【邪神ちゃん】花園ゆりねの実家は神社?どこのバイト先で仕事してる?

邪神ちゃんドロップキック

邪神ちゃんドロップキックの花園ゆりねは一体何の仕事をしているのかや、正体について少し謎ですよね。

ただの人間にしては強すぎると感じますが、なんと神社の子供であるようです。

ということで、邪神ちゃんドロップキックの花園ゆりねは何の仕事で、正体は何なのかについてご紹介していきます!

スポンサーリンク

【邪神ちゃんドロップキック】花園ゆりねの仕事や正体は?

それではまず、正体についてご紹介していきます!

花園ゆりねの正体

花園ゆりねの基本情報は

・御茶ノ水付近のキメラ大学の女子大生
・神保町のボロアパートに住んでいる
・古本屋で手に入れた魔導書で邪神ちゃんを呼び出した
・ホラーやオカルトが好き
・秋葉原の喫茶店「姫武者」でバイト
・実家は新宿の花園稲荷神社

こちらになります。

かなり情報量の多いキャラですよね。

それにしても邪神ちゃんやその他悪魔を相手にしたり、魔導書で邪神ちゃんを呼び出したりと普通の大学生とは思えない面が多いですよね。

実家が神社というのが強さと関係ある?

ゆりねの実家とされている、花園稲荷神社は実在しています。
ですが、場所は新宿ではなく上野です。

関係があるかどうかはわかりませんが、縁結びや金運のご利益がある神社のようです。

花園神社だったら新宿にあるようなので、モデルはそちらかもしれません。
花園神社のご利益は、開運出世や財福招来のようです。

ゆりねが邪神ちゃんの攻撃に負けないのも、神様のご加護があったりするのでしょうか?

今のゆりねからは想像もつきませんが、巫女をしていた時もありました。

花園ゆりねの脳内設定

中二病ということもあり、ゆりねは自身の脳内で『地上最強の黒魔術師であり悪魔の意思を人々に伝える者。黒の伝道師、黒のザビエル。』という設定を作っていました。

アニメでは完全スルーでしたし、原作でもほとんど触れられていません。

花園ゆりねの仕事

上記でも紹介したように、ゆりねは「姫武者」という喫茶店でバイトをしています。

邪神ちゃんの原作作者であるユキヲ先生の作品である「武蔵野線の姉妹」という作品に出てくるメイドカフェです。

普段ゴスロリを着ているゆりねにはぴったりの職業ですね。

【邪神ちゃんドロップキック】花園ゆりねは何の仕事?正体は?:まとめ

いかがでしたでしょうか?

まとめると

  • 女子大生
  • 実家が神社
  • 仕事はメイドカフェ

こんな感じです!

意外と面倒見がいいゆりねさんも可愛いですよね。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク