと問う清霞。

用事もないし、清霞と一緒になどという迷惑はかけられないと言う美世です。

まったく迷惑ではないし、着ていくものはここへ来た時と同じものでいいから、私につきそっていろと清霞は言いました。

夢の中の優しい面影

ストレートの長く美しい髪が柔らかく、風に揺れています。

振り返るとその姿は美世の亡き母、澄美(すみ)のようでした。

母は美世に何事が語り掛けているのですがよく聞こえません。

夢の中で澄美は小さな美世を抱き、斎森家当主、真一に話しかけています。

どうかこの子を見捨てないで欲しいと。

真一は我が家が異能とは無関係な家であったならば、愛せただろうが、美世には異能がないと答えます。

美世に謝る美しい澄美ですが、美世のほうこそ母に謝りたいと思っているのでした。

目覚め、清霞と出かける支度をする美世ですが、美しい着物は一枚だけは持っていても他には何も持たぬ美世です。

お化粧はしないのかとゆり江に問われ、あまり上手ではないのでと答える美世ですが、それならお任せくださいと、ゆり江はちゃんと化粧道具も持参です。

こうして清霞と美世は初めての2人での外出に向かうのでした。

※ここで「わたしの幸せな結婚5巻」は終了です!

わたしの幸せな結婚5巻感想:いよいよの初デート!?

美世の外出はわたしの幸せな結婚では、初となるのではないでしょうか?斎森家でも籠の鳥のような生活しかしていませんでしたし、確かに街の賑わいなど楽しめるのは、ある程度自分の自由になる金銭があることが必要です。

美世はすっかり諦めてしまっているようですが、きちんと身だしなみさえ整えれば決してぶさいくな器量ではありません。

気づいてー清霞さーん。

本来、女のほうから何かをねだるなんて行儀の良いことじゃあないんですよー!
美世にはその習慣がないってこと、気づいてあげてー!
それにつけてもつくづく腹立たしいのは、斎森家の真一でしょうか。

互いに申し訳ないと思っている澄美と美世ですが、女や子供を道具としか見てない真一はきっと自分が一番可愛いのでしょう。
真一よ、お・ま・え・が、謝れという感情が溢れんばかりに満載です。

そんな中にあって、今回もゆり江の癒し力…。
ゆり江の異能はヒーリングかもしれません(いや違うって)。

さてさて、美世に自覚があろうとなかろうと、これは初めてのデートですよ!
次回が待ちきれませんね!

わたしの幸せな結婚5巻を無料で読む方法

わたしの幸せな結婚の表紙

わたしの幸せな結婚5巻は…

コミック.jpで12巻まで無料
(1〜19巻まで取り扱いアリ)

となっております!

▼30日間無料トライアル実施中▼
期間内に解約で金額0円

初回ポイントで12巻分無料
▲取扱作品数13万以上!無料作品も充実▲

わたしの幸せな結婚が無料で読める比較表
わたしの幸せな結婚が無料で読める比較表

1〜最新巻をお得に読みたい方は…

コミックシーモアで半額購入
(1〜最新巻まで取り扱いアリ)

コミック
シーモア
今すぐ半額最新刊まで読める
コミック.jp今すぐ12巻分無料で読める

わたしの幸せな結婚は漫画バンクで無料で読める?

わたしの幸せな結婚5巻の内容と感想:まとめ

今回はわたしの幸せな結婚5巻の内容と感想を紹介させていただきました!

5巻の内容をまとめますと
今回の内容で書いた部分は

・美世が自分の着物を繕える時間や道具が借りられるだけでありがたいと思っていること。
・美世は本当は清霞やゆり江に嘘などつきたくないと思っていること。
・清霞に次の休日に一緒にでかけようと美世が誘われたこと。
・美世の母親、澄美は外見も内面も美しい女性であったこと。

となっています!

ただ、当サイトでは

・清霞が休日に出かけようと誘った時の詳細。
・夢の中で母が伝えようとしたこと。
・美世が出かける支度をする時の詳細。

を省いて紹介していますので、詳しく読みたい方はぜひ本編をチェックしてみてくださいね!